ニュース
» 2010年06月30日 16時28分 UPDATE

iPhoneアプリ「Windows Live Messenger」のダウンロードが100万本突破

Microsoftによる3本目のiPhoneアプリ「Windows Live Messenger」が公開5日でダウンロード数が100万本を超えた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは6月29日(現地時間)、iPhone向けのIMアプリ「Windows Live Messenger」のダウンロード数が、公開後5日間で100万本を超えたと発表した。

 同社は21日に米国、カナダ、英国、フランスのApp Storeで英語版と仏語版を公開し、23日に提供先をオーストラリアやインドなど17カ国(日本は含まず)に拡大した。数カ月後には対応言語をさらに増やすとしている。

 iPhone版Messengerは、24日に公開された「Windows Live Essentials」のβ版に含まれるデスクトップ版のMessengerと同様に、メッセージのやりとりだけでなく、FacebookやMySpaceなど外部のソーシャルサービスでの友人のアクティビティを確認することもできる。

Windows Live Messenger for iPhone

 Microsoftによると、なんらかのアプリやツールを使ってモバイル端末からMessengerを利用しているユーザーは2400万人以上になるという。また、来年にはXbox LIVEでビデオチャットができる「Video Kinect」とMessengerが連係され、Xbox LIVEユーザーとMessengerユーザー間のビデオチャットが可能になる予定だ。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -