ニュース
» 2015年06月19日 07時00分 UPDATE

“紙から転記”をやめたらデータ連係が爆速に 高島屋がタブレット導入で効率化

紙から転記の苦行をやめたらデータ連係が爆速に――。高島屋日本橋店が「タカシマヤポイントカード」の入会申し込み手続きを、紙からタブレットに移行した。

[ITmedia]
Photo

 紙から転記の二度手間、やめます――。高島屋日本橋店が「タカシマヤポイントカード」の入会申込や変更手続きを、紙からタブレットに移行した。

 高島屋はこれまで、同社のポイントカードの入会手続きに紙の申込用紙を使っていたが、年間約33万件にのぼる紙の申込書のデータ化作業や、申込書の管理・保管業務が大きな負担になっていた。

 こうした負担を軽減するために申込書をデジタル化。併せてタブレットを通じて申込書に手書き入力した文字を自動でテキスト化する仕組みを導入した。タブレットの導入以降、これまで手入力作業も含めて約1週間かかっていた顧客情報システムとのデータ連携が翌日には完了するようになった。さらに転記の際に文字を判別しづらいという問題も解決し、入力データの精度も向上したという。

 個人情報を扱うことから、システムはインターネット網を使わない閉域LTE網で構築。ネットワークサービスは富士通のネットワークサービス「FUJITSU Managed Infrastructure Service FENICSII ユニバーサルコネクト」を採用し、データを漏らさないセキュリティ対策を図っている

 受付端末には、スタイラスペンで書いた手書き文字の認識エンジンを備えた「FUJITSU Tablet ARROWS TabQ775/K」を採用。同端末は、紛失・盗難時にシャットダウン状態でも遠隔操作で端末内のデータを消去できるリモートデータ消去ソリューション「CLEARSURE 3G/LTE」にも対応している。

Photo 手書き文字のテキスト化に対応する「FUJITSU Tablet ARROWS TabQ775/K」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ