ニュース
» 2010年06月21日 09時35分 UPDATE

TwitterなどにHTTPS接続するFirefox拡張機能「HTTPS Everywhere」、EFFがリリース

EFFが、Twitter、Wikipedia、Facebookなどへのアクセスを自動的にSSL通信にするFirefoxの拡張機能を公開した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 デジタル市民権団体の電子フロンティア財団(EFF)は6月17日(現地時間)、プライバシー保護の非営利団体Tor Projectとともに、Firefox向け拡張機能「HTTPS Everywhere」のβ版を公開したと発表した。EFFの公式ブログにあるリンクからダウンロードできる。

 この拡張機能をインストールすると、TwitterやFacebookなどへのアクセスが自動的に「https:」で始まる暗号化されたURLに飛ばされる。現在対応するサービスは、Google検索、Wikipedia、Twitter、Facebook、New York Times、Washington Post、Paypal、EFF、Tor、Mozilla、Ixquickなど。

https デフォルトではすべてオンになっている

 EFFは、Googleが5月にSSL通信の検索サイトを開設したことに触発されてこの拡張機能を開発したとしている。

 なお、SSLではWebブラウザとサービス間の通信を暗号化することはできても、ページが完全に暗号化されるわけではないとして、ユーザーによるプライバシー管理の必要性を呼び掛けている。

変更履歴:本文中で、拡張機能のダウンロード先を「EFFのサイト」としてダウンロードリンク(XPI)に直接リンクをはっていましたが、リンク先をダウンロードリンクのある公式ブログに修正しました。[2010/06/22 11:37]

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

SSL | 暗号化 | ブラウザ | Firefox | プライバシー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -