ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TIS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「TIS」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

PHR分野の標準化を図る:
日本マイクロソフトとTIS Azure利用のヘルスケアサービス実装テンプレートを提供開始
日本マイクロソフトとTISはPHR分野において連携することを発表した。Azureを利用したヘルスケアサービス実装テンプレート「ヘルスケアリファレンスアーキテクチャー」を提供し、PHR分野の標準化を図る。(2020/7/10)

コロナ感染拡大で増益・減益する企業はどこ? AIがランキング予想
金融系AIベンチャーのxenodata lab.は、新型コロナの影響で増益・減益する企業のランキング予想を公開した。予想には同社の業績予想AI「xenoBrain」を使用したという。(2020/6/9)

企業側が適切な要件を把握できないケースも:
PR:VMware Cloud on AWS導入で気を付けるべき「バックアップとネットワークの課題」
VMware Cloud on AWSはオンプレミスで利用しているVMware vSphere環境をAWSで稼働できるようにするクラウドサービスだ。だが、そのまま利用すると「バックアップとネットワークの課題」にぶつかるという。この課題の解決方法はあるのか?(2020/4/7)

三井不動産が協業を促進:
シェアオフィスで「テストマーケティング」「プレゼン成功率向上」 多様化する機能とは?
三井不動産は法人向けシェアオフィス「ワークスタイリング」で、会員企業との協業を加速する。新拠点「ワークスタイリング日本橋三井タワー」では17社と連携。テストマーケティングなど、多様な機能を備えた場をつくった。(2020/2/5)

製造マネジメントニュース:
サービスロボット導入をワンストップで支援するサービスを提供開始
TISは、運搬や清掃、警備などを代行するサービスロボットの導入を支援する「ロボット導入コンサルティングサービス」の提供を開始した。サービスロボットとIoTやAI技術を組み合わせ、企画・検証から、導入・運用までをワンストップで支援する。(2020/1/27)

産業動向:
TISが“施設管理用ロボット”を対象に導入支援のコンサルを開始
TISは、施設管理用のサービスロボット導入を検討している企業を対象にしたコンサルティングを始める。対象となるロボットは、ビルや施設などで人の業務を代替する運搬、清掃、警備、案内用途のロボット。(2020/1/17)

近鉄百貨店、クラウド型管理会計システムを導入 予実管理をスピーディーに
近鉄百貨店が、クラウド型管理会計システムを導入。予実管理に要する時間を短縮し、店舗運営を効率化する狙い。採用したシステムは米Oracleの「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」(PBCS)。(2019/12/10)

ロボット開発ニュース:
東京ビッグサイトでサービスロボット4種の実証実験を開始
東京都立産業技術研究センターと東京ビッグサイトは、東京ビッグサイトの施設内で「運搬」や「清掃」など4種のサービスロボットの実証実験を開始する。専用のロボット連携管理システムを構築し、開発企業が異なるロボットを同時に運用する。(2019/12/6)

情報銀行ビジネスの展開目指す、TISがレストラン推奨の実証実験
TISは、PDS(Personal Data Store)を活用したレストランに関するレコメンド高度化の実証実験を実施する。「生活者が個人情報を提供して、それに見合った利益を受けられるモデル」を評価し、情報銀行ビジネスの展開を目指す。(2019/11/25)

ディルバート(630):
誰でも分かる(?)ブロックチェーン解説
ITオンチのエラい人のために、ブロックチェーンを、専門用語抜きで分かりやすく説明するには? 一見、よく分かっているようなボスの説明の行方は果たして……?(2019/11/21)

製造業の原価企画業務を高度化・標準化:
PR:その目標原価は正しい?「原価企画」で利益を出すために必要なことは何か
製品ライフサイクルの短縮、少量多品種へのシフト、生産拠点のグローバル化や設備の多様化など、製造業を取り巻く環境は厳しさ・複雑さを増している中、製品の企画・設計段階で目標とする原価を作り込む「原価企画」が近年注目を集めている。TISの「LinDo統合原価企画」は、製造業の原価企画業務を高度化・標準化し、"原価企画で利益を生み出す"ことができるソリューションだ。(2019/11/6)

特集:サブスクリプション×DX:
「サブスクリプション」モデルでDXが加速する――国内市場規模は5年で1.5倍に拡大
なぜサブスクリプションビジネスはここまで盛り上がったのか、レンタルやリースとの違い、サブスクリプションサービスを支えるプラットフォームビジネスなどから、成功するサブスクリプションの姿や、今後のビジネス変革のヒントを探る。(2019/10/1)

サブスクリプションビジネスの複雑な会計処理を自動化 TISの統合データハブ
販売システムと会計システムをつないで、ビジネスモデルの変更に伴う金額処理を自動化する。既存システムの改修をせずに、収益認識基準への対応やサブスクリプションビジネスへの参入が可能になるという。(2019/9/25)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIが声からウソを見抜く 劇的に進化する音声認識が変える世界
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「音声認識」について。(2019/9/9)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」:
中小企業が「優秀なスタッフを採用する秘訣」とは 「管理ゼロ経営」で注目の社長に聞いてみた
「報酬は“つらさの代償”なのか」「性悪説はなぜコスパが悪いのか」「なぜ“どうせうちの会社は”という感情が生まれるのか」――。管理ゼロで会社をまわす、ソニックガーデン社長の倉貫義人氏を直撃!(2019/8/20)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「びゅうプラザ終了」で困る人はいない “非実在高齢者”という幻想
JR東日本の「びゅうプラザ終了」報道で「高齢者が困る」という声が上がっている。しかし、そのほとんどが当事者による発言ではない。“非実在高齢者”像を作り上げているだけではないか。実際には、旅行商品や乗車券を手にする手段もサポートもたくさんある。(2019/7/19)

あなたの会社は大丈夫?:
「社員のやる気が失せていく」会社がやっていること
社員の士気が下がり、やる気を失っていく――。そんな会社で起こっていることとは?(2019/7/10)

自由に働く組織に帰るための3つのステップ:
「管理ゼロで成果なんか上がるわけがない!」と信じ切っている人へ
働き方の常識を疑った結果、見えてきたものとは?(2019/7/8)

これからのAIの話をしよう(ブレスト編):
“アイデア出しまくるAI”を開発、博報堂が考える「創造力の限界突破」
AIは「創造力」を持っているのか。人間のクリエイティブな領域を支援する“ブレストAI”の開発担当者に聞いた。(2019/7/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本発の“AIブレスト”は、世界の「ムダな会議」を変えるか
日本だけでなく、世界の企業で「無駄な会議」が指摘されている。そんな重苦しい会議シーンを一変させるかもしれないサービスを日本企業が開発した。AIを活用した「ブレストサービス」とは、どのような技術なのか。(2019/6/13)

20年卒「IT業界の就職人気ランキング」 コンサル系が順位下げる傾向
1位の企業は10年連続。(2019/5/19)

「就活生に人気のIT企業」調査、NTTデータが10連覇 Webサービス企業も上位、コンサルは人気低下か
就活口コミサイト「楽天みん就」が、就活生に人気のIT企業を調査。首位はNTTデータで、10年の調査開始以来“10連覇”を達成。楽天、富士通、Google日本法人、SCSKなども上位に入った。(2019/5/16)

Webサービス企業が好調:
就活生に人気のIT企業ランキング、NTTデータが10年連続トップ
楽天が運営する就職活動情報サイト「楽天みん就」が「IT業界新卒就職人気企業ランキング」を発表。Webサービス企業やシステムインテグレーターが好調で、1位はNTTデータだった。(2019/5/15)

セキュリティにかかる負担を軽減:
TISとラックがタッグ、「セキュリティ・バイ・デザイン」をプラットフォームでカバー
TISとラックが協業し、クラウドサービスおよびセキュリティサービスの領域において新たに「クラウド&セキュリティサービスプラットフォーム」を提供することを発表した。(2019/4/19)

VR空間での観光案内、現地にARで反映 凸版とTISが新技術
凸版とTISがVRやARを活用した新技術を開発。VR空間でガイドが観光案内を行うと、現地にもARキャラクターとして登場し、同様の案内をできるようにした。(2019/3/19)

VMwareによるハイブリッドクラウドの実現:
PR:“VMware Cloud™ on AWS”でシンプル&確実なクラウド移行を後押し――TIS×SB C&Sによる検証作業の裏舞台
企業での活用が加速するパブリッククラウド――。これとオンプレミスを組み合わせたハイブリッドクラウドが注目を浴びている。その中でひときわ存在感を放つのが、VMwareとAmazon Web Services(AWS)が共同開発したクラウドサービス「VMware Cloud on AWS」だ。TISとSB C&Sは、企業のクラウド移行を強力に支援するため、VMware Cloud on AWSの事前検証を共同で実施した。(2019/3/11)

IoTを活用した東京メトロの新型車両「2000系」が登場 車両ビッグデータでサービス向上と安定運行へ
東京メトロ丸ノ内線の新型車両「2000系」が2月23日に運行を開始する。三菱電機の「車両情報監視・分析システム」を搭載し、運行中の車両や機器などの情報を活用。利用者サービスの向上や、運行支障時の対応の迅速化、定期検査や部品交換周期の最適化などを推進する。(2019/2/21)

TIS/サイバネットシステム:
ビッグデータ可視化ツール「BIGDAT@Viewer」のPoCサービスを提供
TISは、サイバネットシステムが提供するビッグデータ可視化ツール「BIGDAT@Viewer」の販売代理店契約を締結した。(2019/1/11)

Zabbix Conference Japan 2018レポート:
PR:約4000台の仮想マシン基盤を2〜3人で監視――gooでおなじみのNTTレゾナントが「Zabbix」を選んだ理由
Zabbixのユーザーやパートナーが集う毎年恒例のイベント「Zabbix Conference Japan 2018」が11月16日に開催された。本稿では、当日の模様をレポートする。(2018/12/12)

24時間365日のセキュリティ監視をどう実現?
マネージドセキュリティサービスを最大限に活用するコツは?
大手システムインテグレーターであるTISの情報システム部は、自社による24時間365日のセキュリティ監視に困難さを感じており、セキュリティ体制強化に悩んでいた。インシデント対応の速度と確実性を高めるために選んだセキュリティ対策とは。(2018/11/12)

3種類のデータ作成に向く:
機械学習向け教師データ作成ツール、TISがオープンソースで公開
TISは機械学習に向けた教師データ作成ツール「doccano」をオープンソースソフトウェアとして公開した。テキスト分類、系列ラベリング、系列変換という3つの基本的なタスクで使用するデータを作成しやすいという。(2018/11/7)

製造マネジメントニュース:
複数ロボットを統合管理して業務代行を可能にするサービスを提供
TISは、複数のサービスロボットを統合管理して、警備や案内などの業務を代行、分担する環境の構築を行う「サービスロボットインテグレーション事業」を提供する。2019年春頃に正式版を公開する予定だ。(2018/11/5)

RFCで定義された新しいデータモデルを利用:
ネットワーク構成の可視化ツール、ハイブリッドクラウド環境も対象に
TISとフィックスポイントは共同で、ネットワーク構成の可視化、分析ツールを開発する。ネットワーク構成情報を自動収集し、ネットワーク運用業務の効率化を目指す。成果物は、オープンソースとして公開する予定。(2018/10/18)

TIS、商用ブロックチェーン「BCLチェーン」に出資 “スマートロック×スマートコントラクト”のサービス提供へ
TISは、「BCLチェーン」の普及を目指すスタートアップのブロックチェーンロックに出資。ブロックチェーンを活用するシェアリングサービスの提供で協業する。「民泊」「店舗管理」「ビル管理、スマートシティー」「介護」などの分野で、シェリングエコノミーの実現とサービスの提供を目指す。(2018/8/24)

商用ブロックチェーンの標準目指す:
ブロックチェーン活用のスマートロック、年内にサービス開始へ
ブロックチェーン(分散型取引台帳)技術を用いたシェアリングサービスを提供するブロックチェーンロック(東京都千代田区)は8月23日、ブロックチェーンを活用したスマートロックを本格的に展開していくと発表した。(2018/8/23)

IDC Japan 国内ITサービス市場:
2017年国内ITサービス市場のトップ5は富士通、NEC、日立、NTTデータ、IBM
IDC Japanは、2017年の「国内ITサービス市場のベンダー売上ランキング」を発表した。(2018/8/23)

決済ビジネスカンファレンス2018:
乱立する「QRコード決済」 普及の鍵を握るものは?
ここ最近、キャッシュレス決済、特にQRコードを使用した決済サービスの動きが活発だ。大手からベンチャー企業まで多彩なサービスを提供している。QRコード決済を日本で普及させるためには何が必要なのか?(2018/8/9)

外国人観光客のニーズに対応:
アリペイで運賃支払い 沖縄のゆいレールで実証実験
沖縄都市モノレールなど6社は中国など外国人観光客向けに電子決済サービス「アリペイ」を使った運賃支払いの実証実験を始めると発表した。(2018/7/2)

AIとの対話で業務システムをコントロールする「ConcieLink」 TISが提供開始
TISが、AIとの対話を通じて業務システムを操作できる「ConcieLink」の提供を開始した。社内システムやデータベース、クラウドサービスと連携し、スケジュール調整、情報検索、各種申請入力などをAIとの対話で迅速に処理できるという。(2018/6/26)

三菱地所らがロボットベンチャーに出資 自律走行し異常を検知する警備ロボット商用化へ
自律走行ロボットの開発などを手掛けるロボットベンチャーのSEQSENSEが三菱地所、システムインテグレーターのTIS、ベンチャーキャピタルのジャフコの3社から計10億の出資を受けたと発表。歩行者などを避けながら移動し、搭載したセンサーで発熱や異常を検知する警備ロボットを開発し、18年度中の商用化を目指す。(2018/6/15)

無制限に利用ユーザーを拡大可能:
ロボットの作成数が無制限――TISが月額定額で使えるRPAソリューションを提供開始
TISは、月額定額制のRPAソリューション「RPA Smart」の提供を開始する。一度導入すれば無制限に利用ユーザーを拡大できる。人間のGUI操作を記録することでロボットを作成できる。(2018/5/29)

アクセンチュアが躍進:
NTTデータが9年連続でトップ 19年版就職人気IT企業ランキング
就職情報口コミサイト「楽天みん就」を運営する楽天は5月14日、2019年卒業予定の学生を対象に就職したいIT企業に関する調査結果を発表した。NTTデータが2010年の調査開始以来9年連続でトップだった。(2018/5/14)

企業分析にも活用可能な機械学習のデータセット:
「何が」良い/悪い評価だったかが分かる――機械学習で感情解析、TISがデータセットを無償公開
TISは、機械学習で感情を解析するためのデータセット「chABSA-dataset」を無償公開する。各文に対して、ネガティブまたはポジティブといった感情分類に加え、「何が」ネガティブまたはポジティブなのかという観点を表す情報が含まれる。(2018/4/11)

三菱マテリアルが体制を強化:
無線通信用アンテナの設計ソリューションを提供
三菱マテリアルは、さいたまオフィス内に設けた「アンテナソリューションセンター」で、本格的に設計サポートや提案活動を始めた。セルラー帯を中心にアンテナ設計のソリューションを提供する。(2018/3/28)

各種の消費モデルをカバー:
Nutanix、ソフトウェアライセンスを日本国内で提供開始
ニュータニックス・ジャパンは2018年2月27日、日本国内における同社ソフトウェア「Enterprise Cloud OS」単体ライセンスの正式提供開始を発表した。このソフトウェアライセンスプログラムは、複数の意味で興味深い。(2018/2/28)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート【大阪編2】:
偽装ウイルスからPCを守るには――ハッカーが用いる「4種の偽装」
編集部が2017年12月に大阪で開催した「ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナー」のレポート。後編はコネクトワンの偽装ウイルスの防御、FFRIとTISのエンドポイントセキュリティを紹介する。(2018/2/28)

VRニュース:
VRやAR、IoTの普及を目指す企業間コミュニティー設立、8社が参加
ホロラボは、企業間コミュニティー「IoTビジネス共創ラボ」において「xRワーキンググループ」を立ち上げた。8社の企業が参加し、VRやARとIoTのビジネス利用の促進を目指す。(2018/1/26)

IaCの活用でエンジニアの生産性向上目指す:
IaC活用でSIエンジニアの長時間労働をなくせ――TISとリアルグローブ、IaC(Infrastructure as Code)活用研究会を設立
TISやリアルグローブなど複数の企業が共同で、「IaC活用研究会」を設立した。参加者の間でInfrastructure as Code(IaC)や生産性向上の取り組みを共有し、エンジニアの働き方の変化を促す。IaC関連ツールに関する技術や知識、ノウハウの習得も進めるという。(2018/1/23)

TIS/LinDo Applications:
ERPパッケージでは対応困難な独自業務領域を補完し、製造業の基幹業務を支援
TISは、製造業各社で独自性の強い、購買、見積原価、金型原価などの業務領域に特化したアプリケーション構築を支援するソリューション群「LinDo Applications」の提供開始を発表した。(2018/1/22)

2017年、開発者、プログラマー向け@IT記事、Facebookシェア数トップ20とは?
2017年も、開発者、プログラマー向けの話題がたくさんありました。本稿では、2017年の大きなトピックを振り返りつつ注目を集めた記事上位20本を紹介します。これを読んで2017年を俯瞰してはいかかでしょうか。(2017/12/28)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。