ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  J

  • 関連の記事

「JavaScriptベンチマーク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「JavaScriptベンチマーク」に関する情報が集まったページです。

iPhone XRのGPU性能はMacBook Pro相当 ベンチマークで判明したこと
Geekbench、SunSpiderを使って計測したiPhone XRの実力は?(2018/10/23)

新iPadのベンチマーク性能はiPhone 7並み
9.7インチの新iPad、ベンチマークしてみたら先代iPadより「3割速い」ことが判明した。(2018/3/29)

Snapdragon 845 Benchmarking Workshop:
Snapdragon 845の実力は? レファレンスモデルでベンチマークテストをした結果
Qualcommの次期プロセッサ「Snapdragon 845」はどれだけの性能を持つのか。同プロセッサを搭載したQualcommのレファレンスモデルを触る機会を得たので、ベンチマークテストの結果と雑感を紹介したい。(2018/2/12)

世間を騒がす「プロセッサ脆弱性」 何が本当の問題なのか
2018年の年明け早々、新たに発見されたプロセッサの脆弱性「Meltdown」「Spectre」に関して、さまざまな情報が飛び交い、一部では誤解や混乱を招いている。この問題の概要、影響や対策についてまとめた。(2018/1/6)

新iPadはi5 Macに匹敵する性能 iPad Pro(10.5-inch)ベンチマーク
MACお宝鑑定団が独自にベンチマークした結果、10.5インチiPad Proが搭載しているCPU、GPUのとんでもない性能がわかった。(2017/6/13)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「HTML5(1) Ajaxの誕生」
HTML5によって、マルチデバイス時代のアプリケーションプラットフォームとして進化しつつあるWebブラウザ。その背景には、Ajaxの登場やHTMLの進化、Web標準化などの流れがあります。今回から2回に分けてその歴史を総ざらい。この「HTML5(1)」では、Ajaxとブラウザの進化について解説します。(2017/3/14)

ICT、SIMフリースマホの品質調査を実施 総合評価トップは「HUAWEI P9」「ZenFone 3 Delux(5.5型)」
ICT総研は、主なSIMロックフリースマートフォンの端末品質調査を実施。総合評価でトップとなったのは「HUAWEI P9」と「ZenFone 3 Delux(5.5型)」となった。(2016/11/4)

A10 Fusionの実力やいかに? iPhone 7 Plusベンチマークレポート
MACお宝鑑定団はiPhone 7 Plus実機でのベンチマークをいち早く実施した。(2016/9/13)

モバイルファースト時代の難題に挑む:
PR:「モバイルWebもネイティブアプリも」ではリソースが足りない、どうする?
「Webサイトをアプリにしたいが、社内にアプリの開発者がいない」。多くの企業が解決を迫られているこの難題に、どんな手段があるだろうか。(2016/4/22)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
これで「Edge」を使う気になる? 目玉の拡張機能は間もなく提供へ
MicrosoftがWindows 10とともに投入した新ブラウザ「Edge」。課題だった「IE固有機能の分離」と「Web標準へのさらなる準拠」は2015年で一段落し、2016年は攻めに転じようとしている。その鍵となる拡張機能は、間もなく提供されそうだ。(2016/2/8)

「WKWebView」採用で:
iOS版Chromeブラウザ、バージョン48で大幅高速化・安定化
Safariのクラッシュが世界規模で報告される中、Googleが大幅に高速化したiOS版「Chrome 48」をリリースした。レンダリングエンジンを「UIWebView」から「WKWebView」に切り替えたことで、安定性も70%向上したという。(2016/1/28)

Egdeは本当に速い?:
「Boot Camp 6」でMacにWindows 10を入れてみた――ブラウザ対決編
「Boot Camp 6」で、MacBook Pro RetinaにWindows 10をインストールし、Edge、IE、Chrome、Firefox最新版の性能を比較してみた。(2015/8/18)

見た目はほぼ製品版か:
RTM相当? Windows 10最新プレビュー「Build 10240」――EdgeがChromeより高速というテスト結果も
Windows 10のRTMともウワサされる最新プレビュー「Build 10240」が公開された。新標準ブラウザ「Microsoft Edge」は、JavaScriptテストでChromeとSafariより高速な結果が得られたという。(2015/7/16)

Enterprise IT Kaleidoscope:
ChromeやFirefoxも凌駕する? Microsoft Edgeブラウザの実力
これまで「Project Spartan」というコードネームで呼ばれたWindows 10の新ブラウザがついにベールを脱いだ。Microsoft EdgeとはいったどのようなWebブラウザなのだろうか。(2015/5/14)

撮影してからピント合わせが可能:
3Dカメラと美しい有機ELを備えた“世界最薄”Androidタブレット――「Venue 8 7000」徹底検証
デルの「Venue 8 7000」は、高精細な8.4型有機ELディスプレイ、撮影後にピント合わせができる3Dカメラを搭載し、6ミリ厚という世界最薄ボディに仕上げたAndroidタブレットだ。その実力をチェックする。(2015/3/25)

超軽快ブラウズマシン:
Chromebookは個人ユーザーでも買いなのか?――「Dell Chromebook 11」徹底検証
Windows PC/タブレットの低価格攻勢が激しい中、為替の影響もあって当初より買い得感が減った印象もあるChromebook。高コスパのPCで知られるデルが発売した「Chromebook 11」は、個人ユーザーでも選ぶ価値があるのだろうか?(2015/1/13)

10.1型「ヨガタブ2」徹底検証(後編):
AndroidとWindowsで同じ設計のタブレット――「YOGA Tablet 2-10」を横並びテストして分かったこと
シリンダーフォルムと内蔵スタンド機構が目を引く「YOGA Tablet 2-10」。レビュー後編は、AndroidモデルとWindowsモデルを横並びでじっくりテストしていこう。(2014/12/25)

個人市場の台風の目になるか:
小型軽量Chromebookが日本上陸――「Chromebook C720」徹底レビュー
個人向けに国内販売が開始された日本エイサーの「Chromebook C720」は、同カテゴリの製品の中でも小型軽量ボディが特徴だ。その実力はいかほどか?(2014/12/12)

ドリキンが斬る!(8):
外から見るWWDC 2014キーノート――Swiftに感じるAppleの本気
WWDC常連のドリキンが今年もキーノートを斬ります! 今回はメディアとエンジニアとで、反応が真っ二つに分かれる内容となりました。その理由をエンジニア視点で解き明かしていきたいと思います。(2014/6/19)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1 Update」:
Internet Explorer 11の新機能にみる「Windows 2020年問題」とは?
MicrosoftはWindows 8.1 Updateで、IE11にIE8互換の動作モード「エンタープライズモード」を追加した。そこにはブラウザの互換性問題への対応と、最新OSへの移行促進という意図が込められている。(2014/5/27)

ベンチマークテスト「Basemark OS II」を使ってみる──まずはテスト内容をチェックする
Rightwareの新しいベンチマークテストは、内部で何をやっているのかをドキュメントで公開している。そこでまずは「スコア」の意味をチェックしてみよう。(2014/1/28)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8.1」:
「Surface 2」インプレッション──Surface 2/Surface Pro 2はどれだけ速くなった?
「第2世代」は買い換えに値するか。第1世代Surface RT/Proのユーザーの筆者が、Surface 2/Surface Pro 2をパフォーマンス面より考察してみた。(2013/11/20)

市場投入迫る:
次世代タブレットは「Bay Trail-T」でどう変わる?
Silvermontマイクロアーキテクチャを採用したタブレット向けSoC“Bay Trail”こと「Atom Z3000」シリーズを解説。(2013/9/27)

IE 11 for Windows 7のプレビュー版がリリース IE 10より9%高速に
Microsoftが、Windows 7版Internet Explorer 11の一般向けプレビューを公開した。IE 10より約9%高速化し、タッチ操作に対応する。(2013/9/19)

鈴木淳也の「まとめて覚える! Windows 8」:
「Windows 8.1」新機能チェック──「Internet Explorer 11」は何が変わるのか
2013年末に登場予定の大規模アップデート「Windows 8.1」。先日公開されたPreview版よりWindows 8の現バージョンより向上・刷新される主な変更ポイントを解説する。今回はWebブラウザ「IE 11」の変更ポイントをチェックする。(2013/7/16)

ドリキンが斬る!(3):
WWDC 2013キーノート(Safari編)
WWDC常連のドリキンがエンジニア視点で書きつづる。第2弾はSafari編と題して「OS X Mavericks」に搭載されるSafariの新機能紹介から、今後のグーグルとの関係までを妄想する。(2013/7/9)

Snapdragon 800 Workshop in 北京:
Snapdragon 800シリーズ搭載MDPsでベンチマークテストをやってみちゃう
2013年後半に登場予定の「Snapdragon 800」シリーズは、従来モデルから大幅に性能が向上するという。その言葉は、“真実”なのか、“はったり”なのか。(2013/6/28)

ワイヤレスジャパン2013:
「99ドル以下スマホでも軽く動くOSを」──Firefox OSの“メリット”をアピール
Mozilla Japanは、ワイヤレスジャパン 2013において、Firefox OSの概要を紹介する講演を行い、「軽くて開発が容易な」OSのメリットを訴えた。(2013/5/29)

Xperia Tablet Z マニアックス(1):
薄型軽量×防水防塵ボディで高性能は実現できたか?――「Xperia Tablet Z」
今回から始まる特集では、「Xperia Tablet Z」をよりディープに検証していく。第1回目のテーマは「パフォーマンス」だ。前モデルの「Xperia Tablet S」をはじめ、「Nexus 10」に「Nexus 7」といった主要なAndroidタブレット、そしてスマートフォンの「Xperia Z」と性能をじっくり比較した。(2013/4/25)

「Surface RT」の“ここ”が気になる:
第7回 バッテリーはどれくらい持つ?――「Surface RT」
「Surface RT」日本向けモデルの特徴や気になるポイントを追っていく。第7回はSurface RTのパフォーマンスについてチェックする。ベンチマークテストを行い、性能やバッテリー動作時間を確認した。(2013/3/30)

自動アップグレードも実施予定:
Microsoft、Windows 7向けIE10を正式リリース
プレビュー版として提供していたWindows 7版IE10が正式にリリースされた。時期は未定ではあるものの、Windows 7ユーザーに向けた自動アップグレードも実施するという。(2013/2/26)

Windowsネットワーク管理者のためのAndroid活用入門:
第1回 ユーザーとしてではなく、管理者として知っておくべきAndroid
個人利用から普及したAndroid端末も、仕事にどう役立てるか、という時代を迎えている。でも管理者なら活用方法のみならず、リスクも知っておくべきだろう。まずはAndroidを仕事で使ううえでの注意点を中心に解説する。(2013/2/20)

「Google Chrome 24」の安定版リリース 26%高速化、24の脆弱性に対処
Google Chromeの最新版では、起動やJavaScriptの実行速度が速くなったほか、危険度「High」の4件を含む24件の脆弱性に対処した。(2013/1/11)

Surface RTが待ちきれない人へ:
キーボードが着脱できるWindows RTタブレット――「VivoTab RT TF600」はどう使う?
コストパフォーマンスの高いキーボード着脱式タブレットを続々と世に送り出してきたASUS。Windows RTモデルの「VivoTab RT TF600」はどこまで使えるのか、じっくり試してみた。(2012/12/3)

買って後悔したのか! しなかったのか! :
【短期集中! Surface RT】「Type Cover」を本気で使う
その場で購入したSurface with Windows RT。冷静になったところで「どこまで使える」デバイスなのか、旅の途中で検証する。“日本”ローケルで使えるコンテンツもチェック。(2012/10/31)

Google、JavaScriptベンチマークスイート「Octane」をリリース
「V8 Benchmark Suite」に新たに5つのベンチマークテストを追加し、オンラインゲームや高度なWebアプリを利用するWebブラウザの実際的な性能を測れる、octane(炭化水素)のように多様なスイートになっている。(2012/8/22)

D89クリップ(36):
【第24回 HTML5とか勉強会レポート】 108もあるぞ! HTML5の要素数
現在、HTML5の要素数は108ある。その中から、注目のAPI、FileSystem API、Web Audio API、Geolocation APIができることをチェックしよう!(2012/1/18)

新ブラウザは“電光石火”の速さ――“スマホの老舗”が明かす「BlackBerry Bold 9900」の優位性
NTTドコモの新モデルとして発表されたRIMのハイエンドスマートフォン「BlackBerry Bold 9900」。AndroidやiPhoneの成長著しいスマートフォン市場で、“老舗”のRIMはどう差別化を図るのか。東アジア担当責任者が説明した。(2011/10/21)

Google、次期モバイルOS「Android 4.0」を発表 NFC利用の「Beam」機能も
Googleは予告通り、「Android 4.0」でスマートフォンとタブレットのモバイルOSを統合した。スマートフォンにHoneycombのUIがもたらされることに加え、高度な写真編集機能やNFCによるデータ転送機能などが追加された。(2011/10/19)

特集:IE10(プレビュー版)概説(中編):
Internet Explorer 10 PP2のHTML5機能
早くもPP2が公開されたIE10は、HTML5機能を大幅強化。ドラッグ&ドロップなど、6種類の機能を、デモとサンプル・コードで解説。(2011/7/29)

特集:Web制作者&開発者のためのIE9概説(前編):
Internet Explorer 9正式版レビュー
IE9日本語版が間もなくリリース予定。固定サイトやジャンプ・リストのタスク定義などの機能をWeb制作者向けに説明。(2011/4/22)

MIX11:
IE9を超えてパワフル!──「Internet Explorer 10」の本気を動画で見る
Internet Explorer 9の日本語版が4月26日から配布を開始。が! 米国ではその次期バージョンがサクサクと動いているという。その“速さ”を動画でチェック。(2011/4/13)

Mozilla、“3倍速い”「Firefox 4 for Android」をリリース
デスクトップ版が好評のFirefox 4のモバイル版が、AndroidとMaemo向けにリリースされた。ファイルサイズが小さくなり、Mozillaは標準ブラウザより3倍速いとしている。(2011/3/30)

iPhone 4よりも薄い!:
さらに薄く、より高速に――アップルが「iPad 2」を発表
アップルの次期タブレット製品「iPad 2」は、A5プロセッサの採用によりCPUで2倍、グラフィックスで9倍の性能向上を実現したほか、厚さ8.8ミリとiPhone 4よりも薄くなった。(2011/3/3)

iOS 4.3アップデート、米国時間の3月11日から配信開始
米Appleが現地時間の3月2日、プレスイベントを開催し、「iPad 2」を発表した。その発表会の中で、iOSのアップデートにも言及。iOS 4.3アップデートは、iPad、iPhone、iPod touch向けに、米国時間の3月11日から配信する。(2011/3/3)

Google、「Chrome 6 β」を公開 拡張機能とオートフィルデータの同期が可能に
Google Chrome 6の一般向けβ版が公開された。各種Webサービスでのアカウント作成に便利な「AutoFill」機能が加わった。(2010/8/12)

Microsoft、最後のIE9プラットフォームプレビューをリリース
IE9の土台はほぼ完成し、今回のリリースは「β版の前の最後のプラットフォームプレビュー」となる。(2010/8/5)

IE9のプレビュー版更新 HTML5ビデオをサポート
IE9の3番目のプレビュー版は、HTML5のaudio、video、canvasタグや、Web用フォントフォーマと「WOFF」をサポートする。(2010/6/24)

IE9のプレビュー第2版リリース 性能や標準サポート向上
最初のプレビュー版と比べ、第2版はJavaScriptベンチマークテストや標準準拠テストの結果が向上している。HTML5のvideoタグサポートは第3版で盛り込む予定だ。(2010/5/6)

Google、「Chrome 5 β」を公開 Flashをネイティブサポート
V8エンジンの改良で30%以上高速化したほか、HTML5の幾つかの機能への対応、Flash Playerプラグイン統合など新機能を追加した。(2010/5/6)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。