ニュース
» 2010年09月21日 09時10分 UPDATE

Google、Google Appsの二段階認証システムを発表

Googleが、Android端末やiPhoneなどを利用して認証コードを生成する無料の二段階認証システムを発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは9月20日(現地時間)、Google Apps向けのスマートフォンを利用した二段階認証システムを発表した。まずは企業、教育機関、政府向けのGoogle Appsの英語版で利用できるようになった。数カ月以内に他国語のGoogle Appsに追加し、将来的には一般のGoogle Accountでも採用する計画という。

 高度なセキュリティを必要とする企業では、アカウント名とパスワードに加え、専用デバイスが生成する一意の認証コードを利用することがあるが、このシステムにはコストが掛かる。Googleは、そうした認証コードをユーザーが持っているAndroid端末、iPhone、BlackBerryなどのスマートフォンを利用して生成することで、無料の二段階認証システムを実現した。

 あらかじめユーザーが自分のスマートフォンに認証用アプリをインストールし、Gmail設定のアカウントタブで設定しておくと、Google Appsにログインするためにパスワードを入力した段階で、スマートフォンに認証コードがSMSか音声で送られてくるという。この認証コードをログイン画面で入力すれば、Google Appsにログインできる。

two-step verification

 同認証システムはオープンスタンダードで構築されており、サードパーティーの認証技術に組み込むことが可能。企業がカスタマイズできるように、スマートフォン向けの認証用アプリもオープンソース化している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -