ニュース
» 2015年04月01日 16時12分 UPDATE

「くまモン」のICカードで地域振興、新システムが稼働

熊本県内の交通機関や商業施設で利用できる「熊本地域振興ICカード」のシステム運用が始まった。

[ITmedia]

 熊本県内の交通事業者5社と肥銀コンピュータサービスが運営する「熊本地域振興ICカード」(くまモンのIC CARD)」のシステムが4月1日に稼働した。地域振興への貢献を目指す。

kumaic01.jpg くまモンのIC CARD(C)2010 熊本県くまモン #K20348

 くまモンのIC CARDは、県内の九州産交バス、産交バス、熊本電気鉄道、熊本バス、熊本都市バスの路線バスや鉄道、一部の高速バスで乗車券をして利用できるほか、県内の商店街や商業施設の加盟店では電子マネーとしても利用できる。相互利用できるポイントサービスやオートチャージ機能も搭載する。

 独自仕様のICカードを発行することで、地域を主体する柔軟なサービスの展開を可能にし、住民の利便性向上や県内の経済活性化への貢献が期待されている。

kumaic02.jpg 主な機能(肥銀コンピュータサービスより)

 今後は熊本市電での利用や福祉乗車券機能の搭載などを予定。同システムは、NECとトリニティと共同で構築した。

関連キーワード

ICカード | くまモン | 地域活性


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -