ニュース
» 2010年09月09日 15時16分 UPDATE

Google、週当たりの検索ユーザー数が10億人を超えたと発表

「Google Instant」を紹介するイベントで、同社副社長のマリッサ・マイヤー氏が、Google検索を利用するユーザー数が週当たり10億人を超えたと発表した。また、モバイル版と日本語版を向こう数カ月以内に公開すると語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月8日、サンフランシスコの近代美術館において、Google検索の新機能「Google Instant」を披露するイベントを開催した。

instant demo 1

 同社で検索製品およびユーザーエクスペリエンス担当副社長を務めるマリッサ・マイヤー氏がイベントの冒頭で、Google検索のユーザー数が、週当たりで10億人を超えたと発表した。同氏は、Google Instantを利用することで、ユーザー全体が検索に費やす時間を年間で3億5000万時間削減できると語った。

instant demo 2

 

 マイヤー氏によるGoogle Instantの概要説明に続いて、プロダクトマネジメントディレクターのヨハンナ・ライト氏とソフトウェアエンジニアのオサー・ハンソン氏によるデモが行われた。2人はユーザーの位置情報や検索履歴を反映した検索結果がリアルタイムで表示される様子を紹介。数カ月後に公開を予定しているモバイル版も、米Motorola製Droid 2で操作して見せた。

 instant demo 3

 イベントの最後には質疑応答の時間が設けられ、Googleの共同創業者で技術部門担当社長のサーゲイ・ブリン氏も登場した。AdWordsへの影響(影響はないという回答)やSEOへの影響(ランキングに変化はないが長期的には検索の形態が変化する可能性はあるという回答)などに関する質問が投げられた。モバイル版および日本と中国での公開の予定についての質問に対しては、それぞれ向こう数カ月以内という回答だった。

 約1時間半にわたるイベントは、Googleの公式YouTubeサイトで視聴できる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -