ニュース
» 2012年03月02日 14時36分 UPDATE

導入事例:リコー、クラウド型コラボツールで新商品の投入時間を20%削減

新商品の企画や販売準備に要する時間を約20%削減し、迅速な市場投入を可能にしたという。

[ITmedia]

 リコーは、日本IBMの企業向けコラボレーションサービス「IBM SmarterCloud for Social Business(旧称:IBM LotusLive)」を利用して新商品のリードタイムを削減し、迅速な市場投入を可能にする体制を構築したという。日本IBMが3月2日に発表した。

 同サービスは電子メールやコラボレーション、Web画面共有の各種サービスをIBMのデータセンターで提供するもの。リコーで商品企画を行うビジネスディベロップメントセンターなどが2011年10月から利用を開始し、ソリューションやサービスの開発から提供までの業務プロセスで同サービスを活用している。

 具体的には、販売会社からの市場ニーズの収集、また、市場の地域に即した価格や商品名など検討する際のフォーラムやオンライン会議の手段として利用。社員間での業務の共有や引き継ぎでは「アクティビティー・テンプレート」という文書で記載された業務プロセスを自動化する機能を利用した。

 こうした取り組みで関係者間での情報共有の促進および業務の効率化が図られ、商品の企画から販売準備までの合計時間を約20%削減し、会議関連の総時間も半分になったという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -