ニュース
» 2013年10月07日 12時06分 UPDATE

導入事例:南日本情報処理センター、データセンターにSDNを導入

データセンターのネットワーク基盤に、NEC製のOpenFlow対応ネットワークコントローラとスイッチを導入した。

[ITmedia]

 南日本情報処理センター(鹿児島市)がデータセンターのネットワーク基盤に、NECのOpenFlow対応ネットワークコントローラ「UNIVERGE PF6800」とスイッチ「UNIVERGE PF5240」を採用し、SDN(Software-Defined Networking)によるネットワーク基盤を構築する。NECが10月7日に発表した。

 南日本情報処理センターでは採用製品を中核に、仮想ネットワークを構成してクラウドサービスに適用する。新規ユーザーからの申込に対する短期間でのサービス開始や無停止での設定変更/メンテナンスの実現、スモールスタートからの導入と容易なスケールアウトが可能になり、クラウドサービスの提供や運用のスピードアップ、サービス品質の向上、運用コストの半減、リソースの効率的活用などを期待しているという。

 また、ファイアウォールなどの機器のリソースをプール化して共同利用できる安価なセキュリティサービスの提供や、NECの九州データセンターと連携した広域バックアップサービスも予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -