ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「地域活性」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「地域活性」に関する情報が集まったページです。

「そよら成田ニュータウン」7月19日オープン どんなお店が入る?
イオンリテールは、千葉県成田市に「そよら成田ニュータウン」を7月19日にオープンする。1992年に開業し、2024年2月29日に閉店したボンベルタ成田をリニューアルした。(2024/6/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
流浪のクルーズトレイン「THE ROYAL EXPRESS」が静岡、浜松へ JR東海に観光列車の幕が上がる
東急の観光列車「THE ROYAL EXPRESS」がJR東海に乗り入れ、2024年11〜12月に横浜〜三島〜沼津〜浜名湖〜静岡〜日本平を巡る。東海道本線を行き来しながら富士山の景色を楽しみ、東海道の歴史と景勝地を訪ねる。これはJR東海、東急、乗客、静岡県にとって、四方良しだ。(2024/6/15)

「唯一の新幹線空白地帯」となった四国 “夢の超特急”実現なるか
基本計画策定から半世紀以上実現していない「四国新幹線」の誘致に向けた取り組みが、ここにきて熱を帯びている。(2024/6/11)

良品計画、可児市と「地域商社」設立 地域活性化の取り組み強化
無印良品を展開する良品計画は、5月31日に岐阜県可児市と共同で、地域商社「一般社団法人 カニミライブ」を設立した。地域経済の振興や次世代育成支援などに取り組むという。(2024/6/10)

サービス開始から10年のmineo 通信品質改善が純増に貢献、次の戦略は“ライトファン”の獲得
オプテージのMVNOサービス「mineo」が2024年6月3日に10周年を迎えた。コンシューマ事業推進本部でモバイル事業戦略部長を務める松田守弘氏や、モバイル事業戦略部の田村慎吾氏らが「mineo渋谷」に姿を見せた。これまでに重視してきたことや、今後の事業戦略を説明した。(2024/6/5)

デジタルツイン×産業メタバースの衝撃(5):
産業メタバースで変わりゆく都市づくり、進むスマートシティ構築の未来(前編)
本連載では、「デジタルツイン×産業メタバースの衝撃」をタイトルとして、拙著の内容に触れながら、デジタルツインとの融合で実装が進む、産業分野におけるメタバースの構造変化を解説していく。(2024/5/22)

NTT東と東大が連携 IOWN推進室長に聞く「リモートバイオDXの展望」
東大とNTT東の産学協創では、第一段階としてリモートバイオDXでIOWNの活用が予定されている。NTT東日本経営企画部IOWN推進室の新國貴浩室長にIOWNの将来的な可能性を聞いた。(2024/5/17)

日本の高速道路は高い 「400円」走り放題はどうか、元トヨタ副社長らが提言
都市と地方の双方に生活拠点を持つ「二地域居住」を促進する初の法案が今国会で審議される中、双方を行き来する際の交通費の負担が課題となっている。(2024/5/12)

「馬車道」駅から5分:
旧横濱ビル跡地に21階建て複合施設 2027年竣工予定
日本郵船と三菱地所、鹿島建設は、旧横濱ビル跡地に建設予定の21階建て複合施設について、新築工事に着手したと発表した。(2024/5/11)

「PayPayのおかげ」? 鹿児島で拡大中「Payどん」の差別化戦略
鹿児島県内で、独自のQR決済「Payどん」の存在感が高まっている。QR決済サービスといえば、大量の資金を投下してキャンペーンを実施し、ユーザー・加盟店ともに拡大していくのが“勝ち筋”のようだが、地方の金融機関にそうした資金力の確保は難しい。何を強みとし、拡大を進めてきたのか。(2024/5/10)

製造マネジメントニュース:
静岡県磐田市に新社屋を開設、次世代社会構想を推進
ソミックマネージメントホールディングスは、静岡県磐田市の磐田駅前に開設した新社屋に移転した。磐田市と「連携と協力に関する協定」締結式を開催しており、地域活性に寄与する取り組みを進める。(2024/5/1)

スマート化:
パナソニックがインターフォンを利用した広告事業を開始、新築大規模マンション向けに展開
パナソニック エレクトリックワークス社は、マンションのインターフォンで地域情報を配信する広告事業「まちベル」を開始し、新築大規模タワーマンション向けに展開する。2030年に全国展開100エリアでの導入により、売上16億円を目指す。(2024/4/26)

琉球ゴールデンキングスの躍進:
なぜ、沖縄のプロバスケチームは"日本一"観客を集められるのか
沖縄のプロバスケチーム「琉球ゴールデンキングス」は、日本一観客を集める。離島県で人口も150万人ほどなのに、なぜそんなにも人気があるのか? 運営会社の沖縄バスケットボールの白木享社長に話を聞いた。(2024/4/24)

「次の駅まで」に読めるハナシ:
なぜ「案内所+バス」にベッドを置いたの? 東海バスが宿泊施設を始めた背景
小田急電鉄グループの傘下で路線バスを運行する東海自動車が宿泊施設をオープンした。バス会社がなぜ畑違いの事業を始めたのか。取材したところ……。(2024/4/23)

Weekly Memo:
NTT東日本と東大が協創協定を締結 「地域と同じ目線」で地域循環型社会を実現できるか
東京大学とNTT東日本が地域循環型社会の実現に向けて産学協創協定を結んだ。「果たして世の中にどれだけのインパクトを与えるのか」という問いに両者のトップはどう答えたか。(2024/4/22)

解体された中銀カプセルタワービル、「泊まれるカプセル」へ 2024年秋横須賀市にオープン
(2024/4/20)

IT企業デスクツアー:
働き方を支える人たちの仕事場、どんな感じ? 副業サイト手掛けるスタートアップで働くみんなのデスク環境
IT関連企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は2023年4月までに累計で約6億4000万円の資金を調達しているスタートアップ・Another works(東京都港区)に注目。(2024/4/10)

解体された中銀カプセルタワービルが「復活」 海辺の宿泊施設として
エンジョイワークスは、2022年に解体された「中銀カプセルタワービル」の5つのカプセルを「泊まれるカプセル」として再生する。(2024/4/10)

鉄道がテーマの位置情報ゲーム「TRAIN & TRAIN」今夏リリース 全国9000駅と500路線が登場
銚子電気鉄道とリアルワールゲームスは、位置情報ゲームを活用した地域活性化プラットフォーム「プロジェクトT(TRAIN)」をスタート。ゲームは今夏リリースを予定し、クラウドファンディングも行う。(2024/3/29)

“参加する”ことが“学び”につながる:
PR:組織と人の価値、知識、技術は「企業内コミュニティー」によっていかに高められるのか
変化の激しい現在、企業も人もその流れに追従していく必要に迫られている。そうした中、注目されているのが「企業内コミュニティー」だ。企業内コミュニティーは企業や社員にどのような価値、効果をもたらすのか。企業内コミュニティーを実践しているNTTテクノクロスの担当者が組織・人事領域の有識者に話を伺った。(2024/3/27)

写真を撮って電柱を“制圧”、報酬もらえる 東電が参画した位置情報ゲーム「ピクトレ」の狙い
今回、紹介するのは、東京電力とシンガポールのGreenWay Gridが共同で開発した「PicTree〜ぼくとわたしの電柱合戦〜」。ゲームを通してインフラ管理と地域活性化を同時に実現しようとする試みです。(2024/3/12)

産業創出という打ち出の小槌 :
半導体に沸く熊本、高賃金の黒船襲来 給料を上げるには?
JR豊肥線の原水駅(熊本県菊陽町)は、ひなびた無人駅だ。ここから2キロほど離れた丘陵地に半導体受託生産の世界最大手、台湾積体電路製造(TSMC)の第1工場ができた。周囲には田んぼとキャベツやニンジンの畑が広がっている。(2024/3/9)

千葉県君津市の廃校で:
ヤンキーが攻め込む「日本の学校体験」が登場 なぜこんなことを? 運営会社に聞いた
千葉県君津市でちょっとユニークな取り組みが始まった。昭和の時代を再現した「学校体験」だ。訪日外国人向けのサービスは、どんな内容かというと……。(2024/2/24)

「HHKB」がふるさと納税に登場 Type-Sが13万円の寄付で 「相模原市に製造工場があるため」
PFUは、小型キーボード「Happy Hacking Keyboard」(HHKB)シリーズが神奈川県相模原市のふるさと納税返礼品に採用されたと発表した。(2024/2/20)

地域発展を持続可能にする官民連携の具体像:
生成AIと共に考える 「今、最も対処すべき社会課題は何?」
人口減少や高齢化、人材育成にインフラ整備……解決すべき社会課題は山積している。「これまでと同じやり方では限界がある」と危機感を持つ自治体も多いという。こうした課題にデジタル技術や生成AIはどう役立つのか。有識者に話を聞いた。(2024/2/9)

工場は2025年に試作ライン稼働予定:
Rapidusが千歳市に事務所新設、地元企業との面談や採用業務など
Rapidusが北海道千歳市に千歳事務所を開設した。北海道における窓口として、地元企業との面談や総務/採用関連の業務を行っていく。(2024/1/23)

1泊110万円で「城泊」 持続可能な観光地「世界1位」に選ばれた街
江戸時代からの歴史的な街並みで「伊予の小京都」とも呼ばれる愛媛県大洲市が今年度、持続可能な観光地を表彰する「グリーンデスティネーションズ ストーリー アワード」の文化・伝統保全部門で国内で初めて世界1位を獲得した。(2024/1/6)

箱根駅伝に女神2人現る! 相川七瀬&平祐奈が沿道で母校応援、国学院大学は2区で8人抜き
はいかわいい。(2024/1/2)

相川七瀬、48歳での大学院進学に「学びはまだまだ続きます!!」 “違和感ナシ”な大学チア姿も「若っ!」と話題に
本当にすごい。(2023/12/26)

相川七瀬、國學院大チアリーダー部に完全に溶け込む 似合いすぎなチア姿に「違和感ゼロ」「若っ」の声
相川さん「母、一名混じってます笑」。(2023/12/23)

富士山の日に:
箱根芦ノ湖に「箱根遊船 SORAKAZE」登場、特徴は?
箱根遊船は2月23日、箱根芦ノ湖にて新船「箱根遊船 SORAKAZE」の運航を開始する。定員550人で、所要時間は約40分。1日10便の運行を予定している。(2023/12/23)

年末年始の旅行の行き先ランキング 3位「大阪府」、2位「北海道」、1位は?
旅行を「年末年始の旅行」「年末年始を除く冬の旅行」に分け、行き先や宿泊予定金額などを調査した。(2023/12/21)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(108):
「仕事? 楽しいよ!」と言えなかった僕
「仕事、楽しいですか?」という問いに、あなたなら何と答えますか?(2023/12/20)

家庭用から大型モデルまで複数の蓄電池を活用:
PR:ファーウェイの蓄電池×太陽光PPAで実現する「地域脱炭素」 そのプロジェクトの内容とは?
太陽光発電と蓄電池を最大限に活用することを軸とした“地域脱炭素”を目指す熊本県球磨村のプロジェクトが脚光を浴びている。その中心的な役割を担っている球磨村森電力 代表取締役の中嶋崇史氏に、具体的な取り組みの内容や狙いを聞いた。(2023/12/15)

ローコード×機械学習でアイデアを形にする:
PR:課題解決型学習を通して地域課題を解決する公立千歳科学技術大学の挑戦
学生たちは地域の課題を解決するために、ローコード開発ツールとAppleが提供する機械学習モデル作成ツール「Create ML」を組み合わせて、支笏湖の鏡面現象予測アプリを構築した。(2023/12/12)

飛行機から地上を撮ったら、ピンクに光る“謎の施設”が…… ゲームのバグみたいな光景の“まさかの正体”に驚きの声
マイクラのベッドに見えるという声も。(2023/12/11)

順次オープン:
「東急プラザ新長田」初の大規模リニューアル、どう変わる?
東急不動産と東急不動産SCマネジメントは、商業施設「東急プラザ新長田」の大規模リニューアルを実施すると発表した。(2023/12/6)

「池の水全部抜いて、出てきたアメリカザリガニ全部食う」 絶滅危惧種も発見! 野食ハンターの外来種駆除に「ガチで偉いし尊敬してる」
捕獲したアメリカザリガニの気になる食べ方や味も紹介。(2023/11/16)

「新婚さん」に元よしもと芸人が登場、ネタを見た妻は「この人と絶対2年後に結婚する!」と直感 ……その後の出会いがまさに“奇跡”
偶然が重なって導かれた2人。(2023/11/11)

持続可能な街作り:
行政に任せるな 伝説の経営者に聞く「寂れた街の再生術」
熱海の「ホテルニューアカオ」や「寺田倉庫」、「台湾のコングロマリット企業2社の百貨店部門」の経営改革を手掛け、「伝説の経営者」とも呼ばれるACAO代表取締役・CEOの中野善壽さんに、民間主導の地方創生について聞いた。(2023/10/28)

「地方好き」から人気が高い都道府県 3位「島根」、2位「鹿児島」、1位は?
カヤックが「SMOUT移住アワード2023上半期」を発表した。地方に関心を持つ人の人気が高い都道府県・市区町村が明らかになった。(2023/10/28)

一番おいしい道の駅グルメを決める「道-1 グランプリ」4年ぶりに復活 京都府で11月に開催
おいしいもので地域活性化。(2023/10/13)

人口400人:
“限界集落”をグランピングで町おこし 売り上げが20倍超になった納得理由
岡山県津山市・阿波地区。人口400人ほどで、高齢化も進む地域に21年、グランピング施設がオープンした。一体なぜ、観光地でもないエリアにオープンしたのか。背景には、自治体ならではの課題があった。(2023/9/25)

ハロプログループ、ふるさと納税用いた地域活性化イベントが物議 “後出し”解禁に不満が噴出「消費者に誤解を与えてしまってる」
11月に開催を予定しています。(2023/9/21)

日本IBMとUiPathがDX人材育成プログラムを提供 全国7拠点でオンライン中心
DXに取り組む企業が大都市圏の大企業を中心に増える一方で、人材不足などがハードルとなり、地方ではなかなか進まないのが実態だ。日本IBMとUiPathが全国7拠点でDX人材を育成するプログラムを開始する。(2023/9/20)

「富裕層」を狙え! 観光最前線:
ヘリコプターで有名店の隣に移動! 豪華すぎる「77万円」グルメツアーをぐるなびが企画したワケ
不便な場所にある有名店にヘリコプターで移動できるサービスをぐるなびが開発した。2人1組で77万円という高額なプランとなっており、主に富裕層をターゲットとしている。どういった経緯で生まれたのか。(2023/9/16)

マイナンバーカードでチケット不正転売の抑止へ デジタル庁やぴあなどが実験
デジタル庁、ぴあ、ドリームインキュベータは9月5日、マイナンバーカードをエンタメ領域で活用する実証実験を行うと発表した。3者はイベント会場での本人確認や、酒類の提供時における年齢確認などにマイナンバーカードを活用する。他にもマイナンバーカードの活用でイベントチケットの不正販売の抑制につなげる意向が示された。(2023/9/6)

地域とともに課題解決に取り組む企業を募集!:
PR:地域と企業をつなぎ共創する「チャレンジ新潟」 豊富な地域資源×地域の課題×ビジネス創出
(2023/9/12)

多拠点ライフかなえる「住まいのサブスク」 利用者は幸せなの?
(2023/8/29)

多拠点生活って実際どうなの? 「幸せだけど、不幸せ」な実情
(2023/8/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。