ニュース
» 2010年10月06日 12時57分 UPDATE

IBM、クラウドサービス「LotusLive」に「Lotus Notes」の機能を統合

SaaS型コラボレーションサービススイート「LotusLive」で、Notesのメール、インスタントメッセージング、スケジュール、連絡先が利用できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米IBMは10月5日(現地時間)、クラウドベースの企業向けコラボレーションサービススイート「LotusLive」に、「LotusLive Notes」と「LotusLive Communities」を追加したと発表した。

 LotusLiveは2009年発表のSaaS型コラボレーション統合サービス。ファイル共有やタスク管理、チャット機能などを提供する「LotusLive Connections」、Web会議や電話会議連携機能を持つ「LotusLive Meetings」、Meetingsにイベント管理機能を加えた「LotusLive Events」、ConnectionsとMeetingsを合わせた「LotusLive Engage」、簡易版のWebメールやカレンダー機能を備える「LotusLive iNotes」が提供されている。

 新たに追加されたLotusLive Notesは、同社のオンプレミスグループウェア「Lotus Notes」をベースにしており、NotesのクライアントからLotus Dominoに接続し、メール、インスタントメッセージング、スケジュール、連絡先の利用が可能だ。ユーザー当たり25Gバイトのオンラインストレージ付きで、価格はユーザー当たり月額5ドル(日本では715円)から。同月中に、米AppleのiPhoneおよびiPad、米MicrosoftのWindows Mobile端末、フィンランドのNokia製Symbian端末からLotusLive Notesへのアクセスが可能になる。

 notes

 Communitiesは、企業が社内および社外のコミュニティーでの安全なコラボレーションを可能にするサービス。ユーザーはIBMのクラウド上のディスカッションフォーラムでの会議や、ブックマークやファイルの共有機能を利用できる。

 communities

 LotusLiveスイートの価格は、1ユーザー当たり月額10ドル。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -