ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Business Analytics and Optimization(BAO)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

ギュッとしてモフモフッ! 小さなベッドで抱き合って眠る猫ちゃんがラブラブすぎる
すごく……ぎゅーっとしてます……。(2016/8/6)

激辛グルメ祭り、今年も開催 初登場のメニューは……?
激辛グルメ祭り実行委員会は8月25日〜9月19日まで「激辛グルメ祭り2016」を東京・新宿歌舞伎町の大久保公園で開催する。(2016/8/2)

自撮り棒で食事できる時代に スマホホルダー付きスプーン「Selfie Spoon」が長すぎる
米国のシリアルブランド「Cinnamon Toast Crunch」が無料で提供中。(2015/9/26)

PR:アナリティクスと戦略の専門家が集う新組織、IBMが目指す“真”の顧客価値創造とは?
技術革新によるデジタル化がここまで進んだことで、新技術への対応度が企業の明暗を分けるまでになった。また、さらなる競争力強化に向け、ビッグデータの活用も進みつつある。こうした中、IBMは新技術による多様なデータ分析を支援すべく、アナリティクスと戦略コンサルタントの専門家を集めた新組織「Strategy & Analytics(S&A)」を立ち上げた。その狙いや具体的に提供するソリューションとは一体何か。米IBMの同部門統括責任者が語った。(2014/3/31)

あえて言おう、住居であると! 蒲田に「ア・バオア・クー」があった件
認めたくないものだな、土地面積ゆえの建ぺい率の高さというものを。(2013/8/28)

App Town スポーツ:
サッカー関連の情報を網羅したiOSアプリ「最強サッカー速報〜Football NEXT」
トムソンは、試合結果速報からコラム、選手のブログまであらゆる情報を網羅したiPhone/iPod touch向けサッカーニュースアプリ「最強サッカー速報〜Football NEXT」を配信開始した。(2013/6/20)

田中克己の「ニッポンのIT企業」:
期待以上の成果を出す! CMO代行業を志すギックス
戦略コンサルティングにITを掛け合わせて、企業のマーケティング活動を支援するITベンチャーが誕生。IBM出身者たちが立ち上げた。(2013/5/28)

Android/iOS向けアプリ「プロ野球打席速報」にて2013年シーズンの試合速報がスタート
BIGLOBEは、プロ野球の試合速報をリアルタイムで閲覧できるAndroid/iPhone向けアプリ「プロ野球打席速報」で2013年シーズンの試合速報をスタート。2013年版では表示速度の改善も行われている。(2013/3/30)

ヤフーの「防災速報」アプリ、位置情報を使った通知に対応
ヤフーのスマートフォン向けアプリ「防災速報」に、ユーザーが今いる現在地の災害情報を自動通知する機能が追加された。(2012/12/26)

App Town ヘルスケア/フィットネス:
エスエス製薬、風邪の話題を予測するiPhoneアプリ「カゼミル」
Twitterのつぶやきと天気予報を組み合わせて、これから風邪の話題が増えるか減るかを予測してくれるアプリが登場。風邪を引いた友人にはハローキティのお見舞いメッセージも送信できる。(2012/10/25)

「防災速報」アプリに、災害情報が共有できる「災害タイムライン」機能を追加
ヤフーが提供するiPhoneアプリ「防災速報」に、災害に関するつぶやきを共有できる「災害タイムライン」機能が追加された。Twitterの全ツイートからフィルタリングしたり、自身のつぶやきを投稿したりできる。(2012/7/6)

専門家が集う「チーム・ビッグデータ」を新設 日本IBM
企業のビッグデータ活用とそれにまつわる課題解決を支援するため、日本IBMは専任組織を立ち上げて、関連ソリューションを提供していく。(2012/5/10)

営業日報とグループウェアの連携で“業績の可視化”“効率化”を支援――コンサル会社が作ったITツールの実力は
日々入力する日報が自動で集計され、業績を可視化する――。こんな形で中小企業の営業力強化を支援するのがNIコンサルティングの「顧客創造日報シリーズ」だ。SaaS型のITツールと営業コンサルティングを合わせて提供するのが特徴だ。(2012/3/26)

報知新聞の人気コンテンツがiPhone/iPadで読める「スポーツ報知電子書店」
ラクティブが、スポーツ報知のコンテンツ「月刊ジャイアンツ」「報知高校野球」「メディカルNOW」を購入・閲覧できるアプリを提供開始。(2012/3/5)

企業の情報活用を支援する4つのソリューション IBM
世の中に溢れる膨大なデータを効率的に収集、活用し、企業経営にどう生かしていくかが重要になっている。それをサポートする取り組みにIBMは注力する。(2011/10/20)

日本企業の課題に対処する4つのビジネス分析ソリューションを追加 日本IBM
日本IBMは「BAO(ビジネス分析と最適化」事業の新ソリューションとして、「グローバル経営ダッシュボード」「統合リスク管理」など4種類を追加した。(2011/5/25)

モノづくり最前線レポート(27):
グローバル進出企業が抱える課題とそのマネジメント
本格的なグローバル化の波が押し寄せつつあるいま、日本の製造業界はあらたな課題に直面している。変化に対応し、企業力を高めるために、何を把握すればよいかを識者に聞いた。(2011/3/7)

BI製品紹介:日本アイ・ビー・エム
「Cognos 10」に見た、ビジネスアナリティクス(BA)を成長戦略に掲げるIBMの本気度
Cognosは最新バージョンのリリースによって、従来のプラットフォームからビジネスアナリティクス(BA)にふさわしい意志決定システムへと進化した。(2011/2/4)

IBM、Netezzaの買収を完了
IBMがDWHアプライアンス企業Netezzaの買収を完了した。(2010/11/12)

IBM Cognos Performance 2010:
PR:進化を遂げる企業の情報活用、次の一手は「ビジネス・アナリティクス」
2010年11月17日、東京・中央区のロイヤルパークホテルにおいて「IBM Cognos Performance 2010」が開催される。メインテーマにある「ビジネス・アナリティクス」とは、IBMが打ち出す新しいメッセージだ。企業内に散在する情報を抽出し、モニタリングから分析、予測、計画までを1つのシステムで提供するというもので、経営の戦略立案の力強い支えになるという。(2010/10/14)

IBM、DWHアプライアンスのNetezzaを17億ドルで買収
IBMがビジネス分析サービス強化を狙い、データウェアハウス(DWH)アプライアンスおよびソフトウェアを提供するNetezzaを買収する。(2010/9/21)

IBM、GRC管理ソリューションのOpenPagesを買収 ビジネス分析機能強化へ
OpenPagesの買収により、Business Analytics製品のリスク管理およびコンプライアンス機能を強化する。(2010/9/16)

中堅企業の多様な経営課題のために
利益をあげる中堅企業向けITソリューション
中堅企業のIT活用を支援する、日本アイ・ビー・エムとそのパートナー企業が結集。幅広いソリューションにより、あらゆる角度から中堅企業の業務課題を解決する。(2011/10/13)

IBM、マーケティング自動化ソフトのUnicaを4億8000万ドルで買収
IBMはマーケティング関連のBPMベンダーUnicaを買収し、ソフトウェアポートフォリオの拡充とコンサルティング部門の強化を図る。(2010/8/16)

地図情報×スマートフォン、サービスの未来は――ゼンリンデータコムがセミナー開催
ゼンリンデータコムが、地図情報を活用したスマートフォン/iPad向けサービスの現状と今後を解説する無料セミナーを開催する。(2010/7/6)

エントリ/ハイエンド向けDWH専用アプライアンスをリリース:
IBM、あらゆる業界に通用する顧客分析テンプレート提供
(2010/4/13)

今ほどCFOであることに心躍る時代はない【後編】
グローバル企業と比べて日本企業の多くは経理財務部門と経営企画部門が別々に存在しているため、経理財務の効率化においてさまざまな課題を抱えているのが現状です。どうすべきでしょうか。(2010/4/1)

日本IBM、2010年は「クラウド」「データ分析」に注力
日本IBMの橋本孝之社長が2010年の経営方針を説明。クラウドコンピューティングやデータ分析の分野に注力し、業界別のサービス提案を強化していく。(2010/2/15)

日本IBM 橋本社長の揺るぎないファーストプライオリティ
日本IBMの橋本孝之社長が2010年の経営方針を説明。最優先事項として「自由闊達な企業文化の醸成」を強調する。2009年からこだわってきた同社の礎作りを継続し、グローバルで勝つ企業作りを崩さない。(2010/2/15)

PR:データ収集だけで終わらせない、高度な情報活用で予測型経営を実現せよ
経営環境の変化がさらに激しさを増す中、企業には変化に対応するための俊敏さがより求められている。IBMはその実現に向けたアプローチとして、情報のさらなる活用を通じた経営管理の高度化を提唱し、その普及に尽力している。IBMの提唱する経営の高度化とは果たしてどのようなものなのか。また、その実現に向け、企業には何が求められているのか。(2010/2/15)

名寄せや苦情傾向分析などを提供中:
IBM、ビジネス分析や最適化支援を行う“BAO”を本格化
(2010/1/21)

IBM、公的機関向けビジネス分析企業NISCを買収
IBMがコンサルティング部門「Business Analytics and Optimization Services」の強化に向けて、ビジネス分析企業を買収する。(2010/1/21)

2010年の目標は:
キーワードは「成長」と「グローバル化」――IT各社の年頭所感から
世界同時不況の波に飲まれた2009年はIT業界にとっても厳しい一年だった。依然として先行きが不透明な状況の中で、IT企業は2010年にどのような展望を見出すのか。各社トップの意気込みをまとめた。(2010/1/5)

分析機能の追加/拡張も自在:
PR:導入は最短、成果は最速――新しいBIの選択肢「IBM Smart Analytics System」
9月30日に発表された「IBM Smart Analytics System」には、情報系システム投資に対するIBMの先進的ビジョンが詰め込まれている。それだけでなく、実装面までも完全にフォローすることで、「情報から価値を得るまでの期間を短縮する」という。(2009/10/5)

IBM、北京に事業分析サービス提供センターを開設
IBMはベルリン、東京に続けて北京にAnalytics Solution Centerを開設した。(2009/8/4)

Weekly Memo:
BI市場の活性化で不景気を吹き飛ばせ
BIの活用に向けた支援サービスがこのところ有力ベンダーから相次いで発表された。ビジネスの“攻め”の道具であるBIの市場が活性化すれば、景況にも好影響を与えそうだ。(2009/7/21)

数理学者の知見を最大限に生かす IBMが経営分析の新サービス
経営におけるデータ活用の重要性が叫ばれる中、日本IBMはコンサルタントと研究員の協業によるビジネス分析の新サービスを発表した。(2009/7/9)

IOD戦略の一環:
IBM、データ関係管理ソフトのExerosを買収
Exerosの技術を新コンサルティング部門「Business Analytics and Optimization Services」で活用する意向だ。(2009/5/7)

Cognos、ILOGの技術を活用:
IBM、企業の事業分析を助けるコンサルティング部門新設
IBMは、企業の経営的意思決定の速度と質の向上を助ける新部門「Business Analytics and Optimization Services」を立ち上げた。(2009/4/16)

伝送線路の評価に欠かせない:
TDR測定の基本を押さえる
TDR測定は、ケーブルやコネクタ、プリント基板、LSIパッケージなどの検証やトラブルシューティングに用いられている。これを利用することによって、伝送される信号のシグナルインテグリティを保証することが可能になる。本稿では、まずTDR測定の歴史と基本原理を押さえた上で、それを利用するメリットや最新の測定環境について解説を加える。(2007/12/1)

「トンネル抜けた」――ソフトバンク中間期、5年ぶり営業黒字
ソフトバンクが5年にわたる営業赤字のトンネルを抜けた。今後はADSLの教訓を生かし、初期投資を抑えながら黒字ベースの経営をしていく方針だ。(2005/11/10)

「Yahoo!は中国警察の密告者」――国境なき記者団が批判
(2005/9/7)

Yahoo!とAlibaba、戦略的提携を正式発表
米Yahoo!が10億ドルを投じ、中国B2B電子商取引最大手のAlibaba筆頭株主に。中国内で総合的にインターネット事業を展開する。(2005/8/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。