ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プロジェクト管理ツール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「IDEは使わない」が最多:
理想の開発環境にはどのツールが最適? パーソルキャリアが「理想の開発環境に関するツール・サービス調査」を実施
パーソルキャリアは「理想の開発環境に関するツール・サービス調査」の結果を発表した。それによると、使いたいエディタでは「サクラエディタ」がトップ。使いたいIDEを聞くと「IDEは使わない」が最も多かった。(2021/5/28)

キャリアニュース:
テレワークによりチーム内でのタスク管理が「難しくなった」と約半数が回答
アジャイルウェアが「タスク管理に関する調査」の結果を発表した。回答者の約48%が、テレワークによってチーム内でのタスク管理が「難しくなった」と感じていた。また、自身のタスク管理方法について「改善の余地がある」と95%近くが回答した。(2021/5/27)

チーム内でリマインドしづらく:
虚偽報告が増えた? テレワーク中のタスク管理「難しくなった」が5割
テレワークにより、チーム内のタスク管理が難しくなったと感じているビジネスマンが約5割──アジャイルウェア(大阪市中央区)が実施した「タスク管理に関する調査」で、このような結果が判明した。(2021/5/14)

真実を見抜く人事戦略(2):
「Trelloで個人情報流出」から考える、人事のITリテラシー
プロジェクト管理ツール「Trello」経由で、個人情報が流出するという問題が発生しました。この問題は、使用者のITリテラシーの低さに起因しているという点が重要です。人事がITシステムを活用する際に理解すべきポイントを解説します。(2021/4/19)

Trelloの個人情報流出について運営元が公式に説明 セキュリティ設定の定期的な見直しを呼びかけ
プロジェクト管理ツール「Trello」で個人情報がネットで公開されていた問題について、運営元のAtlassian(アトラシアン)は4月8日、新たな声明を発表した。同社はユーザーに対し、「Trello」のセキュリティ設定やボードの公開範囲を定期的に見直すことによって、ツールを安全に活用するようブログ上で呼びかけている。(2021/4/9)

Trelloの設定ミス、「公開」の誤解が原因? 分かりやすい表現とローカライズを考える
プロジェクト管理ツール「Trello」の設定ミスで個人情報が外部から閲覧できる状態だったことについて、ネット上の意見を参考に考察してみた。(2021/4/7)

プロジェクト管理ツール「Trello」で個人情報が流出 運営元「ユーザーサポートに尽力」
プロジェクト管理ツール「Trello」で、個人情報がネットで公開されている状態になっていることに対し、運営元のAtlassian(アトラシアン)は、「Trello」の一部ユーザーがボードの公開範囲を「公開」に設定したことに起因したものだと発表した。(2021/4/6)

流出騒ぎのTrello、運営元が声明 「初期設定は『非公開』」「意図しない情報漏えいを止めるためサポート」
プロジェクト管理ツール「Trello」経由で個人情報を含むユーザーの書き込んだ情報が一部公開されていた問題で、運営会社の豪Atlassianが「ユーザーサポートに尽力する」と公式ブログで発表した。(2021/4/6)

Trelloでの個人情報流出、国が注意喚起 「公開範囲の設定確認を」
プロジェクト管理ツール「Trello」経由で住所氏名などの個人情報が流出していることに関し、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が公式Twitterアカウントで「公開範囲の設定を確認してほしい」と注意を呼び掛けている。(2021/4/6)

プロジェクト管理ツール「Trello」で運転免許証など個人情報流出 閲覧範囲の設定ミスが原因か
4月5日深夜から6日の朝にかけて、プロジェクト管理ツール「Trello」経由で個人情報が流出しているとする投稿がネット上で注目を集めている。閲覧設定を「公開」としていたことが原因とみられる。(2021/4/6)

Oculus Quest 2を全社員に支給、在宅勤務のコミュ不足に対策 ヌーラボが実施
ヌーラボが、全社員(約100人)にVRデバイス「Oculus Quest 2」を支給すると発表。VR空間での雑談を可能にし、在宅勤務を行う中でも社員同士のコミュニケーションを円滑にするという。(2021/3/25)

今の業務環境、そのままで大丈夫ですか?:
PR:「突貫テレワーク環境」を無理なく今すぐ改善し、業務変革を加速する方法とは
2020年4月に発令された緊急事態宣言からはや1年。当時、急ぎテレワーク環境を導入したものの、今もコミュニケーションやセキュリティに課題や不安を抱えている企業は多い。では、安心して働ける「恒常的な業務環境」を一刻も早く、無理なく構築するにはどうすればよいのだろうか。(2021/3/15)

Go AbekawaのGo Global!〜Jonas Rydenhag編(後):
モデルとしてキャットウォークを歩くのは楽しいが、今はコードを書くことが楽しい
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。退職する前任者に代わり、八楽のエンジニアリングを支える存在になったJonas Rydenhag(ヨナス・リデンハグ)氏。ファッションモデルの経験を持つ異色のCTOが考える「成長するための7つの習慣」とは何か。(2021/2/16)

日商エレ、プロジェクト管理ツール「Asana」の販売を開始 Zoomとの連携にも対応
日商エレクトロニクスは、プロジェクト管理ツールを提供する米Asanaと販売代理店契約を締結したと発表した。(2020/12/7)

管理者とチームをつなぎ顧客に価値を届ける
「マジカミ」開発会社が“隔週で約30件の施策をリリース”できる秘策
ソーシャルゲームアプリ「マジカミ」の開発、運営会社「Studio MGCM」はリリース後の機能改善に備え、アジャイル型開発プロセスを採用した。そこで課題となったのは「2つの開発プロセスに対応できるプロジェクト管理」の実現方法だった。(2020/12/3)

年代別の結果:
テレワーク、サボってるのは20代? 調査で見えた先輩との差
コロナ禍でテレワークが浸透している。「サボっているのでは?」と疑う人がいる一方で、そんな目線にストレスを感じている人もいる。年代別の傾向は?(2020/11/10)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“ピーク比75%減” 渋谷ハロウィンから考える「コロナと東京一極集中」
数年前から慣例化している「渋谷ハロウィン」であるが、今年の渋谷ハロウィンはコロナ感染リスクが高く、区長直々の自粛呼びかけの効果もあり、例年と比較すれば相当低い人出となっていたという。コロナ禍で人の動きが抑制された渋谷ハロウィンから視点を広げて、国内に目を向けてみよう。コロナ禍で人々の動きは抑制されたのだろうか。(2020/11/6)

どこから手をつければいいのか:
あなたの会社に効く! 「セールステック」の探し方
「セールステック」と呼ばれる営業支援ツールの普及が進んでいます。ただ、種類がたくさんあるので、どこから手を付ければいいのか、迷ってしまうケースも多いのでは。自社に必要なツールを考察したところ……。(2020/10/16)

Zoom、有料ライブイベント開催支援の「OnZoom」とアプリ統合機能「Zapps」を発表
Zoomが、ウェビナーなどの有料ライブイベントのチケット販売が可能な「OnZoom」と、SlackやDropboxなどのサードパーティー製アプリをWeb会議から離れずに開ける機能「Zapps」を発表した。(2020/10/15)

契約業務をDropboxで完結 電子署名サービスがスタート
Dropboxは、HelloSignの日本向けの提供を開始すると発表した。Dropboxと連携した一機能として提供する。契約締結業務における電子署名を拡大し、脱ハンコを促進させる目的だ。(2020/10/1)

Bamboo、GitLab、Spinnaker、TeamCity、CloudBees CIを紹介
“脱Jenkins”を考える人が選ぶべき代替「CI/CDツール」5選
広く利用されているCI/CDツールの「Jenkins」。その自由度の高さ故の運用の難しさから、他の選択肢を検討するユーザー企業もあるだろう。Jenkinsの代わりになるCI/CDツールを5つ紹介する。(2020/7/15)

テレワークでの「Web会議システム」利用率は約8割 アフターコロナも市場拡大の見通し――矢野経済研究所
矢野経済研究所の調査によると、コロナ対策によるテレワークで最も利用されたオンラインツールは「Web会議システム」で、利用率は約8割に上った。今後もBCP対策需要などが見込まれ、Web会議システムを中心としたテレワーク関連ソリューション市場は拡大の見通しだという。(2020/7/7)

テレワーク中のコラボレーション【前編】
「Zoom疲れ」の克服とコラボレーションツール導入成功事例
テレワークによりコミュニケーションやコラボレーションのツールが急速に普及した。それは「Zoom疲れ」を引き起こしている。何がいけなかったのか。(2020/7/3)

緊急事態のテレワーク基礎ガイド【後編】
在宅勤務最大の課題は“孤立感”? 配慮すべきインフラと社員のメンタル
突然の在宅勤務を始める従業員がつまずきやすいポイントは「自宅のインターネット回線」そして「孤独で不安な状況で働くこと」だ。これらの課題に配慮するための方法とは。(2020/5/14)

「テレワークは無給扱いと会社から通達された」:
ヌーラボがテレワークの導入に関する調査 テレワークが浸透しない企業の裏の実情とは
ヌーラボは「新型コロナウイルス感染症に伴ったテレワークの導入に関する調査」の結果を発表した。全体の6割程度がテレワークを許されていたものの、その4割はテレワークを活用していなかった。テレワークが浸透しない原因には、企業側の環境整備や規定整備の遅れがあった。(2020/3/30)

Atlassian、「Jira」「Confluence」など期限なく無料提供開始 10人以下のチームに
豪Atlassianが、10人以下のチームに対するクラウドサービスの無料提供をスタート。対象となるサービスは「Jira Software」「Confluence」「Jira Service Desk」「Jira Core」。最大2GBのストレージも込みとなる。(2020/3/24)

高校生の学習スタイルのハイブリッド化を推進中:
PR:“紙”のベネッセ、アプリ開発のアジャイル×内製化でジャンプアップ
開発体制をアウトソースから内製に変え、開発手法もウオーターフォールからアジャイルに移行したベネッセの開発チーム。事業部門と同じブースで“チームで”作り上げたアプリの成否やいかに――。(2020/3/17)

「業務ツールって……Excelだけですか?」:
6割以上が「業務ツールの導入有無が転職を検討する理由になる」 ヌーラボ調査
ヌーラボが実施した「業務ツールと働きやすさに関する調査」によると、「勤務先の選択」と「業務ツールの活用」には関連があることが明らかになった。同社は、人材流出を防ぐことや人材を採用する上でも業務ツールは重要と指摘する。(2020/1/16)

山浦恒央の“くみこみ”な話(125):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(4)Excelがバグの原因に!?
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」。第4回は、前回に続き「データ入力ミスのバグ」について解説します。Excelのように日頃使う開発ツールもバグの原因になり得るのです。(2020/1/14)

ハイブリッドクラウドが向かう先【後編】
Microsoft、AWS、Google、VMware、IBMがハイブリッドクラウドで狙うもの
Microsoftはハイブリッドクラウド環境を構築する製品として2017年に「Azure Stack」を投入した。そして2019年、「Azure Arc」を発表した。同社の動きが意味するものとは。(2019/12/19)

キャリアニュース:
74.5%が業務コミュニケーションツールでストレスを感じたことが「ある」
ヌーラボが「メンションハラスメント」に関する調査結果を発表した。仕事で使用するコミュニケーションツールで、通知に関連するストレスを感じたことが「ある」と74.5%が回答した。また、送信側より受信側の方がより多くストレスを感じていた。(2019/12/12)

“低体温化組織”をどう変えればいいのか 業務過多とデジタル偏重コミュニケーション
仕事が忙しくて、「同僚とうまくコミュニケーションがとれない」といった人も多いのでは。思いを共有できない組織は、どのように対応すればいいのか。架空企業を事例に挙げて、考える糸口を探っていく。(2019/12/12)

コミュニケーションツールの通知にストレス:
土日祝日関係なく連絡が来る「メンションハラスメント」を7割が経験 ヌーラボ
ヌーラボは「メンションハラスメントに関する調査」の結果を発表した。コミュニケーションツールの通知にストレスを感じるのは主に受信側で、特にプライベートの時間に受け取った通知にストレスを感じていた。(2019/12/4)

Dropbox、プロジェクト管理ツール「Trello」と連携 アプリを切り替えずファイル追加
「Dropbox」が、プロジェクト管理ツール「Trello」と連携。Dropboxのデスクトップアプリとブラウザ版サービスから、アプリを切り替えずにTrelloの「カード」にコンテンツを送ることが可能になった。DropboxからTrelloカードにファイルを添付する場合は、ファイルのプレビューを自動生成する。(2019/11/18)

Dropbox、かんばん方式のプロジェクト管理ツール「Trello」と連携 プロジェクト管理を容易に
Dropbox Japanは「Dropbox」とプロジェクト管理ツールの「Trello」の連携を発表。DropboxのコンテンツをTrelloカードに追加でき、ファイルのアクティビティーフィードからチームメンバーによるコンテンツの利用状況を確認することもできる。(2019/11/18)

キャリアニュース:
テレワーク時のセキュリティに「不安がある」と約6割が回答
ヌーラボが、「テレワーク時のセキュリティ対策に関する調査」の結果を発表した。回答者の約6割が「テレワーク時のセキュリティに不安がある」と感じており、約5割が「職場のセキュリティ対策に問題がある」と考えていた。(2019/11/14)

クラウド型タスク管理ツール「Jooto」開発者が語る 「それでも対面コミュニケーションが重要」な理由
18万人が利用するクラウド型タスク管理ツール「Jooto」の開発者に、ツールを活用してプロジェクトを成功に導くためのヒントを聞いた。(2019/10/25)

組織のカルチャーをいかに作り上げるか:
PR:テクノロジーで日本企業のチーム力は強化できるのか?――コラボレーションツールの首脳が本音でトーク
(2019/10/7)

容易に業者を選定、プロジェクト管理もできる:
AWS、中堅・中小のユーザー組織と専門家を直接結ぶ「AWS IQ」を発表
Amazon Web Services(AWS)は2019年9月30日、ユーザー組織とAWS認定の専門家/パートナーを直接マッチングする新サービス、「AWS IQ」の一般提供開始を発表した。プロジェクト管理やアクセス権管理も容易にできるという。(2019/10/1)

リゾート地で働いた社員はなぜ、成長して戻ってくるのか ヌーラボの「リゾートワーク」、ちょっと変わった条件とは
青い海が果てしなく広がる沖縄県の宮古島市、「写真写りの良い町づくり」で知られる北海道の上川郡東川町――。ここでリゾートを楽しみながら働ける制度を作ったのがヌーラボだ。ただ、働くためには条件が……。(2019/9/30)

NECネッツエスアイ、全社員5000人に「Slack」を導入 組織横断的な共創と業務効率化を促進
NECネッツエスアイは、「Slack」の全社導入に踏み切った。ビジネスコラボレーションハブとして活用し、組織を横断した共創機会の創出や、業務プラットフォームの一元化による業務効率の向上を目指す。多様な働き方を支える分散型ワークの支援ツールとしても活用する。(2019/9/18)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(69):
うまくいってもいかなくても、お金はください
初期費用を負担する代わりに、売り上げに応じて永久にチャリンチャリン。レベニューシェア型契約は、ベンダーにとっておいしい話か、否か──。(2019/9/9)

OSSのセキュリティリスクをどう低減するか?:
PR:OSS脆弱性情報の収集・管理・適用を、シンプル・確実にする方法
厳しいコスト削減要請やデジタルトランスフォーメーション(DX: Digital transformation)を背景に、オープンソースソフトウェア(OSS: Open Source Software)の活用が拡大している。コストを抑えながら、必要なソフトウェアを自由に利用したり組み合わせたりできる点はOSSの大きな利点だが、脆弱性情報の収集・管理をはじめ、セキュリティリスクにもしっかりと対応しなければ甚大なダメージを被るリスクも隠れている。だが、ただでさえ多忙な業務の中、一体どうすれば多種多様なOSSの脆弱性情報を確実に収集・管理できるのだろうか? 日立製作所(以下、日立) に話を聞いた。(2019/6/5)

プロジェクトの価値を判断するための洞察
プロジェクトポートフォリオマネジメント(PPM)を使うべき「隠れたメリット」とは
プロジェクトポートフォリオマネジメント(PPM)ソフトウェアがあれば、プロジェクトの管理や優先順位付け、リソースの割り当てを改善できる。それ以外にも、さまざまな潜在的メリットがある。(2019/5/21)

Boxアカウントがなくてもデータ共有が可能に
Boxの機能やUIを組み込んだカスタムアプリを開発できる「Box Platform」
Box Japanが「Box Platform」の国内提供を開始する。ファイル同期サービス「Box」と各種サービスやシステムを連携させた、カスタムアプリケーションの開発を可能にするサービスだ。(2019/3/25)

製造ITニュース:
DXのPoCから立ち上げを迅速かつ容易に、日立が「Lumada Solution Hub」を投入
日立製作所はIoTプラットフォーム「Lumada」を用いたデジタルトランスフォーメーション(DX)を迅速かつ容易に行えるサービス「Lumada Solution Hub」を開発したと発表した。2019年4月1日から順次販売を始める。(2019/3/19)

俺たちの情シスin大阪 第1回 レポート:
今だから話せる、関西情シスの裏話「上司からのトンデモ特命」「“脱“で有名なアレも使いよう?」――「大阪俺情」の夜が熱かった
関西では初の開催となった2019年2月「俺たちの情シス」では、ライトニングトークに7人が登壇。SIerからユーザー企業に転身して見えた実情や、ソフトウェアライセンス管理で苦労の末に編み出した技、自社にサイバー攻撃を仕掛けた経験など、さまざまな話が飛び交いました。(2019/3/15)

今後も「Java」の需要は高い:
IT開発者の75%以上が開発以外にも従事、楽天コミュニケーションズ調べ
楽天コミュニケーションズは、IT開発者を対象とした就業環境調査の結果を発表した。開発以外の業務に携わっている割合は75%を超え、Web APIを活用したことがある割合は半数以上だった。(2019/3/13)

料金プランをシンプルに、新機能を追加:
プロジェクト管理ツールの「Jooto」、4人までは全機能を無料で利用可能に
PR TIMESは、クラウド型のプロジェクト管理ツール「Jooto」の料金プランを改定し、機能に応じた階層型プランを廃止した。4人までは全機能を無料で、5人以上は1人追加当たり月額500円で利用できる。(2019/3/5)

設計レビュー支援ツール:
PR:自動車業界で広く選ばれている、設計レビュー支援ツールとは
設計レビュー支援ツール「Lightning Review」は、近年ますます品質の確保が重要視される自動車業界のソフトウェア開発現場から生まれ、2017年9月にリリースされたツールだ。誰でも簡単に「伝わる指摘」が記録できることや「確実な修正確認」を可能にすることが評価され自動車業界を中心とした組み込みソフトウェア開発の現場で幅広く利用されている。ここでは「Lightning Review」が選ばれる理由とともに自動車業界での導入事例を紹介する。(2019/3/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。