ニュース
» 2013年02月19日 13時56分 UPDATE

アジアをつなぐ光海底ケーブルを建設、NECと富士通

日本とフィリピン、香港、マレーシア、シンガポールを結ぶ、総延長約7800キロの大容量光海底ケーブルシステムが完成した。

[ITmedia]
route01.jpg ルート図

 NECと富士通は2月19日、アジア主要都市を接続する大容量光海底ケーブルシステム「Asia Submarine-cable Express」の建設が完了したと発表した。NTTコミュニケーションズなどの通信事業者がサービスに利用する。

 完成したケーブルシステムは、日本とフィリピン、香港、マレーシア、シンガポールを結ぶ総延長約7800キロの回線。40Gbpsのデジタルコヒーレント伝送技術を採用しており、最大容量は15テラbpsとなる。

 建設ではNECが海底機器(海底ケーブル、海底中継装置、OADM分岐装置)や海底監視装置と給電装置、富士通が波長多重伝送端局装置とネットワーク監視装置を供給した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -