ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ユーザーエクスペリエンス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「RHEL」「Ubuntu」を比較【前編】
Linuxディストリビューションの二大巨頭「RHEL」「Ubuntu」の違いは?
Linuxディストリビューションを選ぶ前には、幾つか把握しておかなければならないポイントがある。代表的な「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)と「Ubuntu」の違いを整理する。(2020/1/24)

アプリケーションの高速開発を支援:
PR:「Microsoft Power Platform」はなぜSIerにビジネスメリットを生み出すのか
業務改善やビジネス拡大のために迅速にアプリケーションを開発したいという顧客が増えてきた。SIerは、適切な製品があれば顧客のニーズを満たすソリューションを提供できる。有力SIerが注目する「Microsoft Power Platform」の魅力とは?(2020/1/23)

VRニュース:
パナソニックが自動車HMI設計にVRシミュレーターを活用、仕様変更件数を3割削減
パナソニック オートモティブ社は、自動車用コックピットのHMI(Human Machine Interface)の検証作業を効率化するために開発したVR(仮想現実)シミュレーターを披露。自動車メーカー向けのHMI設計で仕様変更件数を約30%削減するなどの効果が得られたという。(2020/1/21)

Dell Technologiesデータ保護調査結果レポート:
PR:データロスで顧客を失う? IoT時代に必要なデータ保護対策は
グローバルおよび国内でのユーザー調査から見たデータ保護の実態とは。また、そのための解決策とは。第三者機関による調査結果によってその実力とともに紹介する。(2020/1/21)

セミナー:
PR:IIoT活用&制御セキュリティ対策セミナー
(2020/1/20)

5Gのキラーアプリを考えても意味がない? 企業は5Gとどう向き合うべきか
2020年春に日本で「5G」の商用サービスが開始するが、「結局5Gで何が変わるのか」「5Gをどうビジネスに生かすのか」といった、漠然とした疑問や不安を抱いている人も多いだろう。そのヒントを、イベント「5Gでビジネスはどう変わるのか」で探ってきた。(2020/1/17)

マネージドサービスで学ぶKubernetes入門(2):
EKSで構築したKubernetesクラスタにアプリケーションをデプロイする
本連載では、AWSが提供するマネージドKubernetesサービスの「EKS」を用いてアプリケーションを公開する方法を紹介。第2回目はEKSで構築したクラスタにアプリケーションをデプロイする方法について。(2020/1/21)

エンタープライズの特性を踏まえたスクラムのアレンジは正義:
SOMPOの実例に学ぶ、大企業がアジャイル/スクラム、マイクロサービス、コンテナを導入する際の最適解
社会のあらゆる領域で「デジタル化」が進む現在、企業には、社会状況や消費者動向の急速な変化に、デジタル技術を武器としてビジネスを迅速に対応させる「デジタルトランスフォーメーション」(DX)への取り組みが求められている。アイティメディアが、2019年12月11日に開催したセミナー「ITmedia DX Summit 2019年冬・PaaS編」の基調講演では、SOMPOホールディングス デジタル戦略部の西野大介氏が、エンタープライズに「アジャイル」「マイクロサービス」「コンテナ」といった新たな手法や技術を取り入れ、DXを推進していく際のポイントについて、自社での事例を交えつつ紹介した。(2020/1/15)

Versa Networksの共同創業者兼開発責任者に聞いた:
SD-WANの2020年はどうなる? 「米国でもハイブリッドWAN時代は終わり」
日本と異なり、米国ではSD-WANの普及が主に「ハイブリッドWAN」ニーズによって進んできたとされる。だが、Cisco SystemsやVersa Networksは、米国でもハイブリッドWANはもはや主なSD-WANの推進要因ではないと言う。Versa Networksの共同創業者の一人であるクマール・メータ氏に、主に米国でのSD-WANの市場動向と同社の対応を聞いた。(2020/1/10)

Webサイトの通知許可リクエストは“ユーザーにとって迷惑”? Google ChromeやMozilla Firefoxがブロックへ
Googleは通知許可のリクエスト表示を目立ちにくくした新しいユーザーインタフェース(UI)を「Chrome 80」から導入する(2020/1/9)

組み込み開発ニュース:
ローエンドデバイスにスマホのようなユーザー体験をもたらすグラフィックスツール
The Qt Companyは、MCU上でUIを開発できるグラフィックスツールキット「Qt for MCUs 1.0」を発表した。コネクテッドカー、ウェアラブルデバイス、産業・医療分野向けに、安価で直感性や操作性に優れたアプリケーションが開発できる。(2020/1/8)

Computer Weekly製品ガイド
人材管理:人事部門のリクルート最新事情
人事部に対して個々に合わせたサービスを求める従業員の期待が強まる中、アジア太平洋地域では従業員を採用し、関係を強め、つなぎ留める目的でHCMソフトウェアを導入する企業が増えている。(2020/1/8)

規制当局の承認後、製品が続々登場:
6GHz帯を使う「Wi-Fi 6」として「Wi-Fi 6E」規格が登場
Wi-Fi Allianceは、6GHz周波数帯に対応する「Wi-Fi 6」デバイスを指す新規格「Wi-Fi 6E」を発表した。従来のWi-Fi 6を拡張した形だ。(2020/1/7)

CES2020:
中国発の超大画面インフォテインメント、アプリ開発者向けプラットフォームを公開
中国の電気自動車(EV)ベンチャーBYTONは2020年1月5日(現地時間)、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2020」(2020年1月7〜10日、米国ネバダ州ラスベガス)のプレスカンファレンスにおいて、2020年から量産を開始するSUVタイプのEV「M-BYTE」を北米で初披露した。北米での販売価格は4万5000ドル(約486万円)を予定している。BYTONは日産自動車やBMWのOBが立ち上げた。(2020/1/7)

2016年から存在
「Firefox」が操作不能になる脆弱性 ダイアログが“無限”に出現
「Firefox」を操作できなくなる脆弱性が、2019年11月に報告された。この脆弱性は過去に修正が試みられたにもかかわらず、これを悪用した攻撃が引き続き発生しているという。それはなぜなのか。(2019/12/28)

Webに欠けた技術は何か:
「なぜWebブラウザ間には互換性がないのか」、Mozillaが開発者ニーズをレポート
Mozillaは、世界のWebデザイナーと開発者を対象とした年次ニーズ調査「The MDN Web Developer Needs Assessment(DNA)」の第1回目を実施、レポートを公開した。例えば、米国や中国、インド、ブラジル、フランス、日本、ロシアのWeb開発者が一致して、Webブラウザの互換性維持を仕事の中で最も不満の多い部分だと評価していることが分かった。この他、Webに欠けている技術も分かった。(2019/12/27)

Adjust共同創業者が特別寄稿:
2020年のモバイルマーケティング、成功に向けた4つの提言
モバイルファーストの流れがますます加速する2020年、マーケターが自社のビジネスを成功に導く上で心得ておくべきことをエキスパートがまとめた。(2019/12/26)

CADニュース:
操作性に優れ、より高性能になったプリント基板CADを発表
Altiumは、操作性に優れ、性能をさらに向上したプリント基板CAD「Altium Designer 20」を発表した。複雑なHDI基板の配線ができる「push&shove」機能を新たに搭載し、ユーザーの声を反映して200以上の機能が強化されている。(2019/12/24)

オッポジャパンが「5Gスマホ」投入意向を表明 2020年以降の「6つの取り組み」の1つとして
オッポジャパンが、2019年の振り返りと2020年以降の展望を報道関係者に説明。その中で、同社のトウ・ウシン社長が「5Gスマホ」の国内投入を表明したが、具体的な予定については言及がなかった。(2019/12/20)

「セキュアコンテナ」で安全性を確保
IEやEdgeのセキュリティ機能「Application Guard」のOffice 365版はどうなる?
Microsoftは「Internet Explorer」「Microsoft Edge」向けに提供しているセキュリティ機能「Microsoft Defender Application Guard」と同様の機能を、「Office 365」向けにも提供する計画だ。その詳細とは。(2019/12/19)

ガートナーが「日本におけるポストモダンERPのハイプ・サイクル:2019年」を発表
ガートナー ジャパンは「日本におけるポストモダンERPのハイプ・サイクル:2019年」を発表した。同社は、ポストモダンERPやEBCへのロードマップも意識した、長期的なERP戦略を立案することが重要だとしている。(2019/12/19)

車載ソフトウェア:
車載ソフトウェア開発を容易に、TRI-AD独自の開発プラットフォーム「Arene」
トヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)は2019年12月17日、東京都内の新オフィスの全エリアが本格稼働したと発表した。これに合わせて、報道向けに社内の一部を公開。同社独自の開発プラットフォーム「Arene(アリーン)」を使って、自動運転車のコックピットの開発とテストが簡単に連携する様子などを披露した。(2019/12/18)

契約マネジメントという考え方:
事業の全ては契約でできている――弁護士出身の注目ベンチャーCEOが語る「リーガルテック」最前線
法務とテクノロジーをかけ合わせてソリューションを提供する「リーガルテック」が広がり始めている。契約マネジメントシステムを提供する新興企業、Holmesの創業者で代表取締役の笹原氏に話を聞いた。(2019/12/18)

FinTechを読み解く:
「シリコンバレー・イズ・カミング」から始まったフィンテック マネーフォワード瀧氏に聞く
すっかり日本でも定着したフィンテック(FinTech)という言葉。これは、どのようにして始まり、どんな文脈の中で動いているのか。金融庁の「フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議」メンバーでもある、マネーフォワードの瀧俊雄取締役に、フィンテックの潮流を聞いた。(2019/12/17)

スマートフォン市場の先を読む【後編】
iPhone、Androidの支給機種は社員のステータスを示す? スマホ選びのおきて
企業における従業員用スマートフォンの購入は、市場動向を見て判断する必要がある。それぞれの用途に適した機種を選ぶことが重要だ。選定の勘所とは。(2019/12/15)

“ビーマニ”がeスポーツ化 プロテスト合格者でチーム対抗戦 20年5月から
コナミアミューズメントが「beatmania IIDX」をeスポーツ化。プロリーグ 「BEMANI PRO LEAGUE」を2020年5月から始める。追ってプロテストを開催し、合格者のみで4人1組のチーム戦を行う。(2019/12/13)

意思決定者としてのAI【後編】
「AI」による意思決定、課題は働き手からの信頼
ビジネスプロセスの意思決定にAI技術を活用することについて、働き手は警戒している。どうすれば信頼を得ることができるか。専門家が解説する。(2019/12/10)

組み込み開発ニュース:
普及価格のデバイスにもAIを、Armの新たなプロセッサIP
アームは2019年12月6日、東京都内で記者説明会を開き、メインストリーム向けプロセッサIP(Intellectual Property)の最新動向を解説した。機械学習や美麗なグラフィックスによる高品位なユーザー体験の提供を、普及価格帯のモバイルデバイスや民生機器にも拡大するという。(2019/12/9)

マネージドサービスで始めるKubernetes入門(1):
Kubernetesを学ぶ意味とは――AWS EKSでクラスタを構築してみよう
本連載では、AWSが提供するマネージドKubernetesサービスの「EKS」を用いてアプリケーションを公開する方法を紹介。第1回目は、いまからKubernetesを学ぶ意味と、AWS EKSでクラスタを構築する方法について。(2019/12/10)

クラウドサービスにはないメリットを確認
「DaaS」よりも「オンプレミスVDI」を選ぶべき5つの根拠
DaaS市場は急速に成長しているが、用途によってはオンプレミスのVDIの方が適している場合がある。オンプレミスVDIがDaaSよりも優れている5つの点を説明する。(2019/12/6)

AWS re:Invent 2019:
AWSは「分散クラウド」も提供できる、「ローカルゾーン」がロサンゼルスから始まる理由
Amazon Web Services(AWS)が2019年12月3日(米国時間)に発表した「AWS Local Zones」は、AWSのサービス提供における新たな粒度だ。これがどう増えるのかは未知数だが、例えば数年後、AWSが世界中で数百の拠点を持つ「分散クラウド」になっている可能性はゼロではない。(2019/12/5)

5G SoC「Dimensity 1000」を発表:
MediaTek、ノートPC向け5GモデムでIntelと協業
MediaTekは、新しい製品シリーズとして、スマートフォン向け5G対応チップ「Dimensity 1000」を発表した。さらに、Intelとの間で業務提携を結び、ノートPC向けに5Gモデムを提供していく予定であることを明らかにした。(2019/12/4)

意思決定者としてのAI【前編】
小売大手の事例に学ぶ、ビジネスの意思決定を「AI」に委ねるメリット
小売大手のWalmartが、ビジネスプロセスの意思決定にAI(人工知能)技術を利用しようとしている。同社の取り組みを見てみよう。(2019/12/3)

クラウドを生かすモダナイゼーション【後編】
保険会社がレガシーアプリのモダナイゼーションになぜ「EA」を使うのか?
クラウドを利用したアプリケーションのモダナイゼーションを進める保険会社Helvetia Insuranceは、エンタープライズアーキテクチャ(EA)ツールを活用している。なぜEAツールを活用するのか。得られた効果とは。(2019/12/3)

PR:楽天だからこそ活かせるスタートアップマインドとは? 「ラクマ」に聞く
楽天の「ラクマ」は、年率で2ケタ以上の成長を続けているフリマサービスだ。ラクマは3年前に楽天が買収したフリルと統合したことで、その存在感をより強く示してきた。ラクマの開発チームは、スタートアップのカルチャーと、楽天の社風をどう組み合わせて、最適なパフォーマンスを生み出す組織を作り上げたのか。優秀な人材が活躍できる風土とはどんなものなのか。(2019/12/11)

Computer Weekly製品ガイド
コミュニケーションのためのソーシャルツール選定と社内展開の勘所
ソーシャルツールはコラボレーションの向上につながり得る。ただしスタッフをメッセージ漬けにしてはいけない。(2019/11/28)

スマートファクトリー:
オムロンが描いたデジタル化による“リアルな”製造現場への価値とは
MONOistはダッソー・システムズ DELMIAブランドと共に2019年11月7日、「現場改革の実践例から学ぶ! 製造デジタル変革が実現する持続可能な未来像」をテーマにセミナーを開催した。本稿では基調講演に登壇したオムロン インダストリアルオートメーションビジネスカンパニー 企画室 IoTプロジェクト 谷慶之氏の講演「オムロンが推進する最もリアルなデータドリブンの製造現場」の内容を中心に、セミナーの内容をお伝えする。(2019/11/26)

特集:マイクロサービス入門(3):
創業時はJava 1.3、JDBC、JSPで構築――ECサイト「Oisix」がマイクロサービス化を進めたワケ
特集「マイクロサービス入門」の第3回目は、マイクロサービス化を実現したECサイト「Oisix」がどのような環境でサービスを提供していて、どういった課題を抱えた中でマイクロサービス化を選択したのか、オイシックス・ラ・大地でシステム本部シニアアーキテクトの小林弘明氏が紹介します。(2019/11/25)

Microsoftの無線イヤフォン「Surface Earbuds」、発売が来春に延期
Microsoftがホリデーシーズンに予定していた無線イヤフォン「Surface Earbus」の発売を来春に延期した。「最高のユーザー体験を提供するため」とパノス・パネイCPOがツイートで発表した。(2019/11/22)

GitHub Universe 2019(2):
「GitHub for mobileとGitHub Actionsは、開発者の日常を変える最強の組み合わせ」
GitHubは、2019年11月にサンフランシスコで開催した年次イベント「GitHub Universe 2019」で、「あらゆる開発者にとっての『家』」というメッセージを示した。その具体的な意味は、今回のイベントを機に、大きく変わろうとしている。(2019/11/22)

T-Mallやアリペイを生んだ:
“中国最強のIT企業”アリババの原点 トップから社員まで「人気キャラの名前」で呼び合う謎文化
T-Mallやアリペイを生んだ中国の巨大IT、アリババ。その原点にあるのが「トップも社員もあだ名で呼び合う文化」だという。中国屈指のエコノミストである筆者が迫る。(2019/11/25)

SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2019:
CASE時代に向けて開発スピード10倍を目指すデンソー、試作/図面レスへの挑戦
デンソーは「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2019 東京」において、「3次元設計データの徹底活用 〜試作・図面レス化の成果と課題」をテーマに講演を行った。「開発スピード10倍」の達成に向け、試作レス/図面レスにどう取り組んでいるのか?(2019/11/21)

これからの時代に必要な「デザイン経営」:
日本企業のイノベーションを支える気鋭のデザインエンジニアが語る「”BTC型人材”のつくり方」
トヨタ、メルカリ、日経新聞……。日本企業のイノベーションをデザインで支えてきた気鋭のデザインエンジニアTakramの田川欣哉氏が「”BTC型人材”のつくり方」を語る。(2019/11/20)

今後1年間の変化にも言及:
ヤフーとLINEが経営統合 その“切実な動機”と法人向けサービスへの影響は?
ZホールディングスとLINEは、2019年12月をめどに、法的拘束力のある資本提携に関する最終契約の締結を目指す。マーケティング事業や集客、新規事業開発などで、経営統合による相乗効果を図るというが、競合関係にあるサービスや、多数の自治体や企業に展開するサービスの行方はどうなるのか。(2019/11/19)

ヤフーとLINE、統合の裏に「GAFAに負けっぱなし」への危機感 世界で勝つ戦略とは?
ヤフー親会社のZホールディングスとLINEが経営統合について基本合意した。両社は11月18日に記者会見を開き、川邊・出澤両社長が詳細を説明した。経営統合には、「GAFA」「BAT」と呼ばれる米中のIT大手が発展し続け、日本企業が後塵を拝している状況を変える狙いがあるという。(2019/11/19)

ヤフーとLINEはなぜ提携したのか? 2トップの川邊氏と出澤氏が語る
既報の通り、11月18日に、ヤフーを子会社に持つZホールディングス(ZHD)とLINEが経営統合の基本合意を発表した。統合の背景には、強力な海外勢に対する強い危機感があった。お互いの弱い分野を補うことで、世界をリードする“AIテックカンパニー”を目指す。(2019/11/18)

「第三極」になれるか:
【一問一答】ヤフーとLINE、米中IT巨大化への危機感 スマホ決済サービスはどうなる?
ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)とLINEが経営統合を発表。11月18日、ZHDの川邊健太郎社長とLINEの出澤剛社長が経営統合に至った経緯や今後の方針について語った。(2019/11/18)

「ひ孫会社」まで登場 ヤフーとLINE、複雑すぎる経営統合の図式
(2019/11/18)

ヤフーとLINE、経営統合へ 記者会見の一問一答まとめ
ZホールディングスとLINEが、経営統合について基本合意。記者会見の質疑応答の模様をリアルタイムでお伝えする。(2019/11/18)

ヤフーとLINEの経営統合が正式発表 「世界をリードするAIテックカンパニー」目指す
11月18日、ヤフーの親会社であるZホールディングスとLINEが経営統合することを正式に発表した。マーケティング事業、集客、Fintech事業、新規事業におけるシナジー効果を両社は期待する。「日本・アジアから世界をリードするAIテックカンパニー」を目指すとしている。(2019/11/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。