ニュース
» 2010年08月12日 08時10分 UPDATE

Google、「Chrome 6 β」を公開 拡張機能とオートフィルデータの同期が可能に

Google Chrome 6の一般向けβ版が公開された。各種Webサービスでのアカウント作成に便利な「AutoFill」機能が加わった。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月11日(現地時間)、次期Webブラウザ「Chrome 6」の最新β版(Ver.6.0.472.33)を公開したと発表した。Windows版、Mac版、Linux版をGoogle Chromeのサイトからダウンロードできる。

 主な新機能としては、住所などの個人情報を自動入力する「AutoFill」、複数のChromeで拡張機能とAutoFillデータを同期できるようになったことなどがある。ユーザーインタフェースも改良され、スピードと安定性も向上したという。

 AutoFillは、各種サービスのフォームで個人情報を登録する際に、名前を入力すると住所や電話番号、クレジットカード番号までも自動的に入力できる機能。初期設定でオンになっており、最初に個人情報を入力する際に自動的に保存されるが、クレジットカード番号を保存する場合はユーザーに許諾を求める。会社用と個人用など、複数の個人情報セットを保存でき、プルダウンメニューから選択できる。これらのデータはChromeに安全に保存されるという。

chrome1

 Google Chromeには、複数のPC上のChrome同士でデータを同期できる機能があり、現行版ではブックマーク、テーマ、ホームページ、起動時の設定が同期できる。新β版ではこれらに拡張機能とAutoFillのデータが加わった。

 ユーザーインタフェースの改善では、ツールバーの右端にあるメニューボタンと設定ボタンが1つにまとめられた。

 また、JavaScriptエンジン「V8」の改良により、前回のβ版リリースよりV8ベンチマークで15%、SunSpiderベンチマークでも15%高速化したという。Mozillaが作成したJavaScriptベンチマークテストである「Dromaeo DOM Core」テストでは64%の速度向上が見られたとしている。

chrome 2

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ