ニュース
» 2013年06月10日 17時19分 UPDATE

IPv4サービスの継続とIPv6の導入を両立する技術、富士通が開発

富士通は、Pv4サービスをIPv6ネットワーク上で通信することが可能な「SA46Tマルチプレーンエクスパンション」を開発した。

[ITmedia]

 富士通は6月10日、IPv4サービスの継続とIPv6の導入を両立できるとした新技術「SA46Tマルチプレーンエクスパンション」を発表した。インターネット普及に伴ってPCやサーバ、通信機器に割り当てられてきたIPv4アドレスの枯渇における課題に対処するものとなる。

 同社によれば、現在主流となっているIPv4とIPv6を共存させて用いるための技術「デュアルスタック」が構成できず、今後はIPv6でしか構成できないネットワークが発生することが予測されている。そのため、現在のIPv4で構成された各種サービスのIPv6への対応が求められるものの、現実的には短期間でのIPv6化は必ずしも容易ではなく、IPv6移行までのIPv4サービスの継続利用が必要となっている。

 SA46Tマルチプレーンエクスパンション技術は、IPv6のバックボーンのネットワークでIPv4の通信を可能にする「SA46T」と、新開発の「SA46T-PR」「SA46T-PT」の3つの要素技術で構成され、IPv4サービスを最大で約43億個に拡張できるほか、ネットワーク規模や複数の国をまたぐような地理的距離を問わないスケーラビリティを実現する技術だという。

 SA46Tとスタブネットワーク側で利用するSA46T-PRとの組み合わせによって、IPv4サービスをIPv6ネットワーク上で通信することが可能になる。さらに、SA46T-PTを用いてバックボーンを相互接続することで、エリア間をまたぐネットワーク上でIPv4サービスを簡単な設定で継続利用できるようになる。

fujitsu0610.jpg 構成イメージ

 今後、IPv6のみで構成されたネットワークが構築された場合、そのネットワーク規模により、「SA46T」と「SA46T-PR」とを使い分けることで適材適所の構築が可能となり、企業のIPv6ネットワークへの円滑な移行を支援するとしている。

関連キーワード

IPv6 | ネットワーク | IPv4 | 富士通


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -