ニュース
» 2010年10月29日 11時26分 UPDATE

中小規模プロジェクトに最適:ブラビオ、無料のプロジェクト管理ツール「ブラビオ・プロジェクト」サービス開始

スケジュールやタスク管理、コミュニケーション機能に特化しており、30人以下の中小規模プロジェクトに最適だ。

[鈴木麻紀,ITmedia]

 ブラビオは10月29日、ガントチャート(行程表)やタスク管理などのプロジェクト進行に必要なツールをセットにしたクラウド上のプロジェクト管理&コラボレーションツール「ブラビオ・プロジェクト」のサービスを開始すると発表した。

 従来、中小規模プロジェクトの工程管理はエクセルシートなどで行われることが多かった。しかし、作成に時間がかかったり、メールでガントチャートを送りあううちにバージョンが混在してしまったり、外部とのやりとりが不便といった問題があった。

 ブラビオ・プロジェクトはプロジェクト管理に特化しているため、直観的に操作でき、サンプルデータを使えば従来の1/10程度の時間でガントチャートを作成できる。また、Web上で情報を管理更新していくので、バージョンの混在が起きず、複数企業でのプロジェクトや外部の協力会社やクライアントとの情報共有を容易に行うことができる。

brabio_1.jpg ブラビオ・プロジェクトのガントチャート

 コミュニケーションを取りやすくするための工夫もしており、タスクごとに作成できる「コミュニケーションシート」や「コメントメール(サービスにログインせずに、メールだけでコメントの閲覧や書き込みができる機能)」、「つぶやき(メンバーの閲覧できるツイート)」などの機能を装備している。

brabio_2.jpg コメントメール。新着のコメントがあると、登録されている携帯電話のメールアドレスに内容が送られ確認できる。返信すればその内容がコメント欄に反映される。外出中のメンバーに早急に確認を取りたい場合などに便利。

 気になるセキュリティに関しては「足あと機能」を採用。従来のグループウェアのように個別にアクセス権を設定するのではなく、すべてのメンバーにオールフリーのアクセス権を与え、代わりにすべてのアクセスログを公開することにした。

brabio_3.jpg 足あと画面。どのユーザーが、どのファイルに対して、何をしたのかが可視化されている
brabio_4.jpg ブラビオ 町田拓也代表取締役

 「ブラビオ・プロジェクトは中小規模のプロジェクトに特化したサービス。IT系のほかにも製造業や建設業の皆さんにも活用してほしい」とブラビオの町田拓也代表取締役は話す。社内外とのコラボレーションにも有効で、自身も今回の発表に関するタスクやスケジュールを社内外のメンバーと本サービスを使って管理しているという。

 サービス価格は、5ユーザー/50MBのストレージまでは無料。10ユーザー/1GBまで月額3150円(税込み)などのアップグレードプランもある。

 町田氏は、「来年初頭には海外にもリリースして、日本のソフトウェアは海外でもやっていけるというところを見せたい。いずれは、プロジェクトと個人事業主をつなぐビジネスSNSの場にできれば」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ