ニュース
» 2012年09月06日 11時30分 UPDATE

L4〜7スイッチ市場が2けた成長、モバイル通信量の増加を背景に投資拡大

IDC Japanはレイヤ4〜7スイッチ市場の動向調査の結果を発表した。

[ITmedia]

 IDC Japanは9月6日、国内のレイヤ4〜7スイッチ市場の2011年実績と2016年までの予測を発表した。モバイルトラフィックの急増に伴うモバイルサービス提供用設備の投資拡大がけん引役となって、前年比17.1%増の237億9500万円になったと報告している。

 モバイルトラフィックの急増はスマートフォンの利用拡大が背景にあり、移動体通信事業者によるモバイルサービス提供用サーバリソースの拡大、それに伴うサーバ負荷分散需要や、トラフィックを抑制するキャッシング、トラフィック最適化のために需要が拡大したという。

 ベンダー別ではF5ネットワークスが、こうした需要に加えて一般企業でのプライベートクラウド構築などのシステム基盤統合需要も獲得し、8年連続で国内市場の首位を獲得。売上額の2位はA10ネットワークスだった。

 IDCによると、今後も同市場は拡大が続くと予想され、2011年〜2016年の年間平均成長率が9.2%になると見込んでいる。

tkidc001.jpg 国内レイヤ4〜7スイッチ市場 エンドユーザー売上額予測、2007年〜2016年(出典:IDC Japan)

関連キーワード

IDC | ネットワーク | 日本市場


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ