ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「新型インフルエンザ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新型インフルエンザ」に関する情報が集まったページです。

唐揚げ店の倒産が急増 過去最多を記録した要因は?
持ち帰りを中心とした唐揚げ店の倒産が急増している。帝国データバンクの調査によると、2023年は唐揚げ店経営業者の倒産が27件発生し、過去最多となった。(2024/5/12)

横浜銘菓「ハーバー」荒波を乗り越え70周年 航跡を関係者の証言から振り返る
横浜銘菓の「横濱ハーバー」が今年8月、発売70周年を迎える。製造会社の倒産で一時、姿を消したが、後継で名乗りを上げた「ありあけ」の藤木久三会長は息子の交通事故死などによる自身の失意とハーバーの状況を重ね合わせながら復活に力を注いだ。(2024/5/2)

なぜ、ウニやカニそっくりの具を使った「海鮮丼」を? ファミマに狙いを聞く セブンやローソンも注力
ファミリーマートは2月6日、ウニやカニといった水産物の代替食品を使用した「だいたい(代替)海鮮丼」(498円)を発売した。その背景とは?(2024/2/17)

今日のリサーチ:
2023年を象徴する不満ワード 3位「少子化対策」、2位「増税」、1位は?
2022年は値上げラッシュ関連の不満ワードが上位を占めましたが、2023年は芸能界を含むコンプライアンス関連の不満ワードが大きく伸びました。(2023/12/25)

車にひかれた疑いがあるドバトを保護→動物病院へ 善意のリレーですくわれた命に「優しい人と優しい先生に出会えてよかった」
診察ではレントゲン撮影も。(2023/12/7)

「防御力」に「復元力」を〜なぜなにサイバーレジリエンス:
「サイバーレジリエンス」の基本を解説 もう知ったかぶりからは卒業しよう
最近聞くようになってきた「サイバーレジリエンス」という言葉。これを自信を持って説明できる人はどのくらいいるでしょうか。そもそも「レジリエンス」とはどういう意味で「サイバーセキュリティ」とは何が違うのか、解説します。(2023/10/27)

業務の混乱と担当者の疲弊ぶりを目の当たりに:
「もう後がない」 危機的状況で千葉県が導入したローコード/ノーコード開発ツール、定着の秘策は?
5類移行をきっかけに、新型コロナウイルス感染症が話題に上ることは少なくなった。それ自体は良いことかもしれないが、そこで得られた教訓を眠らせておくのは惜しい。本稿は、コロナ禍をきっかけに紙媒体を中心とした業務をローコード/ノーコード開発ツールで効率化した千葉県の事例を紹介する。(2023/10/6)

「防御力」に「復元力」を〜なぜなにサイバーレジリエンス:
3つの事業継続リスクで待ったなし、サイバーレジリエンスが今必要なワケ
事業継続リスクに対するITの責任が大きくなっている今、注目を集めているのがサイバーレジリエンスです。ではこれは一体どのような考え方なのでしょうか。まずは企業を取り巻く事業継続リスクを解説します。(2023/9/28)

ゴールデンカムイ×白い恋人、コラボ缶グッズ発売でファン歓喜 非売品含む全4種の復刻に「最高!」「絶対欲しい」
10月1日発売です。(2023/9/13)

バーガーキング、月見商戦に「パイナップル」で参戦 限定メニュー2種発売
バーガーキングを運営するビーケージャパンホールディングス(東京都千代田区)は9月8日、パイナップルと卵を使った2種類のバーガー「チポトレ・パイン ツキミバーガー」「テリヤキ・パイン ツキミバーガー」を期間限定で発売した。(2023/9/8)

ケンタッキー「とろ〜り月見」発売 「エッグタルト」も9年ぶり復刻
日本ケンタッキー・フライド・チキンは8月30日、「とろ〜り月見」シリーズを発売した。今年は「とろ〜り月見チーズフィレバーガー」「とろ〜り月見チーズ和風カツバーガー」(各490円)、「とろ〜り月見ツイスター」(460円)の3種類の他、9年ぶりに「エッグタルト」(290円)を展開する。(2023/8/30)

持続可能な原材料調達:
セブン、代替ツナ入りおにぎり発売 「食べる必要ある?」→「味に自信ある」強調
セブン‐イレブン・ジャパンは7月14日、持続可能な原材料調達をコンセプトにした新シリーズの商品を発売する。ツナや鶏肉とプラントベースプロテインを一緒に使用している。(2023/7/11)

関東甲信越で提供:
「まずは試して」 ローソン、代替卵を使ったサンドイッチ発売 イマイチだった代替肉の教訓
ローソンは7月4日、代替卵を使ったサンドイッチ「食べ比べ!2種のスクランブルサンド」(322円)を発売する。通常の卵と代替卵のサンドイッチを両方食べ比べできるようにした。まずは試してもらうのが目的。(2023/6/30)

初の挑戦:
水槽にまさかの展示物 海水450トン抜いた「海遊館」の大真面目な企画
大阪市にある水族館「海遊館」が5月12〜14日に特別企画を実施した。海水を抜いた水槽にファッションアイテムを展示した狙いとは?(2023/6/4)

専門家に聞く:
親子丼で分かれ道 なか卯は「値下げ」 吉野家は「販売見送り」 両社の戦略は?
ゼンショーホールディングス(HD)が運営する和風チェーン「なか卯」は4月6日から、看板商品「親子丼」(並盛)を490円から450円に値下げした。物価上昇で多くの飲食チェーンが値上げに踏み切る中、異例の値下げとなり大きな話題になった。(2023/4/23)

外食主要100社を調査:
「エッグショック」影響止まらず 外食大手の3割が「卵メニュー」休止へ
鳥インフルエンザの拡大で鶏卵の供給が不足・価格高騰していることを受け、外食産業では「卵メニュー」の休止・制限が相次いでいる。帝国データバンクの調査によると、2023年に入り卵メニューの休止・休売に踏み切った企業は28社(4月5日時点)だった。(2023/4/19)

ブームは下火に?:
空前の唐揚げブーム、「いつか終わる」と分かっていても企業がこぞって参入したワケ
「唐揚げ専門店」ブームはコロナ禍で加速した。ブームの背景と、相次ぐ閉店の理由をさぐる。一過性のブームと分かっていたとしても、企業が続々と参入したワケとは。(2023/4/14)

鶏卵の供給が不安定:
びっくりドンキー、「880円」朝食の提供を一部店舗で休止 卵ショックの影響広がる
卵ショックの影響が広がっている。びっくりドンキーでは一部店舗で卵を使った朝食メニューの販売を休止している。(2023/4/13)

目指すのは「マックのてりたま」:
春の定番に定着なるか 吉野家の新メニュー「焼き鳥丼」開発の舞台裏
吉野家が新メニュー「焦がしねぎ焼き鳥丼」を発売した。担当者に新メニュー開発の経緯などを聞いた。(2023/4/13)

不断の改良:
シャトレーゼ、卵を使わない商品続々 人気菓子店は卵不足にどう向き合う?
菓子大手シャトレーゼ(山梨県甲府市)が4月1日から一部商品の値上げに踏み切った。価格維持を宣言してきたが、深刻化する卵不足と卵価格の高騰が追い打ちをかけた。一方、同社は影響を最小限に抑える技術的な強みを持つ。人気菓子店は、卵不足にどう向き合っているのか。(2023/4/11)

一部店舗で販売休止:
日高屋の「汁なしラーメン」まで...卵不足の影響ここにも
鳥インフルエンザなどの影響で、卵の品不足、仕入れ不足は続いている。中華・ラーメンチェーン各社でも一部商品が販売休止に。状況を取材した。(2023/3/31)

ChatGPTが国会にも登場、質問案を作成 岸田総理 vs.AI で答弁の比較も 誠実なのはどっち?
2022年にAIチャットbot「ChatGPT」が出現して以降、多くのユーザーが利用し話題になっている。このほど国会議員がChatGPTで質問を作成し、岸田文雄内閣総理大臣に問いかける一幕が見られた。(2023/3/29)

「肉モドキ」ではもったいない:
世界のラボから生まれる「肉」はここまできた 2050年の「タンパク質危機」を乗り越えられるか?
2050年に「タンパク質危機」が起こると言われているが、その際に人間はどのようにタンパク質を摂取すればいいのか? 世界のラボで進む「代替肉」などの研究を紹介する。(2023/3/28)

目標は300万食:
卵不足の逆風下、モスバーガーが卵使用の「テリヤキバーガー」 独壇場なるか?
モスフードサービスは3月24日から新商品「とろったまチーズ テリヤキバーガー 〜北海道産ゴーダチーズ使用〜」を期間限定で販売する。イースターに合わせた新商品で月見ファンに訴求する。(2023/3/23)

福岡の人気土産「博多通りもん」が通販休止 原料不足で 販売元「直営店では販売」
(2023/3/22)

鶏卵不足が理由:
サイゼリヤ、「煉獄のたまご」販売休止 ランチの目玉焼きもほうれん草に変更
サイゼリヤは3月17日から一部商品の販売休止・提供方法を変更する。(2023/3/17)

回復は1年先か:
「ポムの樹」も苦渋の決断……ファミレスを悩ます卵不足、なぜ起きた?
鳥インフルエンザの流行で鶏卵の確保が追い付かず、ファミリーレストランなどでは卵商品の販売休止が相次ぐ。価格も高騰する中、供給の回復には半年〜1年ほどを要するとも指摘され、外食産業各社は頭を悩ませている。(2023/3/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「物価の優等生」は死語に!? エッグショック後も、価格が高止まりしそうな理由
卵の価格が高騰している。鳥インフルエンザやロシア・ウクライナ戦争の影響だが、エッグショック後も価格が高止まりしそうな理由とは?(2023/3/15)

メニュー変更で対応へ:
マックの「てりたま」、“卵ショック”直撃で販売休止の可能性
日本マクドナルドは人気の期間限定商品「てりたま」シリーズについて、販売を休止する可能性があると発表した。鳥インフルエンザ流行などを背景に、国内市場で卵の供給不足が続いているため。(2023/3/14)

マクドナルド、鳥インフルの影響で「てりたま」一部販売休止 代打「チーチーてりやき」投入
(2023/3/14)

パワフルな冷却に明るいディスプレイ ASUS JAPANが語る「ROG」「TUF GAMING」ゲーミングノートPCの“強み”
ASUS JAPANが、ROG(Republic of Gamers)/TUF GamingブランドのノートPCの新製品を披露する発表会を開催した。他社にない、ASUSの強みとはどこにあるのだろうか……?(2023/3/15)

ご当地めし:
「卵からゆずの香り!?」「塩で食べる卵かけごはん!?」 卵売り切れ騒動で出会った高知の卵「ゆずたま」がうますぎた
白身からゆずの風味がする驚きの卵「ゆずたま」をご紹介します。(2023/3/12)

更新を続ける:
大規模災害にコンビニはどう備える? BCP改定の狙い
大手コンビニのBCP(事業継続計画)はどうなっているのか。東日本大震災が発生した3月11日を前にいくつかの事例を調べた。(2023/3/11)

卵生産者、値上げへの非難に「もうこれ以上値段をたたかないで」 苦境を語るツイートに反響、実情を聞いた
発信した半澤鶏卵の代表取締役に詳しい話を聞きました。(2023/3/9)

焼肉きんぐ「トリュフ香るTKG」(卵かけご飯)原材料不足でまさかの“卵抜きで提供”に それでも販売を続ける理由を聞いた
主役不在。(2023/3/7)

帝国データバンク調べ:
「エッグショック」影響拡大 外食大手の2割が“卵メニュー”休止
帝国データバンクは、上場する主要外食100社における「卵メニューの休止・休売」ついて調査を行った。(2023/3/7)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
価格が4年で3倍! 価格高騰が続く「卵」 次なる意外な“物価の優等生”とは?
“物価の優等生”として知られる卵だが、価格高騰が続いており、卸値は4年で3倍まで膨らんでいる。そんな中、値上げラッシュに反して価格が安定している食品があるという。(2023/3/3)

「ステラおばさんのクッキー」のクッキー詰め放題イベント休止へ 「卵の供給が不安定」
10枚540円で購入できる「9の日のイベント」は継続開催。(2023/2/19)

どうしてそうなった:
「ペンギン」不在で大ピンチ 四国の水族館が用意したまさかの“代役”とは?
鳥インフルエンザの影響でペンギンの展示ができなくなった水族館が、ユニークな“代役”を登場させて話題になっている。代役を起用するまでにどのような検討が行われたのか。四国水族館(香川県宇多津町)広報担当の片山豊心さんに話を聞いた。(2023/2/17)

東武動物公園、鳥インフルエンザ発生の疑いで臨時休園 「今後は関係行政機関の指導のもと対応」
コブハクチョウが鳥インフルエンザに感染している疑い。(2022/12/22)

鳥インフルで臨時休園:
白浜アドベンチャーワールド、11月25日に営業再開 鳥の「慰霊式」も実施予定
和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は11月21日、同25日から営業を再開すると発表した。園内のアヒルとモモイロペリカンから高病原性鳥インフルエンザ感染が確認され、同11日から臨時休園していた。(2022/11/21)

スピン経済の歩き方:
「マルチ商法の優等生」アムウェイは、なぜこのタイミングで“お灸”を据えられたのか
日本アムウェイ合同会社に対して、消費者庁が勧誘などの一部業務を6カ月間停止する命令を出した。「昔から同じようなことをやっているのに、なぜ今なの?」と思われたかもしれないが、どういった背景があるのか。さまざまな憶測が飛び交っていて……。(2022/10/18)

Innovative Tech:
感染者と10分会話でコロナを検出できるマスク 結果はスマホに通知 中国の研究チームが開発
中国のTongji Universityの研究チームは、感染者と10分間会話しただけで微量の新型コロナウイルス(COVID-19)を検出できるウイルスセンサー付きマスクを開発した。空気中に漂うウイルスを検出すると、スマートフォンにその結果を通知してくれる。(2022/10/3)

海外医療技術トレンド(85):
ブレグジット後の英国で加速するポストコロナ時代のデータ駆動型保健医療改革
本連載第70回や第83回で、ポストコロナの時代における欧州連合(EU)のデータ駆動型健康戦略やデータ越境利用の共通ルールづくりを取り上げたが、Brexit(ブレグジット)後の英国は、どのように対応しているのだろうか。(2022/7/15)

コロナ禍で脆弱さも:
観光客は復帰時の23倍に 波及効果は1兆円、復帰50年データで見る沖縄の観光
沖縄の基幹産業である観光産業は入域観光客数が1000万人を超えるなど目覚ましい発展を遂げた。経済波及効果で見た場合、1兆円にも上るとされる。その一方で課題も……。(2022/5/16)

元ベテラン店員が教える「そこんとこ」:
盛り上げ役がちょっと違う? 熱気が戻った2022年の「スマホ春商戦」
「春商戦」と呼ばれる1〜5月(特に3月と4月)は、携帯電話の契約や端末販売が一番多くなる時期……ですが、ここ2年は新型コロナウイルス感染症の影響でそうでもありませんでした。今年(2022年)は賑わいをある程度取り戻したものの、ちょっと今までとは様子が異なるようです。携帯電話ショップのスタッフから話を聞いてみましょう。(2022/4/25)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
「私を忘れないで」──コロナ禍の“記憶”を保管するデジタル技術
パンデミックが発生している現在の「記憶」を留めるためのデジタル技術が台頭している。次のパンデミックに備えるために役に立つのはもちろん、自分の体験や感情、故人との思い出などをデジタル基盤上に集めて保管する試みが世界中で行われている。(2022/4/6)

世界を「数字」で回してみよう(69)番外編:
「それでもコロナワクチンは怖い」という方と一緒に考えたい、11の臨床課題
EE Times Japanでおなじみの「エバタ・シバタコンビ」が戻ってきました。今回は、「健康上の都合からワクチン接種に対する恐怖心がどうしても消えない」という読者、”K”さんのメールに端を発したものです。そこからシバタ医師が読み取った、コロナ後遺症への対応などを含む、11個のクリニカル・クエスチョン(臨床上の課題)をご紹介します。(2022/4/4)

何があっても“学び”を止めない――茨城県守谷市が全小中学校のオンライン授業をいち早く実現できた理由(前編)
東京のベッドタウンとしても知られる茨城県守谷市が、2021年8月25日から9月12日にかけて全ての市立町中学校において完全オンライン授業を実施した。新型コロナウイルスの感染拡大が問題となり、ほとんどの市区町村が「夏休みの延長」や「分散登校」の判断を下す中、守谷市がオンライン授業という選択肢を取った経緯を聞いた。(2022/3/18)

スピン経済の歩き方:
業界トップの「イセ食品」に衝撃! なぜ卵のように転がり落ちたのか
「森のたまご」などで知られるイセ食品が、債権者から会社更生法を申し立てられた。鶏卵業界のトップがなぜ追い詰められたのか。背景に“つくりすぎ問題”があって……。(2022/3/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。