ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「地域活性」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「地域活性」に関する情報が集まったページです。

「ポケモン化石博物館」全国を巡回 ポケモンの実物大骨格イメージ模型など展示
ポケモンと実際の化石を比較しながら古生物学を学べる「ポケモン化石博物館」が全国4カ所で開催されます。「ガチゴラス」と「トリデプス」の実物大骨格イメージ模型、カセキポケモンによく似た本物の化石標本などを展示します。(2021/4/20)

カセキポケモンから学ぶ「ポケモン化石博物館」開催 かはく史上初の地域振興を目的とした巡回展
「ポケットモンスター」シリーズに登場する「カセキ」「カセキポケモン」と私たちの世界で見つかる「化石」「古生物」をテーマに、「観察・比較」という科学の基本的な手法を体験、楽しく古生物学を学ぶことができる。(2021/4/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「焼売ブーム」到来!? かつや、大阪王将、味の素が熱烈に注目
焼売に注目する企業が増えている。かつや、大阪王将、味の素が相次いで個性的な商品を投入。コロナで苦しんでいる居酒屋を救う可能性もある。(2021/4/12)

JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
ノスタルジーがすごい。(2021/4/9)

大反響:
「珈琲館伯爵邸」の看板、「FM NACK5」のロゴ ご当地ガチャが話題に
神社、知る人ぞ知る人気喫茶店など、さいたま市大宮区のさまざまなシンボルをモチーフにしたキーホルダーを販売するカプセル玩具販売機「ガチャガチャ」が登場し、SNSなどで話題になっている。(2021/4/6)

アニメ「やくも」の舞台裏【後編】:
陶芸アニメで町おこし 岐阜県多治見市を舞台にした観光戦略とは
元となるコンテンツを制作し、アニメ化となる原案を作る――。そんな地方創生戦略のもとに動いていたアニメ『やくならマグカップも』。岐阜県多治見市を舞台にした観光戦略とは?(2021/4/6)

アニメ「やくも」の舞台裏【前編】:
多治見が舞台の陶芸アニメ『やくならマグカップも』、“原作者”は東京ディズニーランド生みの親! 仕掛け人が明かす観光戦略の裏側
聖地巡礼の元となる地域住民がコンテンツを制作し、アニメ化となる原案を作る――そんな地方創生戦略のもとに動いていた作品がある。漫画『やくならマグカップも』だ。陶芸に打ち込む女子高生を描いた作品で、「美濃焼」で知られる岐阜県多治見市を舞台にしている。仕掛け人のIT企業「プラネット」の小池和人会長によると、その背景には東京ディズニーランドの生みの親である故・堀貞一郎さんとの切っても切り離せない関係があるという。東京ディズニーランドと『やくも』はどうつながっているのか。なぜ、コンテンツで地方創生を志そうと思ったのか。小池さんに聞いた。(2021/4/5)

リモート副業:
20代の半数以上「リモートで地方の仕事をしてみたい」 理由1位は「地域貢献」ではなく……?
20代の半数以上が「リモートで、地方の企業・団体の仕事(副業)をしてみたい」と思っている──そんな調査結果を、学情が発表した。理由は?(2021/3/25)

”AI加山雄三”が役所・スーパーで館内放送 茅ケ崎市が地域活性で
神奈川県茅ヶ崎市が、歌手・加山雄三さんの声を音声合成AIで再現し、市役所や市立病院での館内放送に活用する取り組みを4月5日に始める。地域活性に向けた施策の一環という。(2021/3/24)

安全システム:
高齢ドライバーの交通事故削減へ、日産が産学連携のバーチャル研究所
日産自動車は2021年3月19日、産学連携のバーチャル研究所「交通安全未来創造ラボ」を設立したと発表した。新潟大学、北里大学、相模女子大学と協力し、交通死亡事故ゼロに向けて高齢ドライバーや幼児、児童、訪日外国人、過疎化による公共交通機関の縮小で移動に不安を抱える人などを対象にした研究を行う。(2021/3/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「鉄道を盛り上げるボランティア」の報酬は何か 網走に学ぶ
JR北海道は、SL列車「SL冬の湿原号」を釧路側、「流氷物語号」を網走側と、2つの観光列車を東部で冬に運行している。しかし新型コロナの影響で「あばしりオホーツク流氷まつり」が中止。運行中止の恐れもあった「流氷物語号」の運行を後押ししたのはボランティア団体だった。その活動から、ボランティアの報酬について考える。(2021/3/19)

総務省も注目:
地域活性化の助けとなる「関係人口」ランキング 3位は北海道、2位は沖縄県、1位は?
新たな地域づくりの担い手として「関係人口」が期待されている。ブランド総合研究所は「関係人口」に関する調査を実施した。最も関係人口の多かった都道府県は?(2021/3/15)

青梅線沿線を丸ごとホテルに JR東日本らが展開「沿線まるごとホテル」体験宿泊ツアー、4月20日まで販売
新しい沿線活性化+旅提案のプロジェクトです。(2021/3/12)

道の駅なみえ:
全国初 無印良品が道の駅に出店 浪江町復興の”シンボル”
良品計画は、福島県浪江町の「道の駅なみえ」に「無印良品 道の駅なみえ」を出店すると発表した。(2021/3/12)

産業動向:
空き家バンクの参画自治体が500団体超え、アットホーム
アットホームは、運営するWebサイト「全国版 空き家・空き地バンクサイト」の参画自治体数が500団体を超えたことを発表した。2021年3月頃には、地域共創プロジェクトの紹介ページ開設を見込んでおり、同年4月頃にはWebサイト全体のリニューアルを予定している。(2021/3/8)

卑弥呼の居館をARで再現 山田寺の伽藍も 奈良・桜井市が制作へ
奈良県桜井市は、世界遺産登録を目指す山田寺跡と、邪馬台国の有力候補地である纒向遺跡にあった建物などを再現する動画の制作を決めた。AR技術などを活用し、現地を訪れた人がスマホなどで見ることができるようにする。(2021/3/5)

オタクの老後:
「男性の老人キャラはいい役が多い」 60歳でコスプレデビューした“亀仙人”から学ぶ、いつまでも趣味と人生を楽しむ方法
アニメや漫画の老人キャラ、言われてみればいい役ばかり!(2021/3/27)

マウス、飯山市との包括連携協定を締結 10種の取り組みで提携し地域貢献を目指す
マウスコンピューターは、市民サービスの向上と地域の活性への寄与を目的とした長野県飯山市との連携協定を発表した。(2021/2/24)

IOC注目「バーチャルスポーツ」……有馬温泉で仮想ロードレースも
コロナ禍の中、eスポーツに現実的な身体運動の要素を加えた「バーチャルスポーツ」が注目されている。国際オリンピック委員会も「五輪プログラムへの追加を検討する」との提言を発表した。(2021/2/22)

「ほしい物リスト」のプレゼント、贈与税の申告と納税が必要となる場合があるって知ってましたか?
1年間にもらった財産の合計額が110万円以下なら贈与税はかかりません。(2021/2/18)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
JALが推進する「ワーケーション」 旅行先で仕事をするだけじゃない”真の活用法”とは
新型コロナウイルス感染拡大により、在宅勤務やテレワークなど新しい働き方が広まっているが、コロナ禍前から働き方改革の一環として「ワーケーション」の導入に力を入れてきた企業がある。それが日本航空(JAL)だ。なぜワーケーション導入に至ったのだろうか。(2021/2/17)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(74):
「仕事の楽しさ」は、51ならそれでよし
「あなたは仕事が楽しいですか?」――と質問されて、一瞬、言葉が詰まってしまいました。はて、私は仕事が楽しくないのでしょうか?(2021/2/17)

舞台「フラガール」、乃木坂46・樋口日奈主演で再演決定 「バトンを受け取ったのね」「積み重ねてきた努力の結果」と歓喜の声
ひなちま、おめでとう!(2021/2/14)

「恐ろしい建物ができていた」 工業用ミシンなどプロの機器を使える工房が東京・日暮里に誕生 「天国発見」と反響呼ぶ
日暮里の繊維街の一角にある区の施設に、手芸やクラフト好きにはたまらない工房がオープンします。(2021/2/6)

CSRと何が違うのか:
企業がSDGsに取り組まなければいけない、これだけの理由
SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)という言葉を経営者などから聞く機会も増えてきた。一方で、その本質については、まだ十分に理解されていないように思う。本稿では、企業がSDGsに取り組む意義について考えていきたい。(2021/1/27)

反響は:
パソナグループの南部代表に聞く、淡路島移転で何を目指すのか
東京から兵庫・淡路島への本社機能の一部移転を決めたパソナグループ。東京勤務の約1800人のうち、約1200人を令和6年5月までに移動させる計画だ。コロナで働き方で変わるなか、目指すものは何か。(2021/1/27)

2期計画が始動:
ヨドバシカメラ、仙台駅前に大型商業施設 2023年春完成へ
ヨドバシホールディングスは、JR仙台駅東口エリアに新商業ビルを建設する。商業店舗やオフィスなどを備えた12階建ての施設となる。地域活性化を進める開発計画として、2023年春の竣工を目指す。(2021/1/26)

観光ベンチャー、コロナ禍で新事業に挑む 需要回復に期待 
起死回生の期待がかかるのは、自社の人材の能力を生かした新事業の立ち上げやコロナ禍の中でも需要が見込める他社の買収などの一手。(2021/1/21)

インターステラの採用戦略(後編):
インターステラテクノロジズが「ホリエモンのロケット採用」に踏み切った理由
北海道大樹町で観測ロケットと超小型衛星打ち上げロケットを独自開発しているインターステラテクノロジズ。同社が今後事業を拡大していくためには、人材を呼び込むことも大きな課題だ。後編ではISTの今後の計画と、採用戦略について明らかにする。(2021/1/19)

インターステラの採用戦略(前編):
ホリエモンが「次の基幹産業は宇宙ビジネスだ」と断言する理由
北海道大樹町で観測ロケットと超小型衛星打ち上げロケットを独自開発しているインターステラテクノロジズ。同社ファウンダーのホリエモンこと堀江貴文が宇宙ビジネスが自動車産業などに代わって日本の基幹産業になる可能性を語る。日本が持つ技術的・地理的なポテンシャルの高さがあった。(2021/1/18)

タイムアウト東京のオススメ:
初詣はスパイスで「新春お守りスパイス2021」
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2021/1/5)

今日のリサーチ:
Sansanが「ビジネス関係人口2020」を発表 エコツーリズムやローカルベンチャーに注力する自治体が上位に
Sansanのデータ統括部門DSOCは、2020年にビジネスにおける関係人口が多かった地方自治体をまとめた「ビジネス関係人口2020」を発表しました。(2020/12/25)

人生100年時代の働き方・活躍の仕方とは?
2021年4月から「70歳までの就業機会の確保等」に関する高年齢者雇用安定法が施行される。高齢者が活躍できる場は少ない印象があるが、どこで活躍できるのか?(2020/12/23)

政府の「V-RESAS」、1日の人出増減率を表示する機能 年末年始の人出確認に
新型コロナウイルス感染症が地域経済に与える影響のデータをまとめたWebサイト「V-RESAS」で、午後3時時点の流動人口データを当日の午後9時に確認できるようになる。(2020/12/22)

製造ITニュース:
デジタルトランスフォーメーション導入支援サービスを共同開発
YE DIGITALは、デジタルトランスフォーメーションに向けたICT、IoTシステム導入を支援する仕組みづくりの共同提供に向けた協議を、九電ビジネスソリューションズと開始した。(2020/12/21)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(72):
「自分らしい仕事って何だろう?」と悩んでいるキミへ
自分らしい仕事をしたい――そう願っている人は少なくないはずです。でも、「自分らしさ」が分からずに、不安や悩みを抱えていませんか?(2020/12/16)

本社機能も一部移転している:
パソナグループ、「ドラゴンクエスト」のアトラクションを淡路島にオープン
新アトラクション『ドラゴンクエスト アイランド 大魔王ゾーマとはじまりの島』が2021年にオープン。パソナグループが兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」に展開する。(2020/12/11)

「変化できる企業」に:
PR:起業家育成、プログラミング教育、デジタルコイン サツドラが北海道で仕掛ける地域コネクティッドビジネスとは?
(2020/12/2)

コロナ禍に最適!?:
リモートワークの次の働き方 「平日・都市型ワーケーション」のすすめ
社会の変化に合わせ、新たな働き方として注目されているのが、「都市型ワーケーション」だ。さらに平日の業務時間内に出張先た旅先で仕事をする「平日型ワーケーション」も注目を集めている。作家/ワークスタイル専門家の沢渡あまね氏などに効用を聞いた。(2020/12/4)

モーニング娘。を起用:
なぜ石川県の加賀温泉郷に人が集まるのか 「ファンづくり」の裏側
新型コロナの感染拡大を受けて、多くの観光地が苦しんでいる。Go To トラベルによって人出が戻りつつある中、週末には多くの観光客でにぎわっているところがある。石川県の加賀温泉郷だ。なぜこの温泉地に人が集まっているのかというと……。(2020/12/5)

栃木県、テレワーカー移住促進へPR お試しオフィス賃料など補助
新型コロナ対策としてテレワークが広がる中、栃木県は県内移住の呼び込みに注力する。東京圏の企業などが県内でサテライトオフィスを設置した場合に賃料を補助したりする。全国の地方自治体で過熱している移住者争奪戦を勝ち抜きたい考えだ。(2020/12/3)

獅子舞の動きをデジタルアーカイブ化 舞手がモーションキャプチャースーツ着用 DNPが鳥取で
DNPが、伝統芸能「麒麟獅子舞」の演舞をデジタルアーカイブとして記録する。撮影・計測の際は、舞手がモーションキャプチャースーツを着用する。取得したデータを、伝統芸能の継承や、教育、観光などに生かす予定。(2020/11/26)

今必要なものを、すぐに作る:
PR:特定給付金の事務システムを短納期で完成させよ JTBが選んだ特急開発の底力
コロナ禍対策として、さまざまな経済支援が実施された。それらの実行を自治体から受託したJTBは、不確定事項が残る中で速やかに受け付けや給付のシステムを構築する必要に迫られた。そこで真価を発揮した“特急開発”プラットフォームとは。(2021/1/25)

デジタルハリウッドのエンジニア起業家養成スクールに第1期生20人が入学 北海道から起業家コミュニティーを創出
デジタルハリウッドは、自社が運営する起業家・エンジニア養成スクール「G's ACADEMY」の新業態「G's ACADEMY UNIT_」を札幌に開校。定員15人を上回る第1期生20人が入学した。(2020/11/24)

ロボット技術実用化へ着々 宇都宮大の工農技術研究所「REAL」
 ロボットなどの先端技術を農業、工業分野に生かそうと設立された宇都宮大学のロボティクス・工農技術研究所(REAL=リアル、宇都宮市陽東)のプロジェクトが実用化に向けて着々と前進している。すでに商品化が視野に入ったものもあり、尾崎功一所長(同大教授)は「どのプロジェクトも順調に進んでいる」と自信をのぞかせる。(2020/11/20)

スマートシティー:
バイオマスの町「鹿追町」と鹿島が、エネ地産地消などスマートソサエティー構想
鹿島建設は、北海道河東郡鹿追町と、バイオガスを活用したエネルギーの地産地消を軸に、地域活性化や住民サービスの向上などにつながる5つの施策に取り組むため、連携協定を交わした。(2020/11/16)

メカ設計ニュース:
三菱重工がハードテック企業のモノづくりを支援する共創空間を開設
三菱重工は、ベンチャーやモノづくり企業などが集える共創空間「Yokohama Hardtech Hub」を開設した。共創を通じて新しい技術やビジネスが生まれる場を目指すとともに、社会課題解決の加速や地域振興にも貢献する。(2020/11/10)

『進撃の巨人』エレンたちが銅像に 作者・諫山さんの故郷に登場
大山ダムをウォール・マリアに見立て、エレン、ミカサ、アルミンの銅像を設置しました。(2020/11/8)

「道の駅」拠点にマリオット、モンベルが提供する新しい旅
かつては長距離を移動するドライバーの休憩所だった「道の駅」。近年は各地で産直市場や食堂などの機能が充実されてきた。(2020/10/30)

ナッシーが「宮崎だいすきポケモン」に就任 9枚のマンホール「ポケふた」設置、「ポケモンGO」のポケストップに
南国生まれのナッシーがこれから宮崎県を盛り上げます!(2020/10/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。