ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Cortana」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Cortana」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

Windows 11 Trends:
Windows 11登場! 11で変わること、思ったほど変わらないこと
新しいWindows OS「Windows 11」の正式出荷が2021年10月5日に開始された。Windows 10からの無償アップグレードが可能であるため、どのような新機能が実装されたのか気になる人も多いのではないだろうか。そこで、本稿ではWindows 11の新機能、削除された機能などを簡単にまとめてみた。(2021/10/11)

Windows 11がついにリリース!:
主要PCメーカーのWindows 11プリインストールPCまとめ
約8年ぶりとなる新OS「Windows 11」がついにリリースされた。ここでは、Windows 11をプリインストールした各社の最新PCをまとめた。(2021/10/5)

Windows 10 The Latest:
【10/5 提供開始】Windows 11の登場で、どうなるどうするWindows 10
Windows 11の正式提供が2021年10月5日に始まることが発表された。当日から、Windows 10からWindows 11への無償アップグレードも段階的に開始されるという。すぐにWindows 11へ移行した方がいいのか、Windows 11のメリット/デメリットをWindows 10ユーザーの視点でまとめてみた。(2021/9/9)

「Cortana」ビジネス利用への期待と懸念【後編】
「Cortana」ビジネス利用時の懸念 プライバシーはどうなる?
仮想アシスタント「Cortana」の音声コマンドで「Microsoft Teams」を操作する機能は大きなメリットであり、仕事のやり方を一新する可能性もある。だがセキュリティとプライバシーには問題はないのか。(2021/9/7)

「Cortana」ビジネス利用への期待と懸念【前編】
「Cortana」は「Teams」用仮想アシスタントとして生き残るのか?
Microsoftは「Cortana」を、いわば「Alexa」「Siri」の企業向けバージョンのような位置付けに置き、「Microsoft 365」アプリケーションを音声操作するメリットを広めようとしている。このアプローチは成功するのか。(2021/8/25)

PCメーカー各社のWindows 11対応状況をチェック! アップグレード情報まとめ
Microsoftの新OS「Windows 11」が発表され、各PCメーカーからは対応状況などが公開されつつある。その現状をまとめた。(2021/8/20)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(105):
Windows 10の更新でタスクバーに追加される「ニュースと関心事項」をグループポリシーで無効にする
2021年6月の累積更新プログラムにより、Windows 10 バージョン1909/2004/20H1/21H1を実行するPCのデスクトップのタスクバーに、新たに「ニュースと関心事項」が追加されました。Windows 10では機能更新プログラムや累積更新プログラムで、このような新機能がタスクバーに追加されることがあります。こうした新機能が業務遂行にふさわしくないと考える企業もあるでしょう。グループポリシーを使用すれば、簡単に無効にできます。(2021/8/3)

バイバイCortana、IE11 Windows 11で消える機能まとめ
Windowsの新OS「Windows 11」で削除される機能を紹介する。IEの無効化やCortanaの縮小、Skypeがクリーンインストールされなくなるなどが、主な変更点だ。(2021/6/25)

Windows 11でなくなる機能
Microsoftが2021年後半にリリース予定のWindows 11では、Windows 10からなくなる機能も数多い。それらの情報をまとめた。(2021/6/25)

Microsoftが音声技術のNuance買収を検討中か──Bloomberg報道
Microsoftが、AppleのSiriに技術を提供したことで知られるNuance Communicationsの買収を検討中とBloombergが報じた。買収総額は160億ドル(約1兆7550億円)に上る見込み。(2021/4/12)

Microsoft、「Cortana」のモバイルアプリを3月31日に予告どおり終了
Microsoftが昨年7月の予告どおり、音声アシスタント「Cortana」のAndroidおよびiOSアプリのサポートを3月31日に終了した。Windowsからはまだアクセスできる。(2021/4/1)

TechTarget発 世界のITニュース
「Teams」一発起動ボタンを備えたDellのWeb会議ディスプレイ 気になる価格は?
Dell Technologiesは「Microsoft Teams」起動用ボタンを備えるWeb会議用ディスプレイを発表した。34型曲面ディスプレイモデルなど3モデルをそろえた。それぞれの主な特徴と価格は。(2021/1/29)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(92):
導入済みWindows 10 Enterprise 2015 LTSBデバイスの刷新計画、はじめどき
2021年10月に、Windows 10の長期サービスチャネル(LTSC)製品の最初のバージョン「Windows 10 Enterprise 2015 LTSB」のメインストリームサポートが終了し、5年の延長サポートフェーズに移行します。対象のデバイスがある場合は、次のシステムへの移行に向けて計画を始める良いタイミングです。(2021/1/26)

Windows 10 The Latest:
Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2)の変更点まとめ
Windows 10の秋の機能アップデート「Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2)」の提供が開始された。新機能は少ないものの、細かい改良が行われている。Windows 10のバージョンごとのサポート期間なども含め、主な変更点をまとめてみた。(2020/11/12)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(85):
「Cortana」を利用しない企業向けWindows 10活用のベストプラクティス
音声パーソナルアシスタント「Cortana」は、「Microsoft 365」で強化されたクラウドベースのアシスタントサービスに強化されることになっています。そのため「Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)」ではCortanaアプリが刷新されました。しかし現状、日本/日本語で利用できる機能は限定的です。当面、利用予定がない場合は、ユーザーから問い合わせを受ける前に、無効化しておくことをお勧めします。(2020/10/20)

レノボ・ジャパン株式会社提供eBook:
「Windows 10がクラッシュする原因」を説明できるようになる方法
「Windows 10」デバイスの管理者にとって、マルウェア感染やクラッシュといったトラブルへの対処は、大きな負担になる。作業の効率化に役立つ手段を紹介しよう。(2020/9/23)

ASUS、Core i5+GeForce搭載で6画面出力をサポートしたコンパクトデスクトップPC
ASUS JAPANは、最大6画面のマルチディスプレイ出力をサポートするコンパクトデスクトップPC「Mini PC PB60G」を発売する。(2020/9/4)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(167):
Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)で失われた機能まとめ
Windows 10の新バージョンでは、すぐにドキュメント化されない、あるいは今後もドキュメント化されることがないかもしれない重要な変更が行われることがあります。2020年5月末にリリースされた「Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)」をこれまで使ってきて、筆者が気が付いた、そのような変更点をまとめました。(2020/8/26)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(22):
全社テレワークしてから、Windows 10が遅い、重い――情シスに苦情殺到の“VDIの悲劇”はなぜ起こるのか
全社テレワークを検討する企業が増える中「Windows 10の動作が遅くなった」「デスクトップが立ち上がりにくくなった」という声が聞こえてくるようになりました。その原因でよくあるのが、以前からテレワークに活用されてきたVDIです。なぜVDIでWindows 10を動かすと問題が起こるのか? その原因と注意点を解説します。(2020/8/5)

Microsoftの音声アシスタント「Cortana」、2021年にフェードアウト 縮小のロードマップ公開
Cortanaのビジネス向けに特化した機能だけは残るようだ。(2020/8/3)

Web会議「Microsoft Teams」にバーチャルルームに集まれる「Togetherモード」
Microsoftが、Web会議サービス「Microsoft Teams」の新機能として、1つの仮想背景上に参加者全員を“座らせる”「Togetherモード」を発表した。VRの父、ジャロン・ラニアー氏の発想に基づき、グリッドビューのストレスを大幅に削減できるとしている。(2020/7/9)

AlexaやGoogle、Siriを調査:
起動コマンドを間違える音声アシスタント、どの単語がまずいのか?
ルール大学とマックスプランクサイバーセキュリティアンドプライバシー研究所の研究者のチームは、音声アシスタントがウェイクワード(音声による起動コマンド)と誤認する言葉を調査した。その結果1000以上の音声シーケンスが見つかった。(2020/7/7)

即時適用する方法もあり:
「Windows 10 バージョン2004(May 2020 Update)」製品版が登場 まずは「オプション更新」として順次配信
Windows 10の最新バージョン「2004(May 2020 Update)」が、ついに一般ユーザー向けに配信され始めた。まずは、バージョン1903/1909ユーザー向けの「オプション(手動)更新」として登場するが、表示されるまで数週間かかる場合もある。【更新】(2020/5/28)

「Windows 10 May 2020 Update」(バージョン2004)一般提供開始
Microsoftが「Windows 10」の春の大型アップデート「May 2020 Update」(コードネーム「20H1」、正式バージョン「2004」)の提供を開始した。ロールアウト方式のため、全対象ユーザーに行き渡るには数週間かかる見込み。(2020/5/28)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
音声アシスタント「Cortana」と連携する「LAVIE VEGA」を試して分かったこと
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回は、音声アシスタント「Cortana」を活用したNECパーソナルコンピュータのユニークなノートPC「LAVIE VEGA」を紹介する。(2020/4/28)

Tech TIPS:
【Windows 10】[ファイル名を指定して実行】ダイアログを素早く開く
アプリや設定機能を呼び出す際、コマンド名が分かっているのであれば、[スタート]メニューをたどるよりも[ファイル名を指定して実行]ダイアログを使って起動する方が楽なことがある。特にオプションを付けて、アプリを起動したいような場合だ。そこで、[ファイル名を指定して実行]ダイアログを開く方法を紹介する。(2020/4/23)

Windows 10 The Latest:
【Windows 10開発動向】2020年春の機能アップデート「20H1」はこうなる
2020年春(5月ごろ)に配布開始予定のWindows 10の機能アップデート「20H1」で提供される機能がほぼ固まった。そこで、20H1がどのようなものになるのかまとめてみた。(2020/3/26)

「Windows 10」の春のアップデート(20H1/2004)で「Cortana」の消費者向けスキルは終了
MicrosoftのAIアシスタント「Cortana」は、「Windows 10」の春のアップデートで「Microsoft 365」のプロダクティビティ機能が強化され、音楽再生やスマートホームなどの消費者向けスキルは使えなくなる。(2020/2/29)

Microsoft Teamsでアクセス障害、「気が楽になった」という声も挙がったその原因とは
「Microsoft Teams」でアクセスできなくなるトラブルが発生した。その原因とは、何だったのか。(2020/2/4)

全米再デビューのアイツが日本でも:
4K有機ELにOptane H10搭載の15.6型ノートPC「LAVIE VEGA」発売、インタフェースはUSB Type-Cのみ
NECパーソナルコンピュータは1月21日、「LAVIE」シリーズのフラッグシップモデル「LAVIE VEGA」を発表した。発売は2月20日で、価格は税別20万4800円〜となっている。(2020/1/21)

Tech TIPS:
【Windows 10】「付箋」アプリで予定忘れを防ぐ
Windows 10に標準装備されている「付箋」アプリを使うと、備忘録などをデスクトップに表示しておける。Microsoftアカウントでサインインすれば、スマートフォンと同期することも可能だ。その使い方を紹介しよう。(2020/1/6)

CES 2020:
Thunderbolt 3端子を備えた「VEGA」と全画面液晶の「All-In-One」を米国で発表――NECPCがLAVIEシリーズのフラッグシップモデル
NECパーソナルコンピュータは1月3日(現地時間)、同社の「LAVIE」シリーズのフラッグシップモデルを発表した。日本では後日発表予定としている。(2020/1/4)

Windows 10 The Latest:
Windows 10 2020年春の機能アップデート開発進捗まとめ(バージョンは2004に決定、他)
Windows 10 November 2019 Updateの一般提供開始に伴い「20H1」のプレビュー版のリングから「スキップ」が廃止された。また20H1のバージョンが「2004」になることが明らかにされた。(2019/11/29)

「Citrix Optimizer」「VMware OS Optimization Tool」を有効活用
「VDI最適化ツール」とは? 仮想デスクトップの性能向上とリソース削減を両立
VDIのパフォーマンス維持・向上とリソース使用量の削減を両立させたいなら、「Citrix Optimizer」「VMware OS Optimization Tool」などのVDI最適化ツールが役立つ。こうしたツールの機能と使い方を示す。(2019/11/20)

iOS・Android版「Cortana」アプリ、1月31日にサポート終了(少なくとも英加豪で)
Microsoftが2015年にリリースしたiOSおよびAndroid版「Cortana」のサポートが、少なくとも英、加、豪で2020年1月31日に終了する。Cortanaを「Microsoft 365」に統合する取り組みの一環と、これらの国のサポートページで説明している。(2019/11/17)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(60):
Windows 7のサポート終了最終案内、レガシーサーバの見落としはありませんか?
「2020年1月14日のWindows 7の延長サポート終了」が目前に迫りました。後継バージョンに移行できない事情は各種あると思いますが、Windows 7をまだ利用中の場合は、その事情を踏まえて何らかの対応が必要です。今回はあらためてサポート終了を周知するとともに、同時期に延長サポート終了を迎えるサーバ製品についても触れます。(2019/10/29)

Google、元MicrosoftのOfficeとCortana責任者をG Suiteトップとして採用
Googleが、MicrosoftでOutlook、Office、Cortanaの担当副社長を歴任したハビエル・ソルテロ氏をオフィススイート「G Suite」の責任者に迎えた。MicrosoftではOutlookのモバイル版や企業向け「Cortana Skills Kit」などを手掛けた。(2019/10/22)

Windows 10 The Latest:
Windows 10 Homeではダメですか? HomeとProの機能の違いを整理する
Windows 10には、サポートする機能の違いにより、複数のエディションが用意されている。一般に量販店やメーカーの直販サイトで購入できるPCは、Windows 10 HomeまたはProを選択することになる。両者はどのような点が異なっているのだろうか。本稿では、Windows 10 HomeとProの機能の違いを整理する。(2019/10/18)

山市良のうぃんどうず日記(165):
Windows 10 ProとPro Educationの境界線は……
Windows 10 Pro Educationは、企業向けのWindows 10 Proをベースに作成された、教育機関向けのエディションです。Windows 10 バージョン1607で初めて登場したときは、Cortanaが既定で無効になっているなど、Proエディションとの明確な違いがありましたが、バージョン1703でCortanaが有効化され、これらの違いが分かりにくくなりました。この2つのエディションの違いを、Windows 10 バージョン1903で徹底比較してみました。(2019/11/6)

Microsoftの無線イヤフォン「Surface Earbuds」はパワポ操作もできて249ドル
MicrosoftがSurfaceの新製品発表イベントで、無線イヤフォン「Surface Earbuds」を発表した。今年のホリデーシーズンに249ドルで発売する。Windows、Android、iOS端末と接続でき、音声とイヤパッドのタップやスワイプで操作する。(2019/10/3)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(145):
Windows 10に潜む、変な日本語
いま日本では、急増する外国人観光客向けにさまざまな言語に対応した案内表示が増えています。その中に「この先の段差に注意」が「この先の格差社会に注意」という意味の変な中国語になっていて話題になっているというニュースを見ました。Windowsは多言語対応をうたっていますが、皆さん、使っていて変な日本語に出会ったことはありませんか。(2019/10/2)

Windowsフロントライン:
新型Surface登場? Microsoft CEOも登場する10月2日のイベントでは何が発表されるのか
米Microsoftが、10月2日(現地時間)にニューヨークで新製品発表イベントを開催する。そこで登場するのは何か。周辺情報を踏まえた上で予測してみよう。(2019/10/1)

「Googleアシスタント」でMicrosoftの「Xbox One」操作が可能に(まずは英語版で)
Microsoftの「Xbox One」を英語版の「Googleアシスタント」で操作できるようになった。まだβ版だが、年内にサポート言語が増える見込み。Google Homeやホームアプリに「ヘイGoogle、XboxでGear 5をプレイ」などと命令できる。(2019/9/27)

Windows 10 The Latest:
【次期Windows 10】WSL 2がついにNTFSのジャンクション/シンボリックリンクに対応
Windows 10の次期機能アップデート「19H2」がそろそろ公開に向けて最終フェーズに入りつつある。また、2020年春リリース予定の「20H1」も着々と機能更新が行われ、WSL 2がNTFSのジャンクションやシンボリックリンクに対応した。(2019/9/27)

AMDのトレーナーも参戦:
宮崎のデル組み立て教室史上初のAMDプロセッサ搭載モデル、無事に起動した?
2019年9月7日、デルテクノロジーズの宮崎カスタマセンターで毎年恒例のPC組み立て教室が開催された。12回目にして、初のAMDプロセッサ搭載モデルを利用することになった教室の模様をお届けする。(2019/9/9)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIが声からウソを見抜く 劇的に進化する音声認識が変える世界
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「音声認識」について。(2019/9/9)

Windowsフロントライン:
Windows 7の延長サポート終了に向けて気になる動き Cortanaの行く先は?
Microsoftの最新動向をウォッチする本連載。延長サポート終了を迎えるWindows 7関連や音声アシスタント「Cortana」、そしてMRデバイス「Hololens 2」の動向を見ていく。(2019/9/5)

リーガルテックの時代
「AI」が変える弁護士業務、法律業界で進む研究の現状は?
法律事務所へのAI技術の導入によって、価値が低く時間のかかるパラリーガル業務の削減に効果があった。実働時間に応じた請求書の発行から特許情報データのマイニングまで、適用業務は幅広い。(2019/9/5)

「音声アシスタント」が“盗聴”
「Alexa」「Googleアシスタント」「Siri」の録音は人が聞いていた
Amazon.com、Google、Appleはそれぞれの音声アシスタントが収集した音声データを請負業者が聞いていることを明らかにした。ただしそれがどんな頻度なのか、どの程度の量を対象とするのかは不明だ。(2019/9/3)

Tech TIPS:
【Windows 10】タイムラインを無効化して、作業履歴からの情報漏えいを防ぐ
Windows 10にはWebブラウザの閲覧履歴やOfficeアプリなどの作業履歴を保存し、時系列で閲覧できる「タイムライン」という機能が実装されている。過去の作業に簡単に戻れて便利な半面、他人に見られると作業内容などが簡単に把握されてしまう危険性もある。そこで、タイムラインを無効化する方法を紹介する。(2019/8/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。