ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CDP(Continuous Data Protection)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「CDP(Continuous Data Protection)」に関する情報が集まったページです。

矢口真里、息子の1歳バースデーに“抱っこ2ショット” お祝いの声続々「早〜い!!」「やぐっつぁんも母1歳おめでとう」
もう1年か!(2020/8/9)

“正義のハッカー”に聞くリスクと対策【番外編】
サイバー犯罪者が「攻撃する気がなくなる」セキュリティの条件とは?
システムのインフラがオンプレミスでも、クラウドサービスであっても、基本的なセキュリティ対策の考え方は変わらない。むしろ攻撃者視点に立てば、基本の徹底こそが有効なセキュリティ対策になる。(2020/8/6)

Adobe Experience Cloud事業責任者が語る:
ベールを脱いだAdobeの「ヘッドレスサービス戦略」とは?
Adobeがデジタルトランスフォーメーション(DX)支援の中核製品と位置付けるAdobe Experience Cloudは、企業にどんな価値を提供するのか。事業責任者へのグループ取材で明らかになった今後の戦略を解説する。(2020/7/30)

21世紀企業に啓示を与える100ページ超の報告書:
Appleが“地球の未来を変える2030年までのロードマップ”を公開、ゼロを掲げる理由
Appleが突如発表した、「2020年度進捗報告書」とは何なのか。その詳細を林信行氏がリポートする。(2020/7/22)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
Armから切り離されるIoT事業、ソフトバンクは育成できるのか
「IoT事業」って、成長させるまで結構我慢が必要だと思うんですけどね……。(2020/7/21)

Arm最新動向報告(10):
ArmはなぜIoT事業を切り離すのか、表と裏から読み解く
Armは2020年7月7日、ISG(IoT Service Group)で展開してきたIoT(モノのインターネット))事業をソフトバンクグループ傘下に移管する方針を明らかにした。この決断の背景には何があったのか。技術ライターの大原雄介氏が、表と裏の両面から読み解く。(2020/7/16)

10万円給付金マネー流入か:
なぜ? コロナ禍で株価「V字回復」のミステリー
新型コロナウイルス禍で実体経済の回復には時間がかかると予想されるにもかかわらず、日米欧など世界の株価は「V字」回復を果たしつつある。(2020/6/27)

産業動向:
大和ハウス工業の気候変動への取り組み、CDPから最高評価を獲得
大和ハウス工業グループは「未来をつなごう We Build ECO」をスローガンに掲げ、環境に配慮した建物の開発や取り組みを進めている。(2020/6/23)

マーケティングをアップデートする:
パナソニックが実践するCDP活用 コモディティ化した家電を「買ってもらうための訴求」とは
CDP(Customer Data Platform)を活用した広告運用、Webサイト最適化、そして顧客理解の深化について、パナソニックの国内家電部門におけるデジタルマーケティング担当者が語った。(2020/6/5)

“正義のハッカー”に聞くリスクと対策【後編】
クラウドサービスを安全に使うためのセキュリティ製品とは?
攻撃者はオンプレミスからクラウドサービスへの移行など、システムが脆弱な状態になりがちな変化のタイミングを狙っている。対策として、どのようなセキュリティ製品を導入するべきなのか。(2020/7/2)

“正義のハッカー”に聞くリスクと対策【中編】
ハッカーが明かす「クラウドサービス」に潜む“2つの危険”
クラウドサービスには具体的にどのような脆弱性があり、どのような攻撃に気を付けるべきなのか。ホワイトハッカーが解説する。(2020/6/30)

“正義のハッカー”に聞くリスクと対策【前編】
サイバー犯罪者にとって「クラウドかオンプレミスか」よりも重要なこととは?
システムがクラウドサービスで稼働しているのか、オンプレミスのインフラで稼働しているのかを認識することはIT部門にとって重要だが、攻撃者にとっては必ずしもそうではないという。それはなぜなのか。(2020/6/26)

ファシリティマネジメント フォーラム 2020:
施設業務を止めず保全工事を行う日本メックス、高い技術力を支える充実の“人財育成術”
日本メックスは1972年の創業以来、建物の維持管理・保全工事を数多く手掛けている。豊富な実績を支えているのは、他ならぬ高度な技術や知識を持った人財の育成にあり、現在では4種類の社員教育をはじめ、品質向上と事故撲滅を目的とした自社トレーニング施設を運用するなど、充実した人材育成術を確立している。(2020/5/14)

Adobe Summit 2020レポート:
COVID-19で変わるCX(顧客体験)の価値 Adobe CEOが語る
前例のない困難な時代に顧客とデジタルでつながるための最善の方法とは何か。(2020/4/28)

データドリブンなデジタル広告はどこへ行くのか【後編】:
「ゼロパーティーデータ」が顧客との新しいつながり方を生む
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデータ活用の規制が進もうとしている。現状の課題を整理し、企業がこれから取るべき行動についてエキスパートがまとめた。(2020/4/17)

業界動向:
戸田建設が、2年連続で「CDP気候変動Aリスト」に選定
戸田建設は、気候変動に配慮した事業活動が評価され、2年連続で「CDP気候変動Aリスト」入りを実現した。(2020/4/13)

日本企業のDXを支援し、組織の変革まで支援するプロ集団とは:
PR:「自社のデジタル変革、具体策はどうあるべきか」インキュデータが語る4つのステップ
デジタルトランスフォーメーション(DX)を具体的なステップに落とし込んで自社で実現できる企業はまれだ。ほとんどの企業が未経験のチャレンジだからだ。部門横断で専門性の高い施策を成功に導くためには、専門家の知見が必要だ。(2020/3/13)

今日のリサーチ:
2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。(2020/2/26)

ガラケーかな? 岡副麻希、軟体全開の“折りたたみ系女子”ショットに驚きの声「か、体が折れてる!!」
寒さに効果があるかは謎。(2020/1/29)

自然エネルギー:
自社ユーザーの卒FIT太陽光が大きな強みに、積水ハウスのRE100達成に向けた戦略とは
2017年にRE100への加盟を表明した積水ハウス。住宅ハウスメーカーである同社は、なぜRE100に加盟したのか、その目標の達成に向けてどういった戦略を描いているのか――同社常務執行役員(環境推進担当)の石田建一氏に聞いた。(2020/1/27)

営業・マーケティングの効率化に向けて
「CRM」「CDP」「DMP」の役割の違いを知る
営業・マーケティング用語は、略語だらけで分かりにくい。「CRM」「CDP」「DMP」の違いを理解しよう。(2019/12/27)

今日のリサーチ:
ITRが「IT投資動向調査2020」を実施 「卸売・小売」の投資意欲が盛んに
国内企業のIT予算は堅調に増加傾向にはあるものの、その勢いには陰りが見え始めています。(2019/12/16)

「ゴムゴムの実の能力者!?」「雑技団級です」 岡副麻希アナ、“全身ぐにゃぐにゃ”な軟体ポーズ連発にファン驚き
関節フリーアナ。(2019/12/10)

ブラックハットハッカーからレッドハットハッカーまで
「ハッカー」を帽子の色で6種類に分類 あなたは幾つ説明できる?
セキュリティ専門家ならブラックハット、ホワイトハット、グレーハットにはなじみがあるだろう。だがグリーンハット、ブルーハット、レッドハットにまで広がるとどうだろうか。新旧ハッカーを種類別に解説する。(2019/11/24)

Weekly Memo:
クラウド導入をSIerに“丸投げ”するな――ガートナーが直言
企業のIT化をSIerに“丸投げ”することが問題視されてきたが、それがクラウド化でも起きている――。今回はガートナーの名物アナリストである亦賀忠明氏のこんな直言を取り上げて考察したい。(2019/11/18)

自然エネルギー:
東急がRE100に加盟、企業グループ全体で2050年までに再エネ100%に
東急は、再生エネルギー電力100%での事業運営を目指す企業による国際イニシアティブ「RE100」に加盟したと発表した。鉄軌道事業を含む日本の企業グループがRE100に加盟する初めてのケースとなる。(2019/11/8)

エキスパートが語り下ろすモダンマーケティングの論点:
「アドネットワーク」と「プログラマティック広告」が混同されていないか
マーケターがブランドの価値を守りながら広告戦略を多様化させていくために必要なこととは何か。アドテク業界のエキスパートが語った。(2019/10/24)

部門の壁を越えて伴走するために
デジタルマーケティングの社内推進 IT部門にできることはまだあるか
ITを活用して顧客中心のマーケティングを実現するために社内連携は欠かせない。とりわけIT部門とマーケティング部門の相互理解は重要だ。デジタルマーケティング推進に向けてIT部門がすべきことをエキスパートが語った。(2019/10/18)

CEATEC 2019:
「オフグリッド型コネクテッド住宅」は2030年の新たなスマートホームになるか
Armの子会社であるトレジャーデータと、エムテド、日南の3社は2019年10月15日、「CEATEC 2019」内で会見を開き、「2030年の豊かな暮らし」を実現するオフグリッド型コネクテッド住宅「OUTPOST」を開発、提供するプロジェクトについて説明した。(2019/10/17)

Cloudera、統合型データプラットフォーム「Cloudera Data Platform」を提供開始
Clouderaは「Cloudera Data Platform」の提供を開始する。その一環として、ビジネスアナリスト、データサイエンティスト、IT部門と開発者がそれぞれ対象の3つのサービスを新たに提供する。(2019/9/27)

データ活用で国内企業のビジネス変革を支援――ソフトバンク、博報堂、Armが合弁会社「インキュデータ」設立
ソフトバンク、博報堂、Armは、企業のデータ活用を支援する合弁会社「インキュデータ株式会社」を設立。データ活用に関する3社の技術やノウハウを生かし、各企業に最適化した戦略の立案から施策の実行まで支援する。(2019/9/10)

ヘッドレス対応:
ハートコア、「HeartCoreCXM Cloud」を提供開始
複数の顧客データを統合し、マルチデジタルチャネルのパーソナライズを実現。(2019/8/28)

イランのハッカー集団が関与か
「Outlook」の脆弱性を悪用する攻撃 米サイバー軍が警告
米サイバー軍が、「Microsoft Outlook」の脆弱性を悪用した攻撃が頻発していると警告した。専門家からは、イランのハッカー集団がこの攻撃に関与しているとの指摘が出ている。(2019/8/6)

AD FSを使ったSaaSとのSSO環境構築(6):
実践「AD FS 2016」を使って「Office 365」とのSSO評価環境構築:WAPとAzure Connect構築編
Windows Server 2016のAD FSを使って、SaaSとのSSO環境構築方法を紹介する本連載。今回は、WAPの構築とAzure Connectの構築手順を説明します。(2019/8/5)

カスタマージャーニーを再構築する:
「Adobe Symposium 2019」で提唱された「CXM」とは
「世界を変えるデジタル体験」の実現に向けて企業は何を目指すべきか。(2019/7/29)

「はやぶさ2」きょう2回目のタッチダウンへ 9時半ごろからライブ配信
JAXAは、探査機「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」への2回目のタッチダウン運用を、7月11日午前10時5分ごろから45分ごろまで行う予定だ。4月に作成した人工クレーターの近くに降り、小惑星の地下にあった物質を採取する計画。(2019/7/11)

「はやぶさ2」2回目のタッチダウン、11日午前にライブ配信へ
JAXAは、「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」への2回目のタッチダウン運用を予定通りスタートした。高度20キロのホームポジションから降下を始めたことを、10日午前11時1分に確認した。11日午前にタッチダウン運用を行い、その様子を動画でライブ配信する予定だ。(2019/7/10)

Cloudera創始者兼CTOにインタビュー:
ClouderaとHortonworks、統合後の新製品について具体的に聞いた
ClouderaとHortonworksの合併が2019年1月に完了し、新生Clouderaが誕生して約半年が経過した。現在開発中の統合製品は、具体的にどのようなものになるのか。2社製品の既存ユーザーにはどのような影響があるのか。Cloudera創始者の一人で、グローバルCTOのアマー・アワダラ氏に聞いた。(2019/7/5)

PR:「あれ、消えている……」 そんな“絶望”を防げ! ファイルサーバのデータ保全とセキュリティを両立、ソリトンシステムズの新提案
基幹システムならばともかく、ちょっとした拠点でのデータ共有・保存となると、予算の制約もあって現場の運用頼り、あるいは市販のNAS頼りというケースは少なくない。ソリトンシステムズではそんな悩みを抱える現場に新たな選択肢を提供する。それも監査・セキュリティ機能付きでだ。(2019/5/30)

自然エネルギー:
東急不動産が「RE100」に加盟、2050年までに再エネ100%の事業運営を目指す
東急不動産2019年4月、事業活動で消費する電力を100%再生可能エネルギー由来とすることを目指す国際イニシアチブ「RE100」に加盟したと発表した。(2019/4/26)

Arm傘下になって新たな展開:
Arm Treasure Data eCDPは人とモノ、両方のデータ基盤になる
Arm傘下となったTreasure Dataのカスタマーデータプラットフォームはどう進化しているのか。最新動向について解説する。(2019/4/16)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
DMP&CDP導入状況、日本ではインティメート・マージャーとトレジャーデータが圧倒的な強さ
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」のデータから今月は「DMP」および「CDP」の導入状況を探る。(2019/2/28)

QUANT-U カスタマイゼーション・プロジェクト:
店頭で自分仕様のミッドソールを3Dプリント、ECCOがシューズの体験型購買を提案
フットウェア/レザーグッズブランドのECCO(エコー)が店頭で足型を3D計測し、シリコン製のミッドソールを3Dプリンタで製造するカスタムシューズ販売サービスを開始。店頭を訪れ、1時間程度で自分の足にぴったりとフィットしたカスタムシューズが手に入る“体験型購買”を提案する。(2019/2/7)

マカフィーの2018年脅威レポート
ランサムウェアが新聞配達を止めた サイバー犯罪によるビジネス被害が現実に
McAfeeは2018年第3四半期における脅威レポートを発表した。企業団体のビジネスを阻害する大規模なサイバー犯罪が後を絶たず、そうした事件が日本で起こることも十分考えられる。(2019/1/24)

実店舗のIoTデータとデジタル顧客データをセキュアに統合管理:
Arm、小売業向けに「Arm Retail」を提供
Armは、小売業向けの新たな統合データマネジメントソリューションを発表した。(2019/1/15)

Arm Mbed Connect 2018 Japan:
トレジャーデータ創業者が語る「データファースト時代の開発者像」とは?
開発者イベント「Arm Mbed Connect 2018 Japan」において、2018年8月にArmに買収されたトレジャーデータの創業者兼CTOで、現Arm IoTサービスグループ テクノロジー担当バイスプレジデントを務める太田一樹氏が「データファースト時代の開発者像」をテーマに講演を行った。(2018/12/25)

「ポストパリ協定時代」における企業の気候変動対策(5):
環境分野で最重要の格付指標となった「CDP」、効果的に活用するポイントとは?
「パリ協定」以降の企業の気候変動対策について解説する本連載。最終回となる今回は、ESG投資家が企業の気候変動対策についての重要指標として参照する「CDP」の活用手法と、気候変動対策に関する企業の「情報発信」の手法について解説する。(2018/12/14)

自然エネルギー:
丸井グループとみんな電力が資本提携、「新宿マルイ」は再エネ100%達成間近に
2030年までに事業用電力の再エネ利用率100%を目指す丸井グループが、エネルギー関連ベンチャーのみんな電力と資本業務提携を締結。みんな電力のサービスを利用することで、新宿マルイ本館は再エネ利用率100%の達成が見えてきたという。(2018/12/12)

製造業IoT:
ArmのIoTプラットフォーム、勝ち筋は素早い“ソリューション”にあり
Armの日本法人アームは、ユーザーイベント「Arm Mbed Connect 2018 Japan」の開催に合わせて記者会見を開き、同社のIoT(モノのインターネット)プラットフォーム「Pelion IoT Platform(以下、ペリオンIoTプラットフォーム)」について説明した。(2018/12/6)

自然エネルギー:
目指す再エネ比率ごとに3つの料金プラン、自家消費太陽光とセットでコストも削減
エコスタイルが「RE100」などに取り組む企業向けに、再エネ比率を高められる電力プランを発表。このプランと自家消費型太陽光発電を組み合わせることで、再エネ比率の向上とコスト削減を両立できるという。(2018/12/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。