ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「地域活性」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「地域活性」に関する情報が集まったページです。

本物のたこ焼器を使った「たこ焼きギター」発表 山野楽器と岩谷産業のコラボ楽器がガチすぎる
リアルにたこ焼きを作っているようにしか見えない。(2022/8/8)

アニメ放送30周年記念で:
『クレヨンしんちゃん』と野原家関係の3県、「家族都市協定」締結 観光振興などで連携
『クレヨンしんちゃん』に登場するキャラクターの出身地である埼玉・秋田・熊本の3県がこのほど、姉妹都市ならぬ「家族都市」協定を締結した。クレヨンしんちゃんのアニメ放送30周年を記念した取り組みの一環で、観光振興や地域活性化に向け、相互に協力して取り組む。(2022/8/6)

テレワークしながら農業体験 秋田・八峰町、参加者募集
世界自然遺産の白神山地の麓、秋田県八峰町で農作業とテレワークという「半農半X」生活を体験する県の事業への参加者募集が始まった。岸田内閣の「デジタル田園都市国家構想」を地で行く試みとして注目を集めた事業の第2弾。(2022/8/3)

再エネ:
福島県で再エネ電力の地産地消をスタート、東急不動産
東急不動産は、事業ブランド「ReENE」で再生可能エネルギー事業を展開している。ReENE事業の一環で、同社は、福島県内で保有する「リエネ会津太陽光発電所」で発電した再エネ電力を、同県内の電力使用者(需要家)に「特定卸供給」の仕組みを活用して供給することを公表した。(2022/7/26)

地域活性化への貢献を目指す:
ローソン、人気店監修ご当地メニュー発売 北海道はとりめし、中部はとんてき丼
ローソンはエリア別に人気ラーメン店監修の冷やし麺、ご当地メニューを発売する。有名店や地域とのコラボレーションを強化することで、地域活性化への貢献を目指す。北海道はとりめし、中部はとんてき丼など。(2022/7/25)

ホリエモンも登壇 北海道宇宙サミット2022、9月に帯広市で開催
「北海道宇宙サミット2022」を、9月29日に北海道帯広市で開催する。宇宙ベンチャーのインターステラテクノロジズ(北海道大樹町)取締役ファウンダーのホリエモンこと堀江貴文氏をはじめ、官民から多くのスピーカーが登壇する。北海道の成長産業である「宇宙」と、「一次産業と食」の可能性の訴求が狙い。(2022/7/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
只見線はどうなるのか 映画『霧幻鉄道 只見線を300日撮る男』主演・監督に聞く(前編)
福島県の会津若松駅と新潟県の小出駅を結ぶJR東日本の只見線を、奥会津の風景とともに年間約300日、30年間以上も撮影し続けたのが星賢孝氏だ。氏の主演する映画『霧幻鉄道 只見線を300日撮る男』の全国展開が始まる。映画の魅力と只見線のこれからを、星氏、監督の安孫子亘氏に聞いた(前編)。(2022/7/16)

愛知県蒲郡市、マンホールの「ふた」をメルカリ出品
 Eコマースプラットフォームの「メルカリShops」を運用するソウゾウ(東京都港区)は、愛知県蒲郡市が7月15日より、蒲郡市内で利用していたマンホールの「ふた」をメルカリShopsに出品すると発表した。(2022/7/15)

日立、地域企業を支援する「総合プラットフォーム」提供開始 金融機関の取引先企業のデジタルシフトを推進
日立製作所は、金融機関の取引先企業のデジタルシフトを支援するポータルサービス「法人向けデジタルチャネル統合プラットフォーム」の提供を2022年7月18日に開始する。伊予銀行は同プラットフォームを同行の法人向けポータルサイトとして採用し、「いよぎんビジネスポータル」として同年8月に稼働を開始する。(2022/7/13)

起業者「1万人創出」を掲げる官民連携プラットフォームが発足 なぜ1社の「ユニコーン」より「起業層拡大」を狙うのか
起業希望者を支援する官民連携のプラットフォーム「NOROSIスタートアップハブ」が発足した。同取り組みが有望な起業希望者への集中投資による「ユニコーン」輩出ではなく、起業を目指す層の拡大をかかげるのはなぜか。(2022/7/13)

千葉・茨城限定:
モスバーガー、「ふなっしーのナッシーシェイク」発売 千葉県産の梨使用、地産地消を促進
モスバーガーを展開するモスフードサービスは、7月13日から千葉県と茨城県のモスバーガー68店舗を対象に「ふなっしーのナッシーシェイク」を数量限定で発売する。千葉県産の和梨を使用。千葉県船橋市の非公認ゆるキャラ「ふなっしー」とのコラボ商品となる。(2022/7/12)

大石酒造:
京都美山地区の酒造内にグランピング施設オープン 酒蔵見学やサウナも提供
京色(京都市東山区)はこのほど、京都府南丹市美山町にある大石酒造敷地内にグランピング施設「かやグラ」をオープンした。地域活性化のため、大石酒造が同社に呼びかけて出店が実現した。(2022/7/10)

伝説や不思議を巡る「ムー旅」、予約販売開始 「モーゼの墓」やUFO博物館など
編集長・三上丈晴氏のトークイベントも。(2022/7/9)

相川七瀬、大学の和装イベントに参加 ライブ前に華やかな浴衣姿を披露しギャップある姿見せる
和装DAYからの七瀬DAY。(2022/7/9)

週末に「へえ」な話:
ラグビー中継に「22万円!」 凸版印刷の“見たことがないトライ”が面白い
7月2日、ラグビー日本代表は、フランス代表と戦ったものの、残念ながら負けてしまった。スタジアムで熱い戦いが広げられたわけだが、東京の渋谷で盛り上がったイベントがある。これまでになかった企画は……。(2022/7/10)

スタグフレーションの時代【後編】:
森永康平が斬る 「値上げラッシュ本格化」の深層、「若者の結婚離れ」のウソ
参院選の各党の政策が出そろう中、政府も「骨太の方針」をはじめとする経済政策の方向性の議論を重ねている。経済アナリスト森永康平氏は、緊縮財政か積極財政かを議論する前に、そもそも税金の役割がきちんと理解されていないことが問題だと指摘する。値上げラッシュがなぜ本格化したのかといった疑問や、税金の本来の役割、少子化や地方の衰退といったテーマについて聞いた。(2022/7/8)

組み込み採用事例:
フルMVNOを活用したGPSトラッキングシステムをスポーツ大会に採用
インターネットイニシアティブのフルMVNOサービス「IIJモバイルサービス/タイプI」のSIMカードが、セイコーエプソンのGPSトラッキングシステムに採用された。トライアスロン大会の安全な大会運営に活用する。(2022/7/6)

スタグフレーションの時代【前編】:
森永康平に聞く「賃金が上がらない国・日本」の深層
経済アナリストで金融教育ベンチャーのマネネCEOを務める森永康平氏は、物価だけが上昇して賃金は増えていないことに強く警戒感を示している。このまま購買力が上がらないまま、物価だけが上昇していくとどうなるのか――。森永氏に「賃金が上がらない国・日本」の深層を聞いた。(2022/7/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なぜ“交通系の話”はあまり出てこないのか 「参院選 2022」の公約イッキ見
参議院選挙が始まった。125議席に対して545人が立候補し、公示は6月22日、投開票は7月10日。赤字ローカル線廃止、新幹線建設、鉄道事業者経営危機、モーダルシフトなど、鉄道のみならず交通分野は問題山積だ。545人の立候補者のうち、何人が交通問題を公約に明記しているか。(2022/7/4)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
パソナの淡路島移転計画はどうなっている? 家族で引っ越した社員が語ったリアルな日常
パソナが着々と社員の淡路島移住を進めている。実際に働いている社員はどういったことを考えているのか。現地で増えている商業施設の状況も取材した。(2022/7/2)

知らないと損?業界最前線:
パナソニック、「15兆円」のスポーツ市場で目指すビジネスモデル
パナソニックが、現在注力する面白い取り組みの1つがスポーツ関連事業だ。スポーツ庁は、2025年に国内スポーツ市場が15.2兆円に達すると試算。同社はメーカーとして製品を売るだけでなく、継続的に価値を生み出し、長期的に利益を創出できる仕組みを作り出そうとしている。(2022/6/28)

「第4のメガバンク」構想の行方は:
“限界地銀“を食い物に? SBI「地方創生トライアングル戦略」の中身の薄さ
SBIホールディングスの北尾吉孝社長が5月の決算発表の席上、新生買収の大きな目的でもある“限界地銀”再生策としての「地方創生トライアングル戦略」を公表した。内容とともに、浮き彫りになったSBIの思惑を考察する。(2022/6/25)

相川七瀬、大学で成績優秀者に選出「手を抜かずやりきって、本当に良かった」 “息子と同じ年頃の先輩”のスピーチに感動
学業と仕事を見事に両立している相川さん。(2022/6/24)

「不適切な販売どうして放置?」「5Gで特徴的なサービスがない」 KDDI株主総会で指摘、高橋社長の答えは?
KDDIは5月22日、第38期定時株主総会を開催した。2022年から2024年は5Gを中核に据えて事業変革を推進する。新中期経営戦略では、事業戦略を「サテライトグロース戦略」と位置付け、本格化を迎える5Gを中心に置き、通信を核とした注力領域を拡大していく。株主からの質問では、不適切な販売や3G停波後の影響、5Gサービスの今後について指摘があった。(2022/6/23)

今日のリサーチ:
ビジネスパーソンの約8割が「リスキリング」を知らない――HubSpot Japan調査
あまり知られていないリスキリングですが、取り組んだ企業はメリットを感じているようです。(2022/6/22)

過去最高の営業利益:
丸亀製麺が「店舗のない丸亀市」で地方創生に取り組む真意 トリドール粟田社長に聞く
コロナ禍で苦戦する飲食業界で好調なのが、「丸亀製麺」などを運営するトリドールホールディングス。丸亀市と地域活性化包括連携協定を締結した。粟田貴也社長兼CEOに、丸亀市と協定を締結した真意を聞いた。(2022/6/17)

まちじゅうEVANGELION:
JAL、エヴァ聖地巡礼ツアーを発売 地方自治体と連携したアニメツーリズムを推進
JALは、山口県を舞台にアニメ「エヴァンゲリオン」の世界観を再現したツアー「JAL PAK×庵野秀明展×まちじゅうEVANGELION」を発売した。地方自治体と連携したアニメツーリズム商品の第一弾として、ファンの需要を取り込む。(2022/6/15)

JR西、「名探偵コナン 関門海峡ミステリーツアー」開催 下関・北九州を巡って“謎解き”
JR西日本は6月14日、下関市・北九州市と共同で、人気アニメ「名探偵コナン」を起用した「名探偵コナン 関門海峡ミステリーツアー」を実施すると発表した。(2022/6/15)

「じゃらん」で1500人に調査:
「意外だけどおいしそうなご当地アイス」ランキング 2位「まるごとやきいもアイス」(埼玉県)、1位は?
リクルートは旅行情報誌『じゃらん』で、「ご当地アイス」に関する調査を実施し、「じゃらん 意外だけどおいしそうなご当地アイスランキング」を取りまとめた。(2022/6/14)

プロジェクト:
熊谷市でスポーツ施設と地域のにぎわいを創出する仕組みを構築、パナソニック
パナソニック エレクトリックワークス社とパナソニック スポーツは、埼玉県熊谷市の「熊谷スポーツ文化公園」内で開発した多機能スポーツ施設「さくらオーバルフォート」で、スポーツ施設と周辺地域のにぎわい創出を実現するリカーリングビジネスを展開している。(2022/6/14)

確かに地図で見ると:
歩いて大発見! 大阪に5.2キロの「日本一長い商店街」
約480もの商店街があるとされる大阪市。それぞれが個性あふれる存在だが、10以上の商店街が一本でつながる場所があるという。大阪・本町から日本一の高さを誇る複合ビル、あべのハルカスに至る約5.2キロのルートだ。(2022/6/9)

モビリティサービス:
ヤマハ発動機とJAFで電動ランドカーを日本全国に提案、衰退する公共交通を補完
ヤマハ発動機と日本自動車連盟(JAF)は2022年6月8日、電動ランドカーで協業を始めると発表した。JAFの全国のサービス網や自治体とのつながりを生かして、移動困難地域や観光地などにヤマハ発動機の電動ランドカーを普及させる。(2022/6/9)

サステナブル設計:
国産巨大3Dプリンタとリサイクルシステムを一体化、「鎌倉発」の最先端ラボ公開
慶應義塾大学SFC研究所 環デザイン&デジタルマニュファクチャリング共創ラボは、科学技術振興機構の「共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)」において、地域共創分野育成型プロジェクトとして採択された「デジタル駆動超資源循環参加型社会共創拠点」の地域研究活動サテライト拠点として開設する「リサイクリエーション 慶應鎌倉ラボ」の内覧会を開催した。(2022/6/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本は「Web3」で勝てるのか 残念ながら「前途多難」
自民党が「岸田トークン」の配布で「Web3」に乗り出そうとしている。これまでインターネットなどで遅れてきた日本に、「Web3」で勝算はあるのだろうか。現時点で見えている課題は……。(2022/6/2)

「もったいない食堂」神奈川県三浦海岸店オープン 狙いは?
「もったいない食堂」を運営するアップサイクルジャパン(神奈川県茅ヶ崎市)は、新たな「もったいない食堂」を神奈川県三浦海岸にオープンした。その地域の余剰食材をその地域の人たちが食せることをコンセプトに、フードロス削減と地域活性化につなげる。(2022/6/2)

「まだ使える粗大ゴミ」をメルカリで販売 蒲郡市と加茂市が実証実験
メルカリグループ傘下のメルカリとソウゾウが、家庭内で不要になったものを分別する「メルカリエコボックス」と、「メルカリShops」での粗大ごみの販売を、実証実験として、愛知県蒲郡市、新潟県加茂市と共同で実施する。(2022/5/30)

6月17日オープン:
福岡県北九州市に「ドン・キホーテ小倉魚町店」開業 名物「焼うどん」を店内装飾へ施す
福岡県北九州市に「ドン・キホーテ小倉魚町店」がオープンする。若年層が多いという地域性に着目し、コスメやキャラクター雑貨を強化する。地元名物の「焼うどん」を店内装飾へ施し、ワクワク・ドキドキ感のある空間演出を行う。(2022/5/28)

若い人に訴求:
無印良品がプロデュースする団地とは? 商店街や広場まで丸ごとリノベ、堂前社長「ものすごく可能性がある」
千葉市に、「無印良品」がプロデュースする団地が登場するという。良品計画、MUJI HOUSE、都市再生機構(UR)、千葉市が協力して「団地まるごとリノベーション」プロジェクトを始動。築54年の花見川団地で、住戸の内装、外装、団地内の商店街や公園なども丸ごと無印良品のテイストで改修する。どんな団地が生まれるのか? 良品計画はこのプロジェクトを通し、何を目指すのか? 良品計画・堂前社長に話を聞いた。(2022/5/27)

イナズマ2022にアイマスSideM出演でプロデューサーが大混乱 「ももクロ、娘。と同じアイドル枠」「西川さんにご恩をお返ししたい」
なお出演者の詳細は後日発表予定。(2022/5/13)

5品目を追加:
新潟県三条市、スノーピーク商品を「ふるさと納税」に再出品 品切れ品も復活
新潟県三条市は、ふるさと納税の返礼品で出しているスノーピークの商品を、新たに5品目追加すると発表した。既存の返礼品とともに5月13日午後8時より再出品する。(2022/5/13)

個性あふれる鉄道:
長さ日本一の「大阪モノレール」 一時はギネス 、「鉄むす」も3位に
今年は日本の鉄道開業150年。明治5(1872)年の新橋―横浜間の開通以降、各地に路線網が広がり関西も個性あふれる鉄道を生み出してきた。関西の鉄道の「ナンバー1」にまつわる話題をみる。(2022/4/30)

豊富なテンプレートであらゆる業種に対応:
スモールビジネスにこそアプリを 「Yappli」に低価格の新プランが登場
ヤプリがスモールビジネスの成長をサポートする新プラン「Yappli Lite」を提供開始。(2022/4/27)

政府の「デジタル推進委員」制度案判明 任期は1年、給与はなし 高齢者ら支援
高齢者らデジタルに不慣れな人向けに講座を開くなどして支援する政府の「デジタル推進委員」の制度の概要が分かった。無休で任期は原則1年で5月下旬から募集を開始。専門家による研修を経てデジタル庁が認定する。(2022/4/27)

プロジェクト:
NTT東日本らが神奈川県・横須賀市でe-Sportsを学べるICT施設を開業
NTT東日本グループのテルウェル東日本、NTT東日本、NTTe-Sportsは、横須賀市若松町のNTT東日本 横須賀別館ビルで、「保育・学び・ワーク・コミュニティー」をテーマとしたICT施設「スカピア」を開業した。(2022/4/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
九州と北海道 2つの高級クルーズ列車は、リピーターを獲得できるのか
高級クルーズトレインの先駆者「ななつ星in九州」と北海道を巡る「THE ROYAL EXPRESS 〜HOKKAIDO CRUISE TRAIN〜」に新コースが設定された。どちらも国内観光需要の盛り上がりに向けた対応だ。しかし定員を減らして三密を避けつつ、運行とサービスを維持するには顧客単価を上げる必要がある。(2022/4/16)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(88):
「何かが足りない」のは「価値観の揺らぎ」が足りないから
毎日が同じことの繰り返しで、「これ!」といった刺激がなく、成長している実感もない。「何かが足りない」感じがする。それは「価値観の揺らぎ」が足りないのかもしれません。(2022/4/13)

SMOUT移住アワード2021:
「魅力的な情報を発信する」自治体ランキング 市町村1位は「山口県萩市」、都道府県1位は?
調査対象者は「SMOUT」に登録している一般ユーザー3万4238人、参加地域数は日本国内の520地域。(2022/4/11)

失敗を許容し挑戦する文化:
北海道日本ハムファイターズ新球場の仕掛け人、ボールパークへの夢を語る
北海道日本ハムファイターズの前沢賢取締役事業統轄本部長にインタビュー。札幌郊外にある北広島市に総工費600億円をかけた「HOKKAIDO BALLPARK F VILLAGE」について聞いた。(2022/4/6)

桜の木は“ピンク色”の酒に:
白樺は白ワインみたいな味? 「木で造る酒」の商品化に向けた取り組みが熱い
日本で全く新しい酒の種類が生まれつつあることをご存じだろうか。それが、木材を原料にした「木の酒」だ。その香りや味はというと……。(2022/4/6)

恋人は20歳上の60歳 年の差カップルが悩みながら結婚へと向かう話に反響集まる
年の差婚をした人からも共感の声が。(2022/4/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。