ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「厚生労働省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「彼は元気ですよ」 坂口憲二、兄との2ショットで元気な姿見せる 現在はコーヒー焙煎士
元気そうな笑顔に反響が寄せられています。(2020/2/17)

東京都の担当者に聞く:
NTTデータで働く協力会社社員が新型肺炎に感染 その時企業はどうすべきか
NTTデータ社内に常駐していた協力会社社員が新型肺炎に感染。保健所によって濃厚接触者が特定され、NTTデータは在宅勤務の指示を行った。社員が感染した場合、企業はどうすべきか?(2020/2/17)

ダイヤモンド・プリンセス号の乗客・乗務員にiPhoneを2000台配布 厚労省、ソフトバンク、LINEが連携、専用アプリも搭載
厚生労働省は、ダイヤモンドプリンセス号の乗客・乗員に対し、LINEアプリと専用アプリをインストールしたソフトバンクのiPhoneを約2000台提供した。(2020/2/15)

政府は月産6億枚を目指す:
本格的な花粉シーズンが到来 新型コロナウイルスの影響で品薄状態のマスクの行方は
全国的に花粉飛散が本格化する。新型コロナウイルスの影響でマスクは品薄状態。政府はどのような対応をしているのか。(2020/2/14)

東京都受動喫煙防止条例〜日本が世界のたばこ規制から遅れる理由
JTの株式の3分の1は政府が保有している。(2020/2/14)

検証・リニア静岡問題:
リニアを阻む「水問題」 専門家の指摘で分かった“静岡県のもっともらしいウソ”
リニア中央新幹線静岡工区の工事が、静岡県によって止められている。両者の交渉が停滞しているのを見てきた、河川工学の専門家に取材を進めると、“静岡県のもっともらしいウソ”が浮かび上がってきた。トンネル工事で大井川の水は減らない――。(2020/2/14)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
コンビニが「命を削る現場」に 25年前に指摘された“やりがい搾取”の危険性
コンビニの24時間営業の是非が議論になっているが、重視すべきなのは利益が出るかどうかではなく、オーナーたちの厳しい働き方をどのように変えるか。25年前、コンビニがまだ新しい業態だったころにも“危険性”は指摘されていた。その内容とは……(2020/2/14)

新型コロナ、都内のタクシー運転手から感染確認
都内では4例目となります。(2020/2/13)

「希少性」が消費者突き動かす:
新型肺炎でマスク買い占めを「あおる」のは誰? 心理メカニズムに迫る
連日報じられる新型コロナウイルス問題。特に「マスクの品薄、買い占め」が話題に。消費者を買い占めに走らせる心理メカニズムを分析した。(2020/2/13)

船内は“外国”の「ダイヤモンド・プリンセス」〜日本政府の対応が難しい理由
日本政府がコントロールできる状況ではない。(2020/2/13)

新型コロナで、クルーズ船の人気“沈没”危機 
新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」。日本人のクルーズ人口が過去最多を更新するなど人気の豪華な船旅だが、過去にも集団感染の例があるほか、事故やトラブルも生じているという。(2020/2/11)

空調ウェア:
フルハーネス対応のファン付き空調ウェア、アイトスが4月発売
アイトスはフルハーネス型の墜落制止用器具を装着しても、使用できるファン付き空調ウェアを発表した。(2020/2/11)

LINE、コロナウイルス情報を配信する公式アカウントを設置
LINEは2月7日、厚生労働省の要請を受け、新型コロナウイルスの発生状況や予防法などの情報を提供する「新型コロナウイルス感染症情報 厚生労働省」LINE公式アカウントを開設した。(2020/2/10)

新型コロナウイルスの騒動で:
マスクの買い占めは止めて! 厚労省と経産省がスーパーやドラッグストアの業界団体に要請
厚労省と経産省で新型コロナウイルスに関連した新たな動き。マスクや消毒薬などを過剰に発注したり、在庫を抱えないように要請。スーパーやドラッグストアなどの業界団体に向けて。(2020/2/10)

新型肺炎拡大によるマスク不足で転売も横行
新型コロナウイルスの感染拡大によるマスク不足が深刻化している。ドラッグストアなどで品切れが続くほか、フリーマーケットアプリなどで高額転売も横行している。(2020/2/10)

連載・「人材サービス」が滅ぶ日は来るのか?:
活況の“転職市場”を支える「人材サービス」 企業が知るべきことと事業者が心掛けるべきこと
2019年、就活サイトの内定辞退率問題で注目を集めた「人材サービス」だが、今その公益性が問われている。しかしながら、ひとくちに「人材サービス」といっても、その実態はなかなか分かりづらいのが現状だ。「人材サービスの公益的発展を考える会」を主催し、「人材サービス」に詳しい川上敬太郎氏が転職に関するサービスを解説する。(2020/2/10)

新連載・「人材サービス」が滅ぶ日は来るのか?:
「人材サービス」が“社会の敵”にならないために 運営側、企業側、求職者全てが知っておくべき基本事項
2019年、就活サイトの内定辞退率問題で注目を集めた「人材サービス」だが、今その公益性が問われている。しかしながら、ひとくちに「人材サービス」といっても、その実態はなかなか分かりづらいのが現状だ。「人材サービスの公益的発展を考える会」を主催し、「人材サービス」に詳しい川上敬太郎氏が分かりやすく「そもそも」を解説する。(2020/2/10)

19年の実質賃金は、前年比0.9%減 最も月給が低かった業界は?
厚生労働省が毎月勤労統計調査(速報)を発表。2019年の労働者1人当たりの給与総額は前年比0.3%減の32万2689円。実質賃金も0.9%減とマイナスに転じた。(2020/2/7)

産業動向:
労働者過不足判断D.I.で、「建設」が「郵便」「運輸」と並び最多
ヒューマンタッチ総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2020年1月分のマンスリーレポートを公表した。今回のトピックスでは、労働者過不足判断D.I.の最新データを紹介している。(2020/2/7)

ものになるモノ、ならないモノ(85):
プライバシーは? 消費電力は? エストニアで成功した「医療ブロックチェーン」が日本でも実現可能な理由
医療分野におけるブロックチェーン利用を推進する、国立保健医療科学院 研究情報支援研究センター長の水島洋氏に、日本での実現可能性や今後の展望を聞いた。(2020/2/7)

厚生労働省、ゲーム依存症対策に着手 専門家や関係省庁と情報共有
厚生労働省はゲーム依存症対策を協議する「ゲーム依存症対策関係者連絡会議」を開き、ゲーム依存症の現状や課題について議論し、中央省庁の今後の対応などを確認した。(2020/2/6)

メルカリ、マスク取引は「社会通念上適切な範囲で」呼びかけ 新型肺炎で価格高騰
メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」上でのマスク取引について「社会通念上適切な範囲」で行うように呼びかけた。取引状況によっては入手経路の確認や商品の削除などを行うとしている。(2020/2/5)

建設技術者の2030年未来予測:
日本経済がゼロ成長でも2030年には2.6万人が不足、建設技術者の需給ギャップを予測
ヒューマンタッチ総研は、独自に市場を分析し、建設技術者の「2030年未来予測」をシミュレーションした。未来予測では、日本経済が順調に成長、低成長、ゼロ成長の3パターンで、建設技術者の将来需要数を算出。このうち日本経済が順調に成長した場合は、2030年に建設技術者の不足数が9万4157人にまで拡大することが判明した。(2020/2/5)

ロスジェネ女子の就職サバイバル:
ブラック企業、セクハラ、解雇、引きこもり……38歳女性に刻まれた「氷河期という呪い」
国などによる支援が始まったロスジェネ。この世代が負った“傷”は、果たしてキャリアや金銭の損失だけか。ブラック企業勤務から一時は引きこもりになった女性の半生から追う。(2020/2/5)

ECサイトでマスク1箱4万円超えも 品薄を理由に不当な値上げ 新型肺炎の影響で
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ECサイトで使い捨てマスクの価格が高騰している。価格の適正化を行うはずの経済産業省だが、「価格は需給で決まるもの」と対応には消極的な姿勢を見せている。(2020/2/4)

追加給付される理由とは:
14年前にもらった雇用保険のお知らせがなぜ今? 厚労省から送られてきた手紙の正体
厚生労働省から突然手紙が届いた。14年前に給付された雇用保険に関するお知らせらしい。どうして今さら……。(2020/2/4)

知っておくべき「最近の若いヤツ」の考え:
せっかく採用したのに! 若手社員はなぜ、退職してしまうのか
入社3年で退職する大卒者は3割。厚生労働省の調査から、こうしたデータが明らかになっている。せっかく採用したのに、なぜ若手社員は退職してしまうのか?「最近の若いヤツは……」で済む問題ではない。知っておくべき「若いヤツ」の考えとは。(2020/2/4)

手洗いはお誕生日ソング2回分の長さで! 新型肺炎対策「できることをまずやろう」と呼びかける漫画に反響
しっかり手洗いしましょう。(2020/2/4)

Facebook、新型コロナウイルスの誤情報やデマを削除 拡散を防ぐ
米Facebookは新型コロナウイルスの流行を受け、誤った情報やデマの拡散を防ぐため不正確なコンテンツを削除すると発表した。(2020/2/3)

通販サイトでのマスク価格高騰、政府対応は後手に 経産省「価格は需給で決まる」 
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、インターネット通販サイトの使い捨てマスクの価格が高騰している問題で、「国民経済の安定」を重要項目の一つとする政府の感染症対策は後手に回っている。ネットという新たな流通形態に振り回されているようだ。(2020/2/3)

Twitter、「#コロナウイルス」検索時に“信頼できる情報”を優先表示
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、Twitter Japanが信頼できる情報を優先的に表示する仕組みを導入。ユーザーが「#コロナウイルス」と検索すると、厚生省などのWebサイトへのリンクをトップに表示する。(2020/1/31)

0.5歩先の未来を作る医療IT
300億円の「医療情報化支援基金」は電子カルテ普及と標準化の追い風になるか
「地域包括ケアシステム」の真価を引き出すためにも医療情報の共有は不可欠です。しかし電子カルテの標準化は長期戦の様相を呈しています。300億円の「医療情報化支援基金」は、この現状を打破できるのでしょうか。(2020/2/4)

Twitter、新型コロナウイルス関連ワードで検索すると保険当局情報が表示される新機能
まずは信頼できる情報を。(2020/1/30)

帰国の3人から新型コロナウイルスを検出 厚労省、人から人への感染を認定
29日に政府のチャーター便で帰国した3人から新型コロナウイルスを検出。うち2人は無症状病原体保有者と確認。(2020/1/30)

当初案は賛成わずか3件だった 異論噴出の香川県議会「ネット・ゲーム依存対策条例案」
神奈川県議会が4月の施行を目指す「ネット・ゲーム規制条例案」は、当初案への批判を受け、一部の表現を緩やかなものに改めた。県議会事務局には1月19日までに100件以上の意見メールが送られたが、そのうち賛成は3件、反対は79件だったという。(2020/1/30)

厚労省、新型コロナウイルスに関するQ&Aを公開 「咳エチケットや手洗い等の感染症対策を行うことが重要」
基本的な情報がまとめられています。(2020/1/29)

新型コロナウイルス、国内で初めて「人から人への感染」を確認 武漢渡航歴なく、ツアー客に接触
これで国内で確認された感染者は6人に。(2020/1/28)

なぜ制定? どこを修正? 異論噴出・香川県議会「ネット・ゲーム依存対策条例」案
18歳未満の子供がインターネットやゲームの依存症になるのを防ごうと、香川県議会が4月の施行を目指す「ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)」。条例の当初案に異論が相次いだこともあり、内容を修正し素案をまとめた。こうした状況に……。(2020/1/28)

「あまりにもひどい」 聖マリアンナ医科大の入試不正を“受験の現場”はどう見るか
「女性差別はやむをえない」という声についても聞きました。(2020/1/27)

iPS細胞から作った軟骨の移植手術、厚労省が了承 京大が実施へ
厚生労働省は、iPS細胞から作った軟骨組織を患者に移植して治療する臨床研究について、計画の実施を了承した。近く、交通事故やスポーツで膝の軟骨を損傷するなどした患者を対象に手術を行う。(2020/1/27)

建設業の人材動向レポート(17):
建設業の月給は全産業平均を抜き「42.4万円」に、労働時間は7.8時間長い【勤労統計】
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向をさまざまな観点からレポートしている。今回は、建設業の1人あたり月平均給与と1人あたり月労働時間について分析している。(2020/1/24)

外務省、中国武漢市の感染症危険レベルを2に引き上げ 「不要不急の渡航は止めてください」
武漢市以外の地域はレベル1のまま。(2020/1/23)

介護職員の8割が現状に不満 「給与が低い」「正当に評価されていない」
コーディアリティケアが現役介護職員を対象に実施した調査で、6割以上が給与の引き上げを求めていることが分かった。(2020/1/23)

児童相談所に連絡する際「通告です」と言わないと対応してくれない?→そんなことはない ネット上のうわさ、厚労省に聞いた
誤った情報が拡散中です。(2020/1/21)

労働環境を悪化させる“ブラック乞客”とは:
ドコモ代理店「クソ野郎」騒動に潜む、日本からブラック企業がなくならないそもそもの理由
NTTドコモ代理店で起こった「クソ野郎」問題が新年早々大きな問題になった。代理店運営の兼松コミュニケーションズだけでなく、NTTドコモも謝罪文を出す事態に。問題の真相はどこにあるのか。労働問題に詳しい新田龍氏はに“ブラック乞客”の存在を指摘する。(2020/1/20)

「迷惑」と伝える勇気:
それでも“インフルエンザ出社”がなくならないワケ くだらない「武勇伝」づくりはもうやめよう
インフルエンザが流行する季節になった。その感染力の強さから、り患した場合には自宅で静養することが望まれる。学校などでは出席停止の措置が義務付けられており、熱が下がったからといってすぐに登校できるようにはならない。一方、職場では「季節性インフルエンザ」に関する明確な規定がない。そのため、インフルエンザになっても無理を押して出社する人も少なからず存在する。また、熱が下がれば「すぐに出社しないと」といった空気も存在する。なぜ、はた迷惑な「インフル出社」が起こってしまうのか。(2020/1/17)

全カップ麺で展開へ:
明星食品が「カップ麺=不健康」の払拭狙う? 減塩をサポートする「しおケアカップ」とは
明星食品が「しおケアカップ」を発表した。「明星 チャルメラどんぶり」シリーズや「明星 評判屋」シリーズで2月以降順次導入していく。今後は全カップ麺での展開を予定しているという。消費者の健康志向を後押しするというカップは、どんなカップなのか。(2020/1/16)

新型コロナウイルス関連の肺炎患者、日本国内で初確認 中国・武漢市から1月6日に帰国した神奈川県内の男性
患者本人は症状が軽快して1月15日に退院しているとのこと。(2020/1/16)

働き方改革をリードする銀行:
銀行業界の「仕事にやりがいを感じる企業ランキング」 3大メガバンクを抑えて1位になったのは?
「キャリコネ」は、銀行業界の”仕事にやりがいを感じる企業”ランキングを発表した。3大メガバンクを抑えて1位になったのは? 働き方改革をリードするあの銀行だった。(2020/1/16)

「研究熱心でまじめ」 無届け再生医療で逮捕の元大学講師はなぜ法を犯したか
大阪府警は、脂肪幹細胞を人に投与する再生医療を無届けで行ったとして、大坂医科大学元講師の伊井正明容疑者を逮捕した。熱心でまじめな人柄で知られていた研究者はなぜ法に触れるような行為に及んだのか。(2020/1/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。