ニュース
» 2012年05月30日 12時21分 UPDATE

日本IBM、クラウドサービスのSLAを「99.9%」に引き上げ

企業向け「IBM SmarterCloud Enterprise」のSLAを99.5%から99.9%に引き上げた。

[ITmedia]

 日本IBMは5月30日、企業向けに提供するパブリッククラウドサービス「IBM SmarterCloud Enterprise」のサービスレベルアグリーメント(SLA)を99.5%から99.9%に引き上げたと発表した。併せて「オブジェクト・ストレージ」オプションの提供も開始した。

 オブジェクト・ストレージは、大容量ながらアクセス頻度の少ないデータを保管するサービス。インターネット経由でデータにアクセスでき、文書や音声、動画といった種類のデータにも対応する。サービスはIBM SmarterCloud Enterpriseとは別のデータセンターから提供し、災害や障害時にデータが失われるリスクを軽減した。

 利用料金(税別)は、月当たりの平均使用量が1テラバイトまでの場合で1Gバイトに付き21円。大量に利用するほど安価になるという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -