ニュース
» 2010年03月05日 12時57分 UPDATE

Google、有料版Google Appsのディザスタリカバリをアピール

ビジネス向けオンラインオフィススイートのシェア拡大に注力しているGoogleが、Google Appsの無料のDRについて説明した。

[ITmedia]

 米Googleは3月4日、オフィススイート「Google Apps」有料版のディザスタリカバリ(DR)について、公式ブログで説明した。オンプレミスではSANの導入などで膨大なコストが掛かるハイレベルなDRを、Google Appsは無料で提供しているという。

 Googleは、Gmail、Google Calendar、Google Docs、Google Sitesのすべてのユーザーデータについて、2カ所のデータセンターでライブレプリケーションを行っており、1つのデータセンターで事故があっても、もう1つのデータセンターで対応できる。従って、Google AppsでのRPO(障害発生後、いつの時点のデータに復旧するか)の設計目標はゼロであり、RTO(障害発生後、いつまでに復旧するか)は即時復旧だとしている。

 Googleは多数の大規模データセンターを運営しており、それらのデータセンターを高速なネットワークで接続しているため、こうしたDRサービスを無料で提供できるという。

 Googleによると、ほかのプロバイダーでは、このレベルのバックアップには、25Gバイト当たり150〜500ドル掛かるとしている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -