ニュース
» 2013年10月11日 16時39分 UPDATE

社外に開示するレポートの作成・管理ソフト 日本IBMが発売

日本語に対応した「IBM Cognos Disclosure Management V10.2.1」では財務など企業が外部向けに提供する情報開示用レポートの自動作成機能を備える。

[ITmedia]

 日本IBMは10月11日、ディスクロージャー・マネジメント(情報開示管理)に特化したソフトウェア製品「IBM Cognos Disclosure Management V10.2.1」を発売した。監督官庁や株主など社外に向けたレポートを自動作成、更新、また必要なメンバーで共有することができる機能を搭載し、金融業や企業の財務部門などのレポート作成業務の効率化を支援する。

 新製品は、経営に関する数値の正確性を担保し、発行直前までの頻繁な変更にも柔軟に対応できるレポートの自動作成機能が特徴という。レポート作成担当者が使用するWordやExcel、PowerPointの各アプリケーションと連携し、作成レポート内に経営情報データベースと連携した変数を設定できる。経営情報側のデータに変更があれば、レポート側のデータも自動的に変更され、手作業で数値の変更や確認する手間が無い。誤入力や転記ミスのリスクを低減する。

 ODBCに対応しているほか、Excelなどの表計算ソフトウェアの値や同社の分析ソフトウェア「IBM Cognos 10 BI」「IBM Cognos TM1」で分析された数値などを用いた現状分析や将来予測などの解析データまで、レポートに活用、反映できるとしている。

 さらに監査対応も視野に入れたレポートの作成や管理も行える。作成した文書の承認ワークフロー機能を実装すると同時に、ワークフローにおいて誰がいつ、確認や承認をしたかといったログ、文書の変更履歴を記録する。1つのレポートの中でも章やページごとに閲覧権限を設定することもできる、情報開示までの機密保持などセキュリティ面も担保している。

 IBM Cognos Disclosure Management V10.2.1のライセンス使用料金は、10ユーザーライセンスを含む最小構成で1000万円(税別)から。

関連キーワード

IBM | ソフトウェア | Cognos | 情報開示 | 経営 | 情報公開


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ