ニュース
» 2010年01月20日 13時05分 UPDATE

厚生労働省、新型インフルエンザ情報の管理にSaaSを活用

厚生労働省は、保健所からの新型インフルエンザ発生の情報を収集するシステムを稼働させた。富士通のSaaSを活用し、約1カ月で稼働にこぎ着けた。

[ITmedia]

 厚生労働省は、保健所からの新型インフルエンザ発生の情報を収集するシステムを稼働させた。SaaS(サービスとしてのソフトウェア)型の管理サービスを提供した富士通が1月20日に発表した。

 厚生労働省が導入したのは「新型インフルエンザ罹患情報管理サービス」。約500カ所の保健所に集まる新型インフルエンザの発生状況や問い合わせの内容を、ネットワーク経由で管理できる。新型インフルエンザの発生状況を調査し、予防策を講じることが目的。

 現在、新型インフルエンザの集団感染数や入院患者数は、学校や医療施設から保健所に報告され、都道府県や保健所を設置する市で情報を収集。その後厚生労働省に報告されていた。緊急対応が必要な新型インフルエンザの情報は、保健所や厚生労働省が手作業で情報を収集していた。SaaSでリアルタイムに情報を管理することで、こうした作業を減らしていく。

 サービスの検討から利用に要した時間は約1カ月。富士通によると、同じシステムを新規で構築する場合、半年から1年程度の開発期間を要するとしている。

関連ホワイトペーパー

SaaS | 富士通




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -