ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ユーザーエクスペリエンス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

連邦議会議事堂襲撃事件から見える「SNSの時代」を総括する SNSから締め出せばそれでいいのか?
以前から指摘されていた「エコーチャンバー」効果が最悪の結果をもたらした。その問題を考える。(2021/1/13)

PR:変革期を迎える朝日新聞社のDX戦略 フリーランスエンジニアの採用に活路
(2021/1/13)

Digi-Key Electronics デジタルビジネス部門 EVP Jim Ricciardelli氏:
PR:コロナ禍で従業員が団結、“追い風が吹く半導体業界”を260万点以上もの常時在庫で徹底支援
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックにも負けず、堅調な2020年となった米大手ディストリビューターのDigi-Key Electronics(以下、Digi-Key)。2021年には、拡張工事を行っていた倉庫が完成し、より一層、品種や在庫の増強に投資する。デジタルビジネス部門のエグゼクティブバイスプレジデント(EVP)を務めるJim Ricciardelli氏に、2021年の市況や戦略を聞いた。(2021/1/13)

Weekly Memo:
2021年、DXを支える注目のベンダーは? 急成長中の4社を紹介
2021年、企業のDXを支援するベンダーのうち、特に注目すべきベンダーはどこか。筆者が注目するのは、自社だけでなく他社と連携したエコシステムを広げることで台頭する4社だ。それぞれの興味深いポイントを紹介する。(2021/1/12)

企業ユーザーに贈るWindows 10への乗り換え案内(91):
2021年にサポートが終了するMicrosoft製品まとめ
前回(第90回)は、Windows 10とMicrosoft Office製品について、2021年以降のサポートライフサイクルを再確認しました。今回は視点を変えて、2021年内にサポートが終了するMicrosoftの製品/技術についてまとめます。(2021/1/12)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
圧倒的に正しいEV登場
トヨタ自動車は2020年12月25日に、超小型モビリティEV車、「C+pod」(シーポッド)を、法人と自治体を対象に限定して発売した。価格は2グレード構成で165万円と171万6000円(それぞれ税込み)。(2021/1/11)

「eKYC」「2要素認証」「2段階認証」は万全? スマホ決済や携帯のセキュリティ対策をおさらい
2020年に銀行口座からキャッシュレス決済事業者への不正出金が一斉に判明した問題で、銀行や決済サービス事業者がセキュリティ対策を強化した。その中で、頻繁に話題に出てくるのが「2要素認証」と「2段階認証」、そして「eKYC」だ。不正へのセキュリティ対策として、万全ではないし唯一の解でもないが、各社が採用を進めるこれらの技術についてまとめた。(2021/1/8)

モバイルdeワークスタイル変革:
いろいろあった2020年 モバイル/PCを駆使するライターの働き方はどう変わったか?
働き方改革に加えて新型コロナウイルスの影響でテレワークシフトが進んだ2020年。元々テレワークとの親和性の高いフリーライターである筆者にも、働き方に変化が生まれた。その一端を紹介したい。(2020/12/31)

YSL「#YSLロックシャイン」キャンペーンなど:
「TikTok For Business」の2020年 コロナ禍のブランド体験はどう変わったか
「TikTok For Business」として展開するTikTokの広告ビジネスの現状とこれからについて担当者に聞いた。(2020/12/28)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
2020年最も読まれた記事
年内最終号は恒例の今年最も読まれた記事。ひとまずトップ5を並べてみよう。2位を除けば全部トヨタ絡みである。前代未聞のコロナ禍に見舞われた2020年は、自動車販売が壊滅的打撃を受けても全くおかしくない一年だったが、そうしたタイミングで、トヨタが10年以上をかけて進めてきたTNGA改革が花開き、自動車販売全体の落ち込みを救った年だったともいえる。(2020/12/28)

マネージドサービスの利用者に影響あり:
「Kubernetes v1.20」からコンテナランタイムとしての「Docker」が非推奨に
Kubernetesプロジェクトは最新版の「Kubernetes v1.20」から、コンテナランタイムとしての「Docker」が非推奨となることについて、公式ブログで解説した。(2020/12/24)

組み込み開発ニュース:
「Qt」がメジャーバージョンアップ、「Qt 6.0」を発表
The Qt Companyは、ソフトウェア開発プラットフォーム「Qt」のメジャーバージョン「Qt 6.0」を発表した。将来の統一基盤となるよう、生産性を向上するツールやAPIの搭載、プログラミング言語の改善など、再構築がなされている。(2020/12/23)

ソフトバンクの料金プラン刷新で何が変わる? 3ブランドの特徴を整理
ソフトバンクとY!mobileはプラン内容を改定し、Y!mobileは5Gにも対応させる。LINEモバイルは新ブランドの「SoftBank on LINE(仮称)」に変更し、LINEモバイルの新規受付は終了する見通し。3ブランドの変更内容を改めて整理したい。(2020/12/22)

LINE PayがiD対応で「プラットフォームの完成形」 還元一本槍から体験の勝負へ
LINE PayがVisaブランドのバーチャルプリペイドカード(LINEプリペ)の発行を開始した。LINEアプリ内から即時発行でき、iD加盟店での決済に利用できる。これにより、コード決済、クレジットカード、モバイルのiD決済という、主要な決済手段がそろったことになる。「これで、決済のプラットフォームとしては完成を迎える」(LINE Pay)(2020/12/22)

認証ソリューションAuth0、多要素認証時の負担を軽減する新機能を提供
IDaaS基盤の「Auth0」に新機能「アダプティブ多要素認証(Adaptive MFA)」が追加され、セキュリティが強化された。リスクを伴うと判断されたログイン時にのみ適用されるコンテキストベースのセキュリティにより、ユーザー体験を維持しながら、ハッキングやデータ漏えいの脅威を軽減できる。(2020/12/21)

ITmedia Security Week 2020冬:
「ゼロトラストセキュリティ」ってどこから始めればいいの? 最初に押さえたい“基本のき”を解説
近頃セキュリティ業界で流行る言葉と言えば「ゼロトラスト」だ。いろいろな説明が飛び交うが、そこで本当に求められていることとは何なのか。そしてゼロトラストに至る道はどこにあるのか。パロンゴの林達也氏が解説した。(2020/12/17)

PR:白いカーボンで軽くて頑丈、しかもパワフル!「Yoga Slim 750i Carbon」で新次元の快適モバイルライフを手に入れよう!!
レノボ・ジャパンの「Yoga Slim 750i Carbon」は、インテル Evo プラットフォームに準拠した13.3型モバイルノートPCだ。見た目にも美しいムーンホワイトのカーボンボディーを採用することによって、約966gという軽量ボディーを持ちながらもMIL規格に準拠する耐衝撃性能を備えている。それでいて、性能面で妥協もしていない。その実像をチェックしていこう。(提供:レノボ・ジャパン合同会社)(2020/12/15)

Qualcomm Snapdragon Tech Summit Digital 2020:
「Snapdragon 888」でユーザーはどんな恩恵を受けるのか? 進化の中身を徹底解説する
Qualcommが新たに発表した「Snapdragon 888」は、865から25〜35%程度の性能向上が図られている。従来の2チップソリューションから1チップソリューションへと変更されたことで、デバイス省電力や設計面で優位になった。12月2日(米国時間)に開催したイベントでは、カメラやゲームなど、具体的なシーンでユーザーがどんな恩恵を受けるかの説明に時間を割いた。(2020/12/10)

製造業DX:
PR:製造業はDXとどう向き合うべきか、鍵となる「正しいデータ」と「試行錯誤の数」
製造業のDX化への取り組みが加速している。DXを成功させるための考え方やポイントについて、「データ収集」の支援をしてきたアプトポッドの代表取締役である坂元淳一氏と、「データを蓄積し活用する」ところを支援してきたアマゾン ウェブ サービス ジャパン テクノロジーパートナー本部 セグメントリード(AI/機械学習・IoT) 小澤剛氏 に話を聞いた。(2020/12/9)

PR:新しいPCで仕事も遊びもパワーアップ! ボーナスで快適なライフスタイルを手に入れよう!
ライフスタイルに大きな変化があった2020年だが、これほどPCに注目が集まることも近年なかっただろう。オンライン生活やデジタル化の要となるPCをパワーアップすることで、快適な毎日を過ごすことが可能になる。その助けとなる、お勧めモデルを選んだ。(2020/12/8)

ウィズコロナを耐え、アフターコロナへ進むために:
PR:激しさを増す環境変化に適応し、ビジネスを加速させるには? 大規模調査で判明した、テレワークとIT投資の「急所」
コロナをきっかけにIT活用の機運が一気に高まった日本企業。一方、課題が山積することでどのような道筋を描けばよいのか悩む企業も多い。大規模調査で見えた、不確実性が高まり、環境変化が激しい時代に求められるテレワーク運用やIT投資のヒントを紹介する。(2020/12/10)

デザイナーの取扱説明書(2):
デザインへのアドバイスを上司に求めるコツ、間違っても言ってはいけない禁句とは
デザインが関わるプロジェクトで起きがちな「好き勝手な指示」「どんどん増える要望」について対策方法を解説します。(2020/12/7)

PR:デザイン思考、アジャイル……は怖くない! 企業がデジタル変革の“実効力”を高めるためにできること
(2020/12/9)

「Gmailどこいった」――Googleアプリのアイコン統一から考えるアイコンデザインの過去と未来
Gmailのアイコンが変わり、一部のユーザーから「何のアイコンか分かりくい」という声が上がっている。しかしGoogleに限らず、アイコンのデザイン変更は珍しいことではない。なぜアイコンは変わるのか、今後はどんなデザインがトレンドになっていくかを考える。(2020/11/27)

製造マネジメント インタビュー:
「日本人はネガティブ過ぎる」インダストリー4.0“生みの親”が語る日本への期待
本田財団は2020年の本田賞としてインダストリー4.0の提唱者の1人であるドイツ工学アカデミー評議会議長のヘニング・カガーマン氏を表彰した。カガーマン氏が考えるDXのポイントと日本への期待について話を聞いた。(2020/11/27)

最新版をリリース:
認定プログラムをまとめた「Wi-Fi Vantage」、Wi-Fi 6に対応
Wi-Fi Allianceは2020年11月19日、オンライン記者説明会を開催し「Wi-Fi Vantage」の最新版について説明した。Wi-Fi Vantageは、複数の認定プログラムをまとめたもの。最新のWi-Fi規格をはじめ、セキュリティや、シームレスなネットワーク認証、ネットワーク負荷のバランスを最適化する機能など、より優れたWi-Fiユーザー体験を提供するために必要な認定プログラムをパッケージ化している。(2020/11/25)

「テキストのみか、視覚的か」だけではない違い
「CLI」が「GUI」よりもネットワーク管理者に愛され続けた理由
ネットワーク管理に使うユーザーインタフェースとして「CLI」と「GUI」にはそれぞれ利点がある。広く使用されてきたCLIとGUIのどちらをどう使えばいいのか。両者の今を見つつ検討してみよう。(2020/11/25)

IT基礎英語:
刑務所用語だった「ロックダウン」(lockdown)、閉じ込めたり閉じこもったり
今年の流行語大賞の1つとなるだろう「ロックダウン」の語源と用法について。(2020/11/24)

行政インフラの第一印象は「1995年のインターネット」:
東京都副知事・宮坂学氏がプロダクト視点で語る「行政サービスのDX」とは
元ヤフー社長で現在は東京都副知事として活躍する宮坂学氏が、2020年10月27日に開かれた「プロダクトマネージャー2020」に登壇。プロダクトマネジャーという観点で東京都のデジタル化に向けた取り組みを解説した。(2020/11/30)

Twitterのフリート、24時間過ぎた後もアクセスできるバグが指摘
Twitterは対処したとしています。(2020/11/23)

多くの機能強化を実現:
「Visual Studio Code」の「October 2020」リリース(バージョン1.51)が公開
Microsoftは、クロスプラットフォームエディタ「Visual Studio Code」の最新版「October 2020」リリース(バージョン1.51)を公開した。ワークベンチ、統合ターミナル、IntelliSense、Emmet、ソース管理、言語、ブラウザサポートなどの機能を強化した。(2020/11/24)

Wi-Fiがさらに進化
UX向上を実現する「Wi-Fi Vantage」がWi-Fi 6をサポート
シームレスな接続性やセキュリティ、混雑緩和など、Wi-Fiのユーザーエクスペリエンス向上を目的としたWi-Fi VantageがWi-Fi 6をサポートした。(2020/11/20)

Twitterに「よくないね(dislike)」ボタンができるかも? 幹部が「検討している」
「dislikeボタンや反対票を投じる機能」を検討していると述べています。(2020/11/18)

Appleは折り畳みiPhoneを開発中?
Galaxy Foldなどのディスプレイ折り畳み型スマートフォン、PCの台頭にAppleも対抗しようとしているらしい。(2020/11/17)

Weekly Memo:
政府のデジタル化推進にみるDXの勘所とは? 平井担当大臣やIT業界キーパーソンの発言から読み解く
政府がデジタル化推進に向けて動き出した。うまく事を運ぶポイントはどこにあるのか。それは企業のDXにとっても参考になるはずだ。平井担当大臣やIT業界のキーパーソンの発言から読み解いてみたい。(2020/11/16)

PR:ベルフェイス急成長の舞台裏 営業活動の“新常識”を支える「Vonage API」とは?
(2020/11/24)

ガートナーが「戦略的テクノロジのトップ・トレンド」の2021年度版を発表
ガートナー ジャパンは、企業に大きな影響を与える「戦略的テクノロジのトップ・トレンド」の2021年版を発表した。2021年のトレンドのテーマは「People Centricity(人中心)」「ロケーションの独立性」「レジリエンスの高いデリバリ」だ。(2020/11/13)

3DEXPERIENCE WORLD JAPAN 2020:
競合他社は10年遅い、SOLIDWORKSブランドCEOが語る設計の未来に向けた戦略
ソリッドワークス・ジャパンは、年次ユーザーイベント「3DEXPERIENCE WORLD JAPAN 2020」をオンライン開催。その基調講演に登壇した、SOLIDWORKSのブランドCEOであるジャン・パオロ・バッシ氏は「The Future Of Design SOLIDWORKS Strategy」と題し、設計の未来に向けたSOLIDWORKSの戦略について語った。(2020/11/13)

MaaS基盤としてのAWSをどう活用? 採用企業が語ったサービスのこれから
MaaSサービスの開発に向けた動きが活発だ。電車やバス、タクシーがAPIを公開したら暮らしはどう変わるか。コロナ禍を経てMaaSへの国内のニーズはどう変わったかを、国内MaaSサービスで先行する4社が語った。(2020/11/12)

デザイナーの取扱説明書(1):
デザイナーに「分かりやすい感じで」「適当になる早で」と依頼するのがダメな理由
依頼主とデザイナーの間で起きがちなトラブルについて対策を解説していく本連載。初回は依頼にまつわるトラブルについて。(2020/11/10)

従来型のAPMによる監視や管理はもう限界:
PR:いまマイクロサービスに必要とされる新たな監視手法、どう実践すればよい?
コンテナ/マイクロサービスの活用は企業のビジネス推進に不可欠となり、それらの「監視・管理」がますます重要視されるようになった。では、現代のビジネスを支えるための監視・管理体制の構築、実践のポイントはどこにあるのだろうか。(2020/11/9)

タッチ性能がより重要に:
スマホディスプレイ、LCDからOLEDへの移行が加速
タッチディスプレイは常にスマートフォン体験の中心になるもので、画面の使用時間は通話時間やデータ消費量よりも重要なユーザー測定基準になっている。多くの人にとってスマートフォンのディスプレイはデジタル世界への“主要な窓口”であるため、ディスプレイの品質(視覚的な品質とタッチ体験の両方)がスマートフォンの価値の中核であるのはもっともなことだ。(2020/11/9)

クラウド化で欠かせない“3つのエッジ”
「SASE」とは? クラウド移行が進む今だからこそ理解したい機能と仕組み
クラウド移行が進み、データやシステムが社外に出ていく中で登場したキーワードに「SASE」「ゼロトラストセキュリティ」がある。これらはどのような意味や役割を持つのか、あらためてポイントを整理しよう。(2020/11/9)

分散クラウドやセキュリティメッシュなど:
Gartner、9つの戦略的テクノロジートレンドを発表
「企業や組織が2021年に調査する必要がある」9つの主要な戦略的テクノロジートレンドをGartnerが発表した。「人中心」「場所からの独立」「復元力のあるデリバリー」という3つの主要な動きに対応したテクノロジーだ。組織の可塑性やオペレーションレジリエンスの実現に役立つとしている。(2020/11/5)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
アリババ「独身の日」セール、2020年は期間4倍 〜「ニューノーマル」で構造見直し
世界最大のECセール「独身の日」が中国で始まった。売上高を更新し続ける同セールだが、インタネットやEC人口は頭打ちで、構造改革を迫られていた。ここでは、セールの歴史をおさらいしつつ、コロナ禍の「ニューノーマル」が、構造の見直しに好機となっている今年の動きを紹介したい。(2020/11/5)

ウィズコロナ時代、生産性をどう守るか
テレワークの快適性と働き方を可視化する「新たな仕組み」とは
テレワークが定着化しつつある今、その快適性・安定性は企業の生産性や競争力に直結する。従来よりもきめ細かく従業員のIT環境を管理し、より良い働き方を追求するためには何が必要なのか。(2020/11/4)

モノづくり最前線レポート:
デジタル時代の製造業、勝ち筋は80%をつかみ取る「人中心」の考え
「ロボット新戦略」に基づき「ロボット革命」を推進するために民間主導で設立された組織的プラットフォーム「ロボット革命・産業IoTイニシアティブ(RRI)」は2020年10月27日、国際シンポジウム「製造ビジネス変革 日本の道」を経済産業省の共催で開催した。本稿では、その中で「日本の製造業の生きる道」をテーマとしたパネルディスカッションの内容を紹介する。(2020/11/2)

Windowsフロントライン:
Microsoftが2021年秋を見込むWindowsの一大プロジェクト「Sun Valley」と「Cobalt」
Windows 10の大型アップデート「October 2020 Update」がリリースされたばかりだが、次なるキーワード「Sun Valley」「Cobalt」なるものが出てきた。直近の話題を整理した。(2020/11/2)

電子署名の基本をおさらい:
これからはじめる電子署名〜技術背景、法的な位置付け、サービス導入のポイント〜
テレワークが急速に広まる昨今、「署名」「押印」のためだけに出社する「ハンコ出社」が業務の完全テレワーク化を妨げているとして問題視されている。そのような中注目の集まる「電子署名」の技術的、法的な仕組みから、2020年9月4日に公表された新解釈、サービス導入のポイントについて解説する。(2020/10/29)

「開発するか、利用に徹するか」が分かれ道
「CPaaS」を“理想のテレワーク”の実現に生かす方法
「CPaaS」は有用なクラウドサービスだが、導入後すぐにメリットが得られるわけではない。CPaaSをベースに新たなテレワーク体制を整えるためには、どのような事前計画を立てるべきなのか。(2020/10/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。