ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ユーザーエクスペリエンス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

海外医療技術トレンド(109):
AI医療機器やGCP査察を巡る多国間連携と働き方改革、日本のPMDAの対応は
本連載第104回で米国、カナダ、英国のAI医療機器指導原則を取り上げたが、それと並行して国境を越えた規制監督業務DXの取り組みも進んでいる。(2024/7/12)

ワークスとIFSが戦略的業務提携 製造業のERPリプレース需要をねらう
重工業を中心にグローバル企業での導入実績が多いIFSが、日本市場での事業拡大に本腰を入れる。日本固有の商習慣への対応強化と販路拡大に向け、国内ベンダーとの協業も強化するという。(2024/7/11)

万能ではないからこそ:
たまにウソつく生成AIに「契約書管理」は無理? 「40年の歴史」持つ言語解析AIが再評価されるワケ
生成AIがビジネスの世界にもたらすインパクトは巨大であるものの、万能ではない。契約書関連の業務をデジタル化するリーガルテック市場では、旧来から磨き上げてきた技術が使われている。(2024/7/11)

AppleはAIで遅れていた?【前編】
「SiriのChatGPT連携」がAppleユーザーに落とす“暗い影”
AppleはmacOSやiOSに関する大きな変更を幾つか発表した。その一つが、音声アシスタント「Siri」と「ChatGPT」の連携だ。これはApple製品の進化ではあるが、単純に良いことばかりではない事情もある。(2024/7/11)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーション」&「A/Bテスト」ツール売れ筋TOP5(2024年7月)
今週は、パーソナライゼーション製品と「A/Bテスト」ツールの国内売れ筋各TOP5を紹介します。(2024/7/9)

設計者のためのインダストリアルデザイン入門(11):
なぜB2B製品にデザインが必要なのか? 競争優位性を高めるデザインの活用法
製品開発に従事する設計者を対象に、インダストリアルデザインの活用メリットと実践的な活用方法を学ぶ連載。今回は、これまであまり注目されてこなかったB2B製品におけるデザインに着目し、その効果や重要性、そして競争優位性向上のためのデザイン戦略について解説する。(2024/7/9)

サーバレスコンピューティングの基礎解説【第3回】
サーバ管理不要だけじゃない「サーバレスの利点」とは? 3つの例で解説
サーバレスコンピューティングのメリットは、単にインフラの運用管理が楽になるだけではない。そのメリットを、3つの活用例で解説する。(2024/7/8)

実装とテスト手法を解説:
ソフトウェアテストピラミッドを理解して実装するには
TechTargetは「ソフトウェアテストピラミッド」に関する記事を公開した。本稿では、各種テストの量に優先順位を付けるのにテストピラミッドを活用する方法を紹介する。(2024/7/5)

常にアジャイルが正しいとは限らない【後編】
アジャイルは無理でも「脱ウオーターフォール」ならできる“3つのステップ”
「ウオーターフォール」型開発から「アジャイル」型開発への移行を考える企業はある。だが、開発手法をいきなり切り替えるのは難しい。ウオーターフォール型開発の課題を解決する方法はあるのか。(2024/7/4)

SASEの最初の一歩は何か【後編】
「SD-WAN」が意外にも「5G」の採用を加速させたのはなぜか
テレワークが広がり、企業は従業員がどこにいても快適に利用できるネットワークを必要とするようになった。そうした中、「SD-WAN」から「5G」へと採用が加速したのはなぜなのか。(2024/7/3)

PR:便利なSaaSの“落とし穴” 「アカウント管理」の手間を解決する手法とは
SaaSの導入が進む一方で、増えるアカウントをどう管理するか考えあぐねてはいないだろうか。アカウント管理が難しい背景を解き明かした上で、注目の管理手法「ユーザープロビジョニング」について解説する。(2024/6/28)

無線LAN規格「Wi-Fi 6E」は“外”へ【後編】
「Wi-Fi 6E」はスポーツ観戦をどう変える? 野球スタジアムや陸上競技場で導入
Wi-Fi 6の拡張版であるWi-Fi 6Eによって、スポーツ観戦で無線LANの新たなユースケースが生まれている。どのように活用しているのか。(2024/7/2)

もう選択肢はWindows搭載PCだけじゃない【後編】
格安PC「Chromebook」でWindowsアプリが使える“2つの方法”
ChromebookにはWindows搭載PCよりも初期コストや運用負荷を抑えやすいという利点がある。Chromebookに移行しつつ、Microsoft OfficeのようなWindowsのアプリケーションを使い続ける方法を紹介しよう。(2024/6/29)

3つの分野で統合 サプライチェーンセキュリティ確保を支援:
JFrogとGitHubが提携を発表 コードとバイナリの管理を効率化、その具体策とは?
JFrogとGitHubは、新たなパートナーシップを締結したと発表した。ソースコードとバイナリの効率的な管理を実現し、ソフトウェアサプライチェーン全体の可視性を向上させるとしている。(2024/6/28)

グッドパッチとUXの話をしようか:
無印良品の「リユース商品」じわり人気 従来店舗とは異なるユーザー体験がカギ
リユース品に注目した「リユース消費」の人気がじわじわ高まっています。良品計画やスターバックス、ユニクロなども取り組んでいます。その中でも無印良品の「リユース商品」に注目して、その人気の兆しを分析していきます。(2024/6/28)

SEOタイムズ編集部が初心者向けにわかりやすく解説:
SEOに「被リンク」はもう意味がない? Google公式コメントや悪質な被リンクへの対処法を解説
「被リンクは今でもSEOに効果があるのか知りたい」「どのような被リンクであれば質が高いと言えるのか分からない」「悪質な被リンクを受けたらどのような対応が必要なのか知りたい」など、被リンクにまつわる疑問を解消します。(2024/6/28)

スポットワーク戦争:
メルカリとリクルートはタイミーの牙城を崩せない、これだけの理由
タイミーのスポットワーク事業にはさまざまな強みがある。追随する大手が苦戦するであろう理由を考察する。(2024/6/27)

2024年内に「Claude 3.5 Haiku」と「Claude 3.5 Opus」をリリース予定:
Anthropic、生成AI「Claude 3.5 Sonnet」を発表 推論速度は前世代上位モデルの2倍、図やグラフの解釈能力も向上
Anthropicは、同社の大規模言語モデルとして「これまでで最も高性能」とする「Claude 3.5 Sonnet」を発表した。(2024/6/27)

SASEの最初の一歩は何か【中編】
SASEを始めるなら必要なのは「SD-WAN」か、それとも「SSE」か
ネットワークとセキュリティの機能を集約したSASEは一朝一夕で実現するものではない。SASEを実現する最初の1歩として、企業は「SD-WAN」を選ぶのか。それとも「SSE」を選ぶのか。(2024/6/26)

ヤマハ、ライブ配信ソフトの「OBS」とスポンサー契約を締結 
ヤマハは6月25日、ライブ配信ソフトウェア「OBS Studio」を手掛けるオープンソースソースソフトウェアプロジェクト「OBS」(Open Broadcaster Software)とスポンサー契約を締結したと発表した。OBSとの技術交流を含むコラボレーションにより、ユーザー体験を向上させた製品・サービスの開発を進めるという。(2024/6/25)

マウスコンピューター初のChromebookの実力は? 「mouse Chromebook U1-DAU01GY-A」を試す
マウスコンピューターから、初めてのChromeOS搭載ノートPC「mouse Chromebook U1-DAU01GY-A」が発売された。次世代のGIGAスクール端末としての採用も視野に入れているという本機は、思った以上にしっかりと作り込まれている。実際に試してみよう。(2024/6/25)

AWS Summit Japan:
サイバー攻撃渦中のニコニコがAWSのイベントで講演 動画の配信基盤について解説、観客から拍手の一幕も
サイバー攻撃を受け、6月8日以降サービスを縮小中のニコニコがAWSのイベントで講演。AWSジャパンも、その様子を来場者向けにオンデマンド配信している。(2024/6/24)

AWS×キンドリルの協業が企業のAI活用にもたらすメリット:
PR:エンタープライズ品質のAIをクイックに実装、安定的な運用を維持するには
キンドリルがAWSを活用した産業別のクラウド活用支援を強化する。中でも注目したいのが、エンタープライズ品質での生成AI活用の取り組みだ。業界別にクイックにサービスを立ち上げられるという。(2024/6/24)

クラウドに潜む10大脆弱性【後編】
クラウド事故を招く「危険」の数々 ユーザーだけでは対策できない穴も……
クラウドサービスは、サイバー攻撃を受けたり停電や洪水などの要因で停止したりする可能性がある。数々の危険に対して、ユーザーが取り得る対策とは。(2024/6/20)

Perplexity 創業者CEOインタビュー:
「Google検索を脅かす」Perplexity、他の生成AIチャットbotとどう違うのかを聞いた
AI関連で大きな注目を集め、著名人からの投資を次々に獲得しているPerplexity AI。「Google検索を駆逐する」と表現されることもあるが、何を目指したどんなサービスなのか。来日した創業者CEOに、いろいろと聞いた。(2024/6/20)

6月18日に搭載PCが出荷開始:
「Copilot+ PC」なら最高のAI経験を得られる? リコールやコクリエイター機能を使ってみた
6月18日から、40TOPS以上のNPUを搭載する「Copilot+ PC」の出荷が始まる。それに先駆けて、日本マイクロソフトがCopilot+ PCの特徴的な機能を紹介するイベントを開催した。(2024/6/17)

AI検索「Perplexity(パープレ)」でできること ChatGPTやGoogle検索とは何が違う?
ソフトバンクは、米国のAIスタートアップであるPerplexityとの戦略的提携を発表した。携帯ユーザーに1年無料でProプランを提供する。将来的にはソフトバンク製LLMの採用も目指す。(2024/6/17)

グッドパッチとUXの話をしようか:
なぜ、キャラクター商品は目を引くのか? 裏にある2つのマーケティング手法
日本のキャラクタービジネスが急速に進化しているのをご存じでしょうか。「キャラクター買い」をも起こすほどの影響力を持っていますが、なぜ目にとまるのでしょうか? 裏にある2つのマーケティング手法を紹介します。(2024/6/14)

アプリストア独占など、巨大IT企業を規制する「スマホソフトウェア競争促進法」が成立 Appleの反応は
公正取引委員会が所管する「スマートフォンにおいて利用される特定ソフトウェアにかかわる競争の促進に関する法律案」が、6月12日の参議院本会議で可決・成立した。この法案可決に関して、Appleの広報に質問した。(2024/6/13)

DX運用のためのITIL 4(6):
ITIL 4を実践しサービスリリースを短縮するには? 「HVIT:ハイベロシティIT」を解説(後編)
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第6回は、ビジネス目標を達成するためにデジタル技術をどう活用すべきかのヒントとなる「HVIT」(ハイベロシティIT)を実践するための「カルチャ」と「技法」を解説する。(2024/6/12)

ジュニパーがAIOpsツールで「事前のトラブルシューティング」も、何が変わったか
Juniper Networksは、2024年に入ってネットワーク管理製品「Mist AI」の機能追加を相次いで発表した。その中で「事前のトラブルシューティング」も可能にしたという。具体的にはどういうことなのか。(2024/6/11)

製造マネジメントニュース:
パナソニック コネクトが進める事業の選択と集中 ブルーヨンダーは変革準備整う
パナソニックグループは事業戦略説明会を開催した。ここではパナソニック コネクトの説明パートを抜粋して紹介する。(2024/6/10)

COMPUTEX TAIPEI 2024:
Lunar Lake搭載の動くポータブルゲーミングPC「Claw 8 AI+」がお目見え! 台北で見た気になるミニPC
台湾の台北市で見本市「COMPUTEX TAIPEI 2024」が開催されている。さまざまな展示品の中で気になるミニPCやポータブルゲーミングPC、デスクトップPCを紹介しよう。(2024/6/7)

テストアプローチの基礎を築くには:
ポジティブテストとネガティブテストの違い
TechTargetは「ポジティブテストとネガティブテストの違い」に関する記事を公開した。ポジティブテストとネガティブテストについて詳しく述べ、一連の実例を用いて、両テストによって徹底したテストアプローチの基礎を築く方法を確認する。(2024/6/7)

結果を出す製造DX〜人を育ててモノの流れを改革する〜(5):
つながるだけでは不十分? 革新的な価値を生む「いいIoT」とは
モノづくりDXの重要性が叫ばれて久しいが、満足いく結果を出せた企業は多くない。本連載ではモノの流れに着目し、「現場力を高めるDX」実現に必要なプロセスを解説していく。第5回はIoTの中でも「オンプレIoT」と「デジタルネイティブIoT」の違いを解説したい。(2024/6/7)

PR:自分だけのPCを育成できる時代に突入!? 「AI PC」で生活やパソコン選びはどう変わる?
最近、世の中にAI(人工知能)が急速に普及している。そんな中、AI処理に特化したNPUを搭載する、いわゆる「AI PC」も増え始めた。そのメリットはどこにあり、どう選べばいいのだろうか。AI PC用のCPU「Core Ultra プロセッサー」を提供するインテルから受けた説明をもとに解説する。(2024/6/5)

SAPの第1四半期決算、クラウド事業が好調 成長の背景と見えてきた課題
SAPの2024年第1四半期のクラウド収益は成長を示し、顧客がクラウド移行やビジネスAI機能の実装を計画していることが分かる。しかし、課題も見えつつある。(2024/6/6)

既存のデータ資産を有効活用:
ビービット、UX分析・改善SaaS「USERGRAM」に「Google Analytics 4」データインポート機能を追加
既存のデータ資産を有効活用した費用対効果の高いUX向上を促進。(2024/6/5)

テレビ番組連動型のメタバースイベントも開催:
電通、テレビ朝日などと共同出資でメタバースのマーケティング活用事業を開始
新しい体験型エンターテインメントの提供やクリエイターエコノミーの機会創出、企業によるメタバースのマーケティング活用を支援するための共同出資事業を開始する。(2024/6/3)

「シリーズ 企業革新」日立編:
日立の「1兆円買収」が加速させた日本企業のDX 顧客との「真の協創」へ
日立が再成長を果たした裏側に迫る連載の第5回は、GlobalLogic Japanのデジタルエンジニアリングエバンジェリストの後藤恵美氏に日本市場での今後の展望を聞いた。(2024/5/31)

HashiCorpやコミュニティーとの関係に深く影響:
OpenTofuの「ブロック削除機能」「stateファイル暗号化」はなぜ注目されているのか
TechTargetは「OpenTofu 1.7β版」に関する記事を公開した。同バージョンではTerraformのコミュニティーが長い間求めていたブロック削除機能とクライアント側の状態(state)ファイルの暗号化がサポートされている。(2024/5/29)

越智岳人の注目スタートアップ(11):
穏やかなテクノロジーでスマートホーム市場を切り開くmui Lab
天然木の表面に情報が浮かび上がる、他の製品とは一線を画すユニークなスマートホームコントローラー「muiボード」を開発するスタートアップのmui Labに、これまでの歩みや事業の方向性、スマートホーム市場にかける意気込みを聞いた。(2024/5/28)

VMMやDPMなど全プロダクトを2025バージョンとしてリリース:
「System Center 2025」2024年秋に一般提供開始、セキュリティなど追加機能は?
Microsoftは「System Center」ファミリーの最新バージョン「System Center 2025」のリリース内容と提供開始時期を発表した。Windows Server 2025の管理サポートなどの機能が追加される。(2024/5/27)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIがGoogleメッセージを標準アプリとして採用へ――4000万人の+メッセージユーザーはハシゴを外されたのか
KDDIが、AndroidスマートフォンにおいてGoogleの「Googleメッセージ」をSMS/RCSアプリとして標準採用することを決めた。KDDIといえば、NTTドコモやソフトバンクと共通のRCSサービス「+メッセージ」を主導してきた立場なのだが、旗振り役がハシゴを外すという展開は、どうなのだろうか。(2024/5/26)

フォーム入力中のユーザーの離脱率を低減:
フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供していたEFO機能を正式版にアップデートした。フォーム入力中のユーザーの離脱を回避し、コンバージョンの改善が期待できる。(2024/5/24)

プロジェクトにとって最適な開発モデルを選ぶために:
ソフトウェア開発ライフサイクルにおける7つのステージ
ソフトウェア開発プロセスは、7つの個別ステージに分けることができる。本稿では、ソフトウェア開発ライフサイクルの各ステージにアプローチする方法を説明する。(2024/5/24)

HONOR、GoogleのAI「Gemini」と「Imagen 2」を搭載へ Samsungに続き
中国HONORは、米Google Cloudと提携し、次世代AI体験を提供すると発表した。韓国Samsungと同様、スマートフォンに「Gemini」と「Imgen 2」を搭載する計画だ。(2024/5/23)

石川温はスマホ業界新聞:
NTTドコモ、前田義晃副社長が社長に昇格――ユーザー視点での事業運営を進め、通信品質への不満解決を誓う
NTTドコモが経営陣の新人事を発表した。注目は、現在の井伊直之社長の後継として、社長に就任する前田義晃副社長だ。ドコモとしては初めての「NTT出身“ではない”社長」として注目を集めている。今後、どのようなかじ取りをしていくのだろうか。(2024/5/19)

ソフトウェア開発チームの行動をビジネス目標につなげていく計画手法:
ソフトウェア開発に「インパクトマッピング」を適用する方法
インパクトマッピングは、関係者全員の共通理解を生み出すことで、ソフトウェア開発ライフサイクルの柔軟性を高める手法を指す。インパクトマッピングをソフトウェアプロジェクトに適用する方法を解説する。(2024/5/17)

Gartner Insights Pickup(351):
プラットフォームエンジニアリングの現状と今後
モダンなソフトウェアアーキテクチャの多くは、他のチームやクラウドプロバイダーによって構築された複雑な分散システムのため、開発と運用が交わる領域で問題を引き起こす。この問題に対する新しい解決策が、プラットフォームエンジニアリングだ。本稿では、プラットフォームの4つの特性と現状、今後の展望について紹介する。(2024/5/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。