ニュース
» 2010年08月25日 17時01分 UPDATE

就業時間外にPCの管理作業を代行、大塚商会がサービス立ち上げ

大塚商会は、ユーザーが利用しない時間帯にPCの管理作業を代行するサービスを開始する。ユーザーが仕事に専念できるよう支援するのが狙いだ。

[國谷武史,ITmedia]

 大塚商会は、企業でのPCの設定、アップデート、バックアップの各作業を就業時間外に代行する新サービスを9月1日から開始すると発表した。従来はユーザーが就業時間中に行っていたこれらの作業を同社が代行することで、本来の業務に集中できるよう支援する。

 新サービスは、インテルのPC管理技術「vPro」を搭載したPCで利用できる。vProはPCの電源管理や設定を遠隔からできるのが特徴で、大塚商会ではvProを使用したサービスメニューとして、「インテル vPro テクノロジー対応端末設定サービス」「Over Time(就業時間外)アップデート サーバパック for QND」「Over Time(就業時間外)クライアントバックアップ サーバパック for Secure Back」を用意する。

 インテル vPro テクノロジー対応端末設定サービスは、PCでアプリケーションの仕様に合わせたPCのBIOS設定や、vProの機能の有効化、ネットワークおよびパスワードの設定を行う。価格はPC1台当たり1万円(税別)となる。Over Time(就業時間外)アップデート サーバパック for QNDは、インテル vPro テクノロジー対応端末設定サービスの内容に加え、クオリティソフトのクライアント管理ツール「QND Plus」を使用してセキュリティアップデートを行う。価格は10ライセンス当たり182万1700円(同)となる。

 Over Time(就業時間外)クライアントバックアップ サーバパック for Secure Backは、インテル vPro テクノロジー対応端末設定サービスの内容に加えて、アール・アイのSecure Back 3 Lite Editionを使用してPCのバックアップを行う。同メニューのみ提供開始時期が年内となる。価格は5ライセンス当たり94万4000円(同)。

 同社は今後、新メニューの追加を予定しているという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ