ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「情報開示」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「情報開示」に関する情報が集まったページです。

「すぐにでも悪用されるのは確実」――Microsoftが2019年6月の月例セキュリティ情報公開
計88件の脆弱性が修正された。中でも「タスクスケジューラの特権昇格の脆弱性」は事前に情報が公開され、セキュリティベンダーはマルウェアに悪用される可能性が大きいと指摘する。(2019/6/12)

Androidの月例セキュリティ情報公開、メディアフレームワークなどに重大な脆弱性
細工を施したファイルを使ってリモートで悪用される恐れのある脆弱性が、メディアフレームワークなどに存在する。(2019/6/4)

Windowsタスクスケジューラに未解決の脆弱性、悪用コードも公開
コンセプト実証の悪用コードをGitHubで公開した人物は、さらに複数の未解決の脆弱性情報を公開すると予告している。(2019/5/23)

Cisco製品にハードウェア改ざんの脆弱性、「Secure Boot」実装のルーターやスイッチなど多数に影響
Cisco Systemsは自社製品に組み込む「Secure Boot」にファームウェア改ざんのリスクがある脆弱性が発見されたと発表した。情報を開示して対策を促す。(2019/5/14)

Androidの月例セキュリティ情報公開、リモート攻撃につながる脆弱性に対処へ
特に危険性が大きいメディアフレームワークの脆弱性は、リモートの攻撃者が細工を施したファイルを使って任意のコードを実行できてしまう可能性がある。(2019/5/7)

お出掛け前にチェック:
連休中の渋滞、どれくらい大変? ナビタイムが情報公開、無料で確認可能に
(2019/4/28)

「『不正指令電磁的記録の罪』積極的な取り締まりを」警察庁の2月の通達、奈良県警が全文開示
奈良県警がエンジニアのSUGAIさんの情報公開請求に応じ、「不正指令電磁的記録に関する罪」(いわゆるウイルス罪)についての警察庁からの通達を公開。(2019/4/11)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
続・スバルよ変われ(後編)――2040年のクルマ
前編の「安心と愉しさ」を実現するための、スバルの新たな3つの軸と、未来のスバルへの情報開示をどうしていくのかという話に続き、2030年、40年のスバルはどうなるか。STI社長兼スバル技監である平川良夫氏へのインタビューから。(2019/4/9)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
続・スバルよ変われ(前編)――STI社長インタビュー
スバルの問題点を指摘した記事『スバルよ変われ』。そこで書いた「安全と愉しさ」だけでもなく、スバルの中期経営計画(中経)についても疑義があった。それは手の内を何も明かさない中経に何の意味があるかという疑問だ。スバルはもっと情報を開示し、スバルとはどういう価値を生み出す会社なのか。(2019/4/8)

4月のAndroidの月例セキュリティ情報公開、メディアフレームワークに重大な脆弱性
Androidのメディアフレームワークの脆弱性は、悪用されればリモートの攻撃者が細工を施したファイルを使って、特権プロセスで任意のコードを実行できてしまう恐れがある。Googleはその脆弱性に対するセキュリティパッチを公開した。(2019/4/3)

Cisco IOS XE、半年に1度のセキュリティ情報公開 危険度「高」の脆弱性対応も
Ciscoはルーターなど多数の製品に搭載されている「IOS」「IOS XE」の脆弱性に対処した。これとは別に、スモールビジネス向けルーターの未解決の脆弱性に関する情報も公開した。(2019/3/29)

「ウイルス罪」適用範囲、全都道府県警に開示請求 エンジニアが進ちょく公開、議員に陳情も……いたずらURL事件受け
いたずらURLを掲示板に書き込んだ3人がウイルス供用未遂の疑いで摘発。エンジニアの間で「何がアウトかセーフか分からない」と不安が広がる中、ウイルス罪の適用範囲を明らかにするよう求める情報公開請求を行うエンジニアが現れた。(2019/3/19)

「私は既に萎縮している」 セキュリティエンジニア、兵庫県警に情報公開請求 「いたずらURLで摘発」問題で
JavaScriptを使った無限ループプログラムのURLを掲示板に書き込んだ3人が摘発された事件。「何がセーフで何がアウトか分からない」とエンジニアの間で困惑が広がる中、あるセキュリティエンジニアが兵庫県警に対して、どういった内容が摘発対象になるか説明を求める情報公開請求を行った。(2019/3/13)

東京地裁、ファイル共有ソフト「Share」「BitTorrent」使った違法アップローダーの氏名・住所開示を命じる 日本レコード協会が発表
今後は開示情報をもとに、損害賠償に関する協議が進められる予定。(2019/3/7)

AppleのmacOSカーネルに未解決の脆弱性、Google Project Zeroが情報公開
Google側が指定した90日の期限を過ぎても、Appleがパッチを提供しなかったとして、Project Zeroが脆弱性情報の公開に踏み切った。(2019/3/5)

Google、Androidの3月の月例セキュリティ情報を公開
Androidの3月の月例セキュリティアップデートでは、11件の「Critical」を含む多数の脆弱性が修正される。(2019/3/5)

Windows 10とWindows Server 2016に影響:
CPU使用率が100%に急騰も、Microsoftがセキュリティ情報公開
Microsoftによると、IISを実行しているWindows Serverに不正なHTTP/2リクエストを送り付けることにより、一時的にCPUの使用率を100%まで上昇させることができてしまう可能性がある。(2019/2/22)

Microsoftの月例更新プログラム公開 既に攻撃が発生しているIEの脆弱性も
IEの情報流出の脆弱性については、攻撃の発生が確認されているほか、Exchange Serverの特権昇格の脆弱性など4件については、事前に情報が公開されていた。(2019/2/13)

コンテナランタイム「runc」に脆弱性、DockerやKubernetesに影響
RedHatやAmazon Web Services(AWS)、Google Kubernetes Engineなどのセキュリティ情報も公開され、アップデートの適用などを呼び掛けている。(2019/2/12)

更新プログラムは開発中:
Microsoft、Exchangeの脆弱性に関するセキュリティ情報を公開
悪用された場合、攻撃者が中間者攻撃を仕掛けて他のExchangeユーザーになりすますことができてしまう恐れがある。(2019/2/7)

2月のAndroid月例セキュリティ情報公開、PNG関連の脆弱性などに対処
フレームワークの脆弱性は、細工を施したPNGの画像ファイルを使ってリモートの攻撃者に特権で任意のコードを実行される恐れがある。(2019/2/6)

OSS脆弱性ウォッチ(11):
2019年も脆弱性の全公開情報を調べるには2〜3人月かかる――CVE/CWE視点で見る2018年の脆弱性のトレンド
連載「OSS脆弱性ウォッチ」では、さまざまなオープンソースソフトウェアの脆弱性に関する情報を取り上げ、解説する。今回は、2018年の脆弱性のトレンドを、CVE、CWEなどの視点から見てみます。(2019/1/17)

Google、Androidの月例セキュリティ情報を公開
最も深刻な脆弱性では、リモートの攻撃者が細工を施したファイルを使って特権で任意のコードを実行できてしまう恐れがある。(2019/1/8)

初日の出の時刻、位置情報で予測 ウェザーニューズのスマホアプリ
ウェザーニューズがスマートフォンアプリで初日の出の情報を公開。ユーザーの位置情報を基にした時刻予測も行う。(2018/12/26)

Apple、iOSやmacOSの更新版リリース 多数の脆弱性を修正
「iOS 12.1.1」「macOS Mojave 10.14.2」の他、tvOS、Safari、Windows版iTunesとiCloudなどのセキュリティ情報を公開した。(2018/12/6)

Google、PixelとNexusの12月のセキュリティ情報公開 メモリなど多数の問題を修正
Googleが、PixelとNexus向けのセキュリティおよび機能アップデートの配信を開始した。バックグラウンとのアプリが終了してしまう問題や、カメラ関連の機能の改善が行われる。(2018/12/4)

Android最新バージョンへの更新は進んでいない
「Androidエコシステムのセキュリティ」透明性レポート――情報開示に向けた一歩
Googleは2018年11月に「Androidエコシステムのセキュリティ」透明性レポートを初公開した。このデータから見えることと、公開されなかったデータから推測されることについて解説する。(2018/12/3)

YouTubeの漫画“ネタバレ”投稿、東京地裁が著作権侵害とし発信者情報の開示命令
吹き出しの文字だけを抜き出して投稿した事例に対しても違法との判断が。(2018/11/29)

漫画「闇金ウシジマくん」の“ネタバレ動画”は「違法」 東京地裁、YouTubeに投稿者情報の開示を命じる
著作権者に無断でYouTube上に漫画「闇金ウシジマくん」の画像や文字情報をアップロードする行為が著作権侵害に当たるとして、東京地裁が米国YouTube社に対し、投稿者情報の開示を命じる仮処分を決定。(2018/11/28)

Microsoft、11月の月例セキュリティ更新プログラム公開 既に悪用の脆弱性も
今回修正された脆弱性のうち2件は事前に情報が公開され、1件については既に攻撃が発生している。(2018/11/14)

Google、2018年11月のAndroid月例セキュリティ情報公開
最も深刻な脆弱性については、細工を施したファイルを使って、特権で任意のコードを実行される可能性が指摘されている。(2018/11/7)

Apple、「iOS 12.1」「macOS Mojave 10.14」などのセキュリティ情報を公開
他にも「watchOS 5.1」「tvOS 12.1」「Safari 12.0.1」「iTunes 12.9.1」「iCloud for Windows 7.8」のセキュリティ情報が公開されている。(2018/10/31)

画像「無断転載」の情報開示請求、慣れたら10分でできる 裁判で約90万円勝ち取った写真家インタビュー
実体験を交えて語っていただきました。(2018/10/28)

「ブロッキングの検討、白紙に戻すべき」 Cloudflareによる「漫画村」運営者情報開示受けJILISが意見書
「ブロッキングについての検討はいったん白紙に戻すべき」――JILISが意見書を公表。Cloudflareが6月、漫画村の運営者情報を開示していたことが判明したため、タスクフォースの前提が崩れたと指摘している。(2018/10/12)

Cloudflareに発信者情報開示の仮処分 海賊版サイト対策、進展するか
東京地裁は、CDN事業者の米Cloudflareに対し、人格権を侵害するWebサイトにサービスを提供したとして、キャッシュデータの削除と発信者情報開示の仮処分を命じた。(2018/10/10)

Google、2018年10月のAndroidセキュリティ情報を公開 フレームワーク関連の脆弱性に対処
フレームワーク関連の脆弱性は、リモートの攻撃者が細工を施したファイルを使って特権で任意のコードを実行できてしまう恐れがある。(2018/10/2)

「iOS 12」のセキュリティ情報公開、16件の脆弱性を修正
同時に「tvOS 12」「watchOS 5」「Safari 12」「Apple Support 2.4 for iOS」のセキュリティ情報も公開された。(2018/9/18)

新iPhoneのデュアルSIMは日本で使える? 中国・香港版iPhone XS Max、XRを買って失うもの
中国、香港、マカオで販売されるiPhone XS MaxとXRの「デュアル SIM」運用について、Appleが情報を公開している。(2018/9/15)

関係者「現状を把握したい」:
韓国政府、ICOの取り締まり強化か ブロックチェーン企業の非開示情報を収集
韓国の金融監督当局がICOに関する捜査の一環として、国内のブロックチェーン(分散型取引台帳)関連企業に接触を図っている。もし仮想通貨の発行において規制を破っていると見なされれば、企業はの制裁を受けることになるという。(2018/9/13)

未解決の脆弱性に関する情報も公開:
Microsoft、9月の月例セキュリティ更新プログラム公開 計61件の脆弱性を修正
深刻度が「緊急」の脆弱性は18件。悪用される危険性が大きく、事前に情報が公開されていた脆弱性も複数ある。(2018/9/12)

重大な脆弱性をいかに公開するか
Meltdown/Spectreはこうして公開された――Google、Microsoft、Red Hatが明かす真実
「Black Hat 2018」のセッションの中で、GoogleとMicrosoft、Red Hatの担当者が、「Meltdown」と「Spectre」の脆弱性に関する情報を公開するまでの内幕を披露した。(2018/9/7)

Google、Androidの月例セキュリティ情報公開 メディアフレームワークに深刻な脆弱性
メディアフレームワークに存在する2件の脆弱性は、リモートの攻撃者が細工を施したファイルを使って特権で任意のコードを実行できてしまう恐れがある。(2018/9/5)

Android版「フォートナイト」にインストール乗っ取りの脆弱性、情報公開のタイミング巡りEpicがGoogle批判
Samsungのデバイスでは、Fortnite Installerがデバイス上のアプリに乗っ取られ、偽のAPKが密かにインストールされてしまう恐れがあった。(2018/8/28)

秋に世界初披露か:
BMW、新型「3シリーズ」の一部情報を公開
独BMWが新型「3シリーズ」セダンの一部情報を公開した。フルモデルチェンジは7年ぶり。(2018/8/17)

Apple、「macOS Mojave に備える」を公開
秋に登場する予定の次期macOSへの準備についてAppleが情報を公開している。(2018/8/13)

海賊版サイトブロッキング問題、壇弁護士など連名で意見書 賛同募る
海賊版サイトのブロッキング問題について弁護士が意見書を公表した。ブロッキングは「極めて副作用が大きい」と慎重な検討を求め、プロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求など現行法で行える対策を、十分なスキルを持つ弁護士に依頼することなどを提言している。(2018/8/10)

「職員ブラボー」──西日本豪雨被害、東広島市が公開した道路通行止め情報に称賛の声 「Googleマップ」活用で 担当者に聞いた
広島県東広島市がGoogleマップを活用した道路通行止め情報を公開している。ユーザーそれぞれのデバイスに適した表示ができるなど、メリットが大きいと称賛されている。柔軟な対応ができた理由を同市役所の担当者に聞いた。(2018/7/13)

Apple、iOSやmacOS、Windows向けiCloudなどのセキュリティ情報公開
iOS 11.4.1で修正された絵文字関連の脆弱性では、「台湾」という単語を入力するたびに、アプリケーションがクラッシュすると報告されていたという。(2018/7/11)

Android月例セキュリティ情報公開、複数の深刻な脆弱性に対処
メディアフレームワークやシステムなどに、深刻な脆弱(ぜいじゃく)性が存在する。(2018/7/3)

個人情報はどのように扱われているのか
Appleが「透明性レポート」公表 情報開示を求められるデバイス数が増加
Appleの2017年下半期透明性レポートは、米国の国家安全保障に基づく要請が増加したことを示した。専門家は、同社が開示すべき情報はまだ他にもあると指摘する。(2018/6/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。