ニュース
» 2011年08月10日 19時04分 公開

Excelで業務用Webアプリを作成できるソフト 富士通が発売

富士通は、顧客管理などを行うWebアプリケーションをExcelを用いて簡単に作成できるようにするソフト「RapidWebSS」を発売した。

[本宮学,ITmedia]

 富士通と富士通アプリケーションズは8月10日、Microsoft Office Excelを利用して業務用Webアプリケーションを作成できるようにするソフト「RapidWebSS」を発売した。同ソフトにより、ユーザーは立替精算や顧客管理などを行うWebアプリケーションを、Excelを利用して簡単に作成できるようになるという。

 サーバに同ソフトをインストールし、Excelを用いて各種申請書類などを作成することで、新規にWebアプリケーションを作成できる。作成したアプリケーションの利用者は、Web上からアプリケーションにアクセスしてデータの入力や閲覧ができる。

 また、立替精算、顧客管理、商談管理、屋上会議など13種類のテンプレートを用意。ユーザーは必要なテンプレートを選択することで、1〜2時間でこれらの機能を持たせたWebアプリケーションを作成できるという。

photo RapidWebSSのシステム構成イメージ

 富士通によると、企業は頻繁に仕様が変化する業務などについてはExcelを用いて人手で管理していることが多く、進捗状況などを社内で共有しにくい問題があったという。同社はRapidWebSSの提供によって、企業における情報の一元管理を支援する。

 RapidWebSSの価格は9万8000円(税別)。富士通は今後3年間で、同ソフト1000本の販売を見込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -