ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「厚生労働省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

クラウドワークスも就業時間内のワクチン接種OK ヤフーに続き
クラウドワークスは5月13日、社員が就業時間内に新型コロナワクチンワクチンを接種することを認めると発表した。同社の全従業員が対象。(2021/5/13)

Salesforceの障害で混乱 クラウドサービス利用の課題浮き彫りに
複数のサービスに障害が発生した関係で、国内にも広範囲に影響が及んだ。また、情報発信の窓口となる情報ポータルが一時ダウンするなど、課題も見られた。(2021/5/13)

沼津駅「港あじ鮨(春限定)」(1000円)〜創業130年の老舗駅弁屋さんがこの春も届ける桜の香りいっぱいのあじ鮨!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは沼津駅「港あじ鮨(春限定)」(1000円)です。(2021/5/13)

問われる企業のモラル:
愛知県知事リコール署名の不正はなぜ防げなかったのか? 受託者側から見る、問題の病巣
問題となっている愛知県知事リコール。不正の責任は受託者側にもあると筆者は指摘する。(2021/5/13)

厚労省や自治体のシステムにも影響、Salesforceの障害 現在は復旧
5月12日午前7時ごろから米Salesforceの製品で発生した障害で、厚生労働省は5月12日、新型コロナワクチンの在庫管理や配送状況を確認する「ワクチン接種円滑化システム」(V-SYS)に一時ログインできない状態だったと発表した。(2021/5/12)

難病で活動休止の坂口憲二、“脚のリハビリ”兼ねたサーフィン姿に視線くぎづけ「海が似合いますね」
画として完璧。(2021/5/12)

2021年集計:
中小企業が知っておきたい! 賃上げ労使交渉の最新情報
毎年、春には賃上げ労使交渉が行われています。本稿では、2021年の集計結果を報告します。これからの社員の賃金決定の参考にしてください。(2021/5/13)

うつの心を再び動かしてくれた、ある“きっかけ”を描いた漫画に共感 「めちゃくちゃわかる」「勇気付けられました」
ささいなきっかけでも、大きなきっかけに。(2021/5/12)

八戸駅「やっぱりカニ好き!!弁当」(1380円)〜4つのカニの味わいが楽しめる駅弁!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは八戸駅「やっぱりカニ好き!!弁当」(1380円)です。(2021/5/11)

八戸駅「三陸産いわしの蒲焼き弁当」(880円)〜八戸駅弁伝統の味が復活!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは八戸駅「三陸産いわしの蒲焼き弁当」(880円)です。(2021/5/9)

八戸駅「特製八戸小唄寿司」(1380円)〜魚が美味しい港町・八戸の伝統駅弁がバージョンアップ!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは八戸駅「特製八戸小唄寿司」(1380円)です。(2021/5/7)

行政機関でテレワーク! さいたま新都心合同庁舎にテレワーク設備、JR東日本が設置
利用は275円/15分から、行政機関庁舎で初だそうです。(2021/5/6)

ワーケーション生活の達人夫婦に聞く「ワーケーションのはじめかた」:
第5回 ワーケーションの達人・くぼたびさんお勧め「Good!ワーケーションスポット」5選
初めて行くならばどこがお勧めですか〜?(2021/5/4)

「お風呂が沸きました」が音商標に登録 クラシック音楽を含む音声で初
幸せを告げる声。(2021/5/3)

ワーケーション生活の達人夫婦に聞く「ワーケーションのはじめかた」:
第4回 1年の半分以上はワーケーション、「自宅はどうしているの?」「収入・支出は変わった?」
Amazonなどで「ポチった」品物はどうやって受けとるのでしょう。(2021/5/2)

ワーケーション生活の達人夫婦に聞く「ワーケーションのはじめかた」:
第3回 ワーケーションに必要な「モノ」、後悔しないワーケーション生活のコツ
何を用意しておけばいいの……? ワーケーションを快適にする「モノ」は何か、達人に聞きました。(2021/5/1)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
テレワークはどこまで定着するのか 問われる日本企業の「本気度」
コロナ禍も、遠いトンネルの先にかすかな光が見えてきた。もしもトンネルを抜けたら日本企業はテレワークをどうするのか?(2021/4/30)

新青森駅「青森小川原湖牛焼きしゃぶ弁当」(1200円)〜津軽のりんごが引き立てる! 冷めても柔らかい焼肉駅弁
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは新青森駅「青森小川原湖牛焼きしゃぶ弁当」(1200円)です。(2021/4/30)

IT革命2.0〜製造業DXのいま(3):
PR:中堅・中小の製造業がDXを「ひとり情シス」に任せずに実現する方法はあるか
「日本のものづくり企業の工程設計力が下がっている」との指摘がある中で、力を伸ばした企業の特徴はデジタルを味方に付けていたこと。情報システム人材が不足する中堅・中小の製造業にもそれができるのでしょうか。製造業DXを推進する人物に方法論を聞きました。(2021/4/30)

IT革命2.0〜製造業DXのいま(2):
PR:既存工場を生かして実践する中堅・中小製造業DXアプローチは「まず休暇を増やせ!」
DXを推進したい企業がまず実践すべきは「従業員の休暇を増やすこと」――。製造業のDXを指南する人物はなぜそう指摘するのでしょうか。真意を取材しました。(2021/4/30)

IT革命2.0〜製造業DXのいま(1):
PR:残り10年を切った製造業DXの転換への期限 いま着手すべきことは何か
「残された時間は10年もありません。いままでの製造業の強さをデジタル化して後世に伝えていかないと、何もなくなってしまいます」――。そう語るのは、デジタルファクトリーの構築から製造業のDXを推進する人物です。強さを後世に伝える、とはどういうことを意味するのでしょうか。(2021/4/30)

医療ITニュースフラッシュ
徳島県がNTTドコモの「5G」「クラウド」で遠隔医療システム構築 その目的は?
徳島県が5Gサービスとクラウドサービスで県立病院向け遠隔医療システムを構築した事例や「オンライン資格確認」の導入に役立つ新サービスなど、医療ITに関する主要なニュースを取り上げる。(2021/4/30)

新青森駅「んろぉ めぇ〜どごだげ弁当」(1300円)〜青森駅舎ラストイヤーを飾る駅弁!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは新青森駅「んろぉ めぇ〜どごだげ弁当」(1300円)です。(2021/4/29)

厚労省、新型コロナの注意喚起に「はたらく細胞」起用 YouTubeで無料配信
厚生労働省と講談社が、新型コロナウイルス感染症の注意喚起として漫画「はたらく細胞」の一部をYouTubeで無料公開した。作者描きおろしの2エピソードは期間限定で配信する。(2021/4/28)

『はたらく細胞』の「新型コロナウイルス編」「感染予防編」が無料配信! 厚生労働省と共同制作
YouTubeで配信開始!(2021/4/28)

ワーケーション生活の達人夫婦に聞く「ワーケーションのはじめかた」:
第2回 ワーケーションの生活リズムは? 「仕事と遊び」はどう分けているの?
「遊びながら仕事する」って難しい気もしますが、そのあたりどうなのでしょう。(2021/4/28)

スローガンには要注意:
にわかに進む「週休3日制」議論が空虚な“改革ごっこ”に陥りそうだと思うワケ
「週休3日制」の議論が進んでいるが、筆者はスローガン先行の現状に警鐘を鳴らす。真の改革を伴わない“改革ごっこ”に要注意。(2021/4/28)

ワーケーション生活の達人夫婦に聞く「ワーケーションのはじめかた」:
第1回 なぜワーケーション生活を始めたの? 何が楽しいの?
1年の半分以上ワーケーションを実践する達人に、ワーケーションの「楽しいこと」と「ホントにできるの?」を直撃! 気になる疑問やホントのところをひもといていきましょう。(2021/4/27)

働き方の「今」を知る:
日本人は、自らブラックな労働環境を望んでいるといえなくもないワケ
長く続くコロナ禍。解雇などのニュースを目にすることも多いが、国際的に見ると日本は比較的低めに推移している。ただ、その代わりに失っているものも少なくないと筆者は指摘する。(2021/4/27)

ホテルの行方:
自粛ムードが漂っているのに、なぜ星野リゾートやドーミーインは続々と開業するのか
新型コロナウイルス感染拡大を受けて、ホテル業界が苦しんでいる。この先、一体どうなるのか。星野リゾートとドーミーインの取り組みを見ると……。(2021/4/26)

オワコンの威力:
「ハンコ、押しただけだから」 責任を取らない組織の治療薬
意味不明な、加害者の子供の将来やら人権をタテに犯罪をもみ消そうとする学校や教育委員会。不祥事があっても責任を取らない日本の組織。公務員など組織が巨大になればなるほど、トラブルがあっても誰も責任を取らずに済むようで。(2021/4/25)

ロマンスカーを高層特等席で 小田急ホテルセンチュリーサザンタワーに小田急線テーマ「特別トレインルーム」誕生
絶景の運転台、8000形の実物シートにも座れちゃう……!(2021/4/23)

新青森駅「あおもり彩り御膳」(1200円)〜東北新幹線全通&はやぶさデビュー10周年!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは新青森駅「あおもり彩り御膳」(1200円)です。(2021/4/23)

Android版「COCOA」がアップデート 再起動なしで陽性者との接触を確認可能に
厚生労働省の「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」が、Android版「1.2.3」を配信開始。陽性者との接触の有無を1日1回程度定期的に確認し、接触があった場合に通知を行うよう機能を改善した。(2021/4/22)

厚労省、Android版「COCOA」をアップデート 通知の不具合を解消、“1日1回再起動”が不要に
Android版の接触確認アプリ「COCOA」で新型コロナの陽性者との接触がユーザーに通知されない不具合が見つかった問題で、厚生労働省は不具合を解消した修正版をリリースした。厚労省はユーザーに最新版へのアップデートを呼び掛けている。(2021/4/21)

産業動向:
「建設業の年収は521万円、コロナ禍で減少した製造業を上回る」ヒューマンタッチ総研
ヒューマンタッチ総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年4月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、建設業の給与と労働時間についてレポートしている。(2021/4/21)

小寺信良のIT大作戦:
離職率と人の育て方の関係
ブラックな職場経験のある小寺信良さんが昨今の人材育成事情を考える。(2021/4/20)

市場は拡大:
元女性サッカー選手がエンディングビジネスで起業 墓選びで最適なプランを提案
実業団のサッカーチームで活躍を夢見た選手が、身内の死をきっかけに「終活」に目覚め、起業して「貴方にふさわしいお墓の在り方」を提案するコンサルタントビジネスを展開している。納得のいく墓選びをするためのビジネスを「供養のカタチ」というブランドで始めた石原千晶代表に狙いを聞いた。(2021/4/20)

ITに疎い上司は「テクハラ」被害者か 「聞いてくれれば教える」「仕事丸投げ」と賛否
ITスキルの高い人が、スキルを持たない人に「こんなことも分からないのか」と発言したり、専門用語を多用して相手を混乱させる「テクノロジーハラスメント」。実際の職場ではどのように受け止めらているのか。(2021/4/20)

新たな問題:
こんなことも分からないの? ITにうとい上司は「テクハラ」被害者なのか
コロナ禍でテレワークやオンライン会議など業務のIT化が、新たな問題を引き起こしている。ITスキルの高い人が、スキルを持たない人に「こんなことも分からないのか」と発言したり、専門用語を多用して相手を混乱させる「テクノロジーハラスメント」だ。(2021/4/19)

COCOA元請けのパーソルP&Tが1200万円自主返納 対応に疑問の声も
接触確認アプリ「COCOA」の不具合を巡り、アプリ開発の元請けであるパーソルプロセス&テクノロジー(パーソルP&T、東京都江東区)が受託金額の一部を自主返納すると発表。これに対し、Twitterでは疑問の声が上がっている。(2021/4/19)

製造ITニュース:
医療機器のサイバーセキュリティリスクを“診断”、テストサービス提供開始
テュフ ラインランド ジャパンは2021年4月15日、サイバー脅威に対する機器のリスクなどを評価する「医療機器のサイバーセキュリティ テストサービス」を医療機器メーカー向けに提供開始すると発表した。国内外で強まる医療機器のサイバーセキュリティリスクに対する法規制を念頭に、機器のリスクを洗い出すサービスを提供する。(2021/4/19)

6歳の少年が目指した「完乗」ドリーム 「こうして私は“全線完乗”した」 苦節50年、漢乗り鉄涙の記録
6歳の少年が目指し、50年かけてついに達成した鉄道旅客路線「完乗」。どんな思いでその夢を追い続け、そして到達したのでしょう。感動物語です。(2021/4/17)

厚労省、COCOA不具合の検証結果を公表 業者任せ、多重下請けなどの課題が浮き彫りに
接触確認アプリ「COCOA」で新型コロナの陽性者との接触がユーザーに通知されない不具合が見つかった問題で、厚生労働省が検証結果を公表した。アプリの保守管理を巡り「適切にテストが行われなかった」「業者任せにしていた」などの課題が浮き彫りになった。(2021/4/16)

プログラミング学習を無償提供する支援プロジェクトが始動 コロナで学習機会に影響が出た学生を対象
プログラミング学習サービスを運営するLABOT(東京都渋谷区)と、NPO法人CLACK(大阪市)は、プログラミング学習を無償提供する支援プロジェクト「CODEGYM Academy」を開始する。(2021/4/15)

SmartNews、「新型コロナワクチンチャンネル」開設 利用者の接種時期を通知
スマートニュースは、自社が手掛けるニュースアプリ「SmartNews」で、「新型コロナワクチンチャンネル」を開設した。(2021/4/14)

医療AIウェビナーレポート:
PR:コンピュータ診断支援とAIが融合するAI-CAD時代が到来、医療AIの最前線に迫る
医療分野におけるAI活用に向けた開発が加速している。中でもコンピュータ診断支援(CAD)とAIを融合した「AI-CAD」への期待は大きい。NVIDIAのウェビナー「医療AIの社会実装への加速―多様化する医療機器ソリューションへの提案―」では、AI-CADの最新動向をはじめ、医療AIの現状や将来、またAI実装に役立つ最新情報などが紹介された。(2021/4/14)

当時のスター「テレビカー」、仰天ギミックの通勤電車「5000系」 京阪電車で感じる「昭和あの頃」ぶらり旅
昭和な人も、昭和を知らない人も……。京阪電車で愛でる「昭和」をお届けします。(2021/4/15)

“いま”が分かるビジネス塾:
物価は上昇しても「給料」は上がらない、根本的な問題
4月から公共料金や食品など多くの商品が値上がりしているが、ビジネスパーソンの給与も上がるのだろうか。筆者の加谷氏は否定的な見方をしていて、さらに下落するかもしれないと予測している。なぜかというと……。(2021/4/13)

正直者をつぶすな:
組織を悩ます「不祥事」と「社員の処分」 それでも“もみ消す”企業が多いワケ
厚労省職員の飲み会問題が波紋を呼んでいる。郵便局でも、内部通報した職員に対する対応が問題となっているなど、企業の不祥事はなかなか絶えない。なぜ、真正面から向かい合わず、“もみ消す”方向の企業が多いのか。(2021/4/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。