ニュース
» 2010年02月16日 17時13分 UPDATE

TISら3社、BCPを支援するオンライン型バックアップ/リカバリの新サービス

TISと日商エレクトロニクス、ファルコンストアは、月額料金で利用できるオンライン型バックアップ/リカバリの新サービスを始める。

[ITmedia]

 TISと日商エレクトロニクス、ファルコンストア・ジャパンは2月16日、月額料金で利用できるオンライン型バックアップ/リカバリの新サービス「BRDRスーパーシステムリカバリ」を3月に始めると発表した。

 同サービスは、ファルコンストアのリカバリ製品「FalconStor CDP」と、日商エレが取り扱うストレージ「3PAR」を組み合わせるもので、TISが同社のデータセンターなどを利用してサービスを提供。事業継続計画(BCP)に関心を持つ企業での利用を想定し、3年間で12億円の売り上げを見込む。

 ユーザーごとにアカウント管理を実施し、ディスク領域やネットワークを分割して、ファイアウォールや強固な認証などでデータを保護する。TISの東京第3センターの環境を利用するユーザーは、LANによる高速接続も可能だという。

 1サーバ当たりの利用料金は、Webアプリケーションやメール、ファイルサーバなどを対象にした「Standard Editon」メニューが月額3万円(10Gバイトのディスク容量が付属)、データベースを対象にした「Database Edition」が同4万。別途、初期費用1万円が必要。

 TISでは今後、大阪のデータセンターでも同サービスを利用できるようにするほか、最短10分でリカバリができる「仮想復旧サーバ」も提供するという。

関連ホワイトペーパー

BCP(事業継続計画) | バックアップ


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -