ニュース
» 2012年07月26日 16時49分 UPDATE

チェック・ポイント、ゲートウェイ部のセキュリティ対策を統合する新製品

ネットワーク境界部に導入している複数のセキュリティ対策を単一のアプライアンスやサーバに統合して、運用管理を簡素化できるという。

[ITmedia]

 チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは7月26日、ネットワークのゲートウェイ部で講じている複数のセキュリティ対策を仮想化技術で単一のアプライアンスやサーバに統合する製品「Check Point Virtual Systems」を発売した。

 新製品は、大規模企業やオンラインサービス事業者などネットワーク保護のために複数のセキュリティアプライアンスを導入している環境向けに提供。個別に運用や保守・管理している対策機器を統合することで、複雑化した対策の簡素化やコスト削減、ネットワーク処理能力の改善などつながるという。

 Check Point Virtual Systemsを導入した物理サーバ上に、セキュリティ対策機能を持たせた仮想マシンを最大250台まで稼働させることができる。同社製のファイアウォールやVPN、ウイルス対策、IPS、アプリケーション制御などのセキュリティソフトウェアを組み合わせることもでき、複数のネットワークセグメントを包括的に保護するとしている。

 製品価格は43万5000円(仮想マシン3台の場合)からとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -