ニュース
» 2013年09月13日 13時25分 UPDATE

NEC、最新版Xeonプロセッサ搭載のサーバ新製品を発売

「インテル Xeon プロセッサー E5-2600v2」を採用したExpress5800シリーズの新製品4モデルを発表した。

[ITmedia]

 NECは9月13日、IAサーバ「Express5800シリーズ」の新製品を発売した。最新版の「インテル Xeon プロセッサー E5-2600v2製品ファミリー」を搭載したもので、4モデルをラインアップしている。

 新製品は、周辺装置とのI/O性能を強化したラックマウント型サーバで2Uサイズの「Express5800/R120e-2M」、同1Uサイズの「Express5800/R120e-1M」、ブレード型サーバの「Express5800/B120e-h」、メニーコアサーバの「Express5800/HR120b-1」。

nec0913.jpg サーバ新製品

 ラックマウント型およびブレード型サーバは、最新CPUや従来比2倍の最大容量となるメモリを採用したことで、処理性能を30%向上させた。Windows Server 2012 Hyper-Vを自動セットアップできるユーティリティ「EXPRESSBUILDER Ver.7」を標準搭載するほか、運用管理をサポートする「EXPRESSSCOPEエンジン3」も強化している。ブレード型サーバではPCI Express 3.0に対応したRAIDコントローラも採用し、I/O性能も大幅に強化している。メニーコアサーバでは処理性能を従来比最大23%向上させ、「インテル Xeon Phi コプロセッサー」と組みわせることもできる。

 販売価格はExpress5800/R120e-2Mが47万8000円から、Express5800/R120e-1Mが40万4000円から、Express5800/B120e-hが47万8000円から、Express5800/HR120b-1が140万円からとなっている。

関連キーワード

Express5800 | 新製品 | Xeon | NEC(日本電気)


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ