ニュース
» 2011年05月25日 13時50分 UPDATE

日本企業の課題に対処する4つのビジネス分析ソリューションを追加 日本IBM

日本IBMは「BAO(ビジネス分析と最適化」事業の新ソリューションとして、「グローバル経営ダッシュボード」「統合リスク管理」など4種類を追加した。

[國谷武史,ITmedia]

 日本IBMは5月25日、精度の高い情報の分析や管理などの手法を企業に提供する「BAO(ビジネス・アナリティクス・アンド・オプティマイゼーション)」事業の新ソリューションを発表した。日本企業が抱える経営課題の解決を支援するとしている。

 今回追加したのは、「グローバル経営ダッシュボード」「統合リスク管理」「グローバル・サプライチェーン最適化」「インフォメーション・マネジメント・ファンデーション」の4種類。

 グローバル経営ダッシュボードでは、売り上げや原価、在庫、生産高などの経営管理情報を製品・顧客・地域といったセグメントごとで把握し、予算実績対比や対前年比の表示、予算策定・シミュレーションなどを行う。統合リスク管理ではリスク情報の可視化や全社共通のコントロール体系の定義、リスク管理業務の手法や運営の標準化・省力化を支援する。

 また、グローバル・サプライチェーン最適化では製造現場や物流の情報をリアルタイムに統合し、売り上げや利益などの経営情報と連携させることで、需給業務の品質や効率、スピードの向上を支援する。インフォメーション・マネジメント・ファンデーションでは、データインフラの最適化、業務やオペレーションの効率、データの信頼性などの向上を図り、データを活用した情報統合基盤の構築を支援する。

 各ソリューションは、CognosやSPSS、InfoSphere、ILOG、OpenPages、Neteezaなど同社のソフトウェア製品群を活用して提供する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -