ニュース
» 2012年02月24日 14時51分 UPDATE

旭海運、BCPを目的にノベルのバックアップ製品を採用

旭海運は、基幹システムのバックアップやリストアを目的にBCP対策を強化した。

[ITmedia]

 製鉄原料の輸送事業などを手掛ける旭海運は、基幹システムのバックアップおよびリストアを目的にBCP対策を強化した。システムを提供したノベルが2月24日に発表した。

 旭海運が導入したのは、ディザスタリカバリ(DR)/バックアップ向けハードウェアアプライアンス製品「PlateSpin Forge」。これにより、サーバ障害や自然災害発生時にも1時間以内に業務を復旧できる仕組みを構築した。具体的には、データセンターに設置したPlateSpin Forgeと社内の基幹システムとの間をインターネットVPNで接続して、1日1回の夜間処理を行うことで差分のバックアップを実施する。障害発生時は、PlateSpin Forgeにバックアップされている仮想イメージに切り替え、基幹システムを止めることなく運用できるようにした。リストア作業がシステム化されたことで、これまで1日以上かかっていた作業時間が1時間弱で可能になり、作業ミスも軽減されたという。

 旭海運では東日本大震災をきっかけにBCP対策を最優先課題と位置付け、さまざまなソリューションを検討。BCP対策専門の情報システム部門などを必要としない、操作が容易な仕組みを求めていた。

関連キーワード

バックアップ | BCP


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -