RTM相当? Windows 10最新プレビュー「Build 10240」――EdgeがChromeより高速というテスト結果も見た目はほぼ製品版か

» 2015年07月16日 13時45分 公開
[ITmedia]

 米Microsoftは7月15日(現地時間)、Windows Insider Program参加者向けに次期Windowsプレビューである「Windows 10 Insider Preview」の最新版「Build 10240」を公開した。

 Fast Ring(すぐに更新する)設定だけでなく、Slow Ring(少し遅れて安定したBuildを更新する)設定のユーザーにも同時公開されており、Microsoftアカウントでログオンすることで、Windows Updateから自動もしくは手動で更新できる。

Windows 10 Insider Preview Build 10240 Windows 10 Insider Preview「Build 10240」のデスクトップ。これまでデスクトップの壁紙右下にあったBuild番号や評価コピーの透かしがなくなり、見た目はまるで製品版のようだ

 7月13日に発表された通り、Windows 10のリリースに向けて、Windows Insider Programのページでは最新Buildの配布を一時停止しており、ISOのダウンロードページにアクセスできなくなっている。今回のBuildは、すでにWindows 10 Insider PreviewをインストールしたPCのユーザー向けにWindows Update経由で提供されるものだ。

 同社OSグループでエンジニアリンググループマネージャーを務めるガブリエル・オウル氏によれば、Build 10240は7月29日に一般ユーザーへ配信する内容により1歩近づいているそうで、これまでデスクトップの壁紙にあったBuild番号の透かしがなくなった(検索窓から“Winver”コマンドを入力すればBuild番号を確認可能)。また一般公開までの2週間の間で、いくつかのWindows UpdateとWindowsストアのアプリアップデートを予定しており、ユーザーに日々の更新をチェックしてほしいと述べている。

 Build 10240はOEM向けに出荷される「RTM(Release To Manufacturing:量産出荷版)」同等と報じている海外メディアも少なくないが、Microsoftは明言せず、Windows 10はリリース後も更新し続けるとしている。また、オウル氏はWindows公式ブログに「少なくともあと1回はWindows Insidersに楽しいサプライズがある」と書いており、リリース前にさらなる新情報があるかもしれない。

Windows 10 Insider Preview Build 10240 Windows 10 Insider Preview「Build 10240」の更新画面。従来の「fbl_impressive 〜」という表示から「TH1 Core 10240」に変わっており、RTM同等という海外メディアの報道も少なくない
Windows 10 Insider Preview Build 10240 「システム」のプロパティからエディションの情報を見ると「Windows 10 Home」とあり、「Insider Preview」の文字が消えている

 Build 10240ではWindows 10の新しい標準ブラウザ「Microsoft Edge」のパフォーマンスも向上しており、以下のJavaScriptベンチマークテストでChromeとSafariに勝る結果が得られたという。

  • WebKitのSunspiderテストで、Chromeに対して112%高速
  • GoogleのOctaneテストで、Chromeに対して11%高速
  • AppleのJetStreamテストで、Chromeに対して37%高速
Windows 10 Insider Preview Build 10240 Windows 10の新しい標準ブラウザ「Microsoft Edge」は、パフォーマンスが向上したという。Edgeのバージョンは「20.10240.16384.0」だった

 Windows 10の開発者は、7月29日公開の製品版Windows 10ツールを使って、Windowsデベロッパーセンターへ、ユニバーサルWindowsアプリをアップロード可能になる予定だ。

 Windows 10のリリースに向けて、Word、Excel、PowerPointの各Officeモバイルアプリにも変更がある。PCとタブレット上ではOfficeのデスクトップアプリと区別しやすくするため、アプリの名前に“Mobile”が追加された(Word Mobileなど)。また、各アプリの名前から“Preview”が省かれ、1週間程度でWindows PCと大型タブレットではOfficeの編集作業にOffice 365のサブスクリプションが必要になるという(10.1型以下のデバイスで非商用の場合、表示とほとんどの編集はこれまで通り、無料のまま利用できる)。

 なお、フル機能のOneNoteユニバーサルアプリについては、Windows 10にプリインストールされ、無料で編集作業が可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月25日 更新
  1. ワコムが有機ELペンタブレットをついに投入! 「Wacom Movink 13」は約420gの軽量モデルだ (2024年04月24日)
  2. 16.3型の折りたたみノートPC「Thinkpad X1 Fold」は“大画面タブレット”として大きな価値あり (2024年04月24日)
  3. 「IBMはテクノロジーカンパニーだ」 日本IBMが5つの「価値共創領域」にこだわるワケ (2024年04月23日)
  4. Googleが「Google for Education GIGA スクールパッケージ」を発表 GIGAスクール用Chromebookの「新規採用」と「継続」を両にらみ (2024年04月23日)
  5. 「社長室と役員室はなくしました」 価値共創領域に挑戦する日本IBM 山口社長のこだわり (2024年04月24日)
  6. バッファロー開発陣に聞く「Wi-Fi 7」にいち早く対応したメリット 決め手は異なる周波数を束ねる「MLO」【前編】 (2024年04月22日)
  7. ロジクール、“プロ仕様”をうたった60%レイアウト採用ワイヤレスゲーミングキーボード (2024年04月24日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. ゼロからの画像生成も可能に――アドビが生成AI機能を強化した「Photoshop」のβ版を公開 (2024年04月23日)
  10. MetaがMR/VRヘッドセット界の“Android”を目指す 「Quest」シリーズのOSを他社に開放、ASUSやLenovoが独自の新ハードを開発中 (2024年04月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー