ニュース
» 2016年11月02日 15時00分 UPDATE

「一風堂」を運営する力の源HD、予算管理クラウドで経営情報を一元管理

ラーメン専門店「一風堂」の運営を手掛ける力の源ホールディングスが、予算管理クラウドを導入。複雑化する予算管理の効率化と店舗・セグメント別のリアルタイムな損益情報の把握を実現した。

[ITmedia]

 日本オラクルは11月1日、ラーメン専門店「一風堂」などの運営を手掛ける力の源ホールディングスが、予算管理クラウド「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を採用したと発表した。

 力の源ホールディングスは、国内外の飲食店舗の運営のほか、飲食事業に関するコンサルティング、食品工場の運営、農作物の生産、子どもたちに食の楽しさを伝える粉食体験型施設運営など、食全般にまつわる事業の事業戦略を担っている。事業拡大の中、各事業拠点の損益・予算管理、計画・見込策定などのデータを収集する業務が増加し、それまでの表計算ソフトでの処理に負荷が生じていたという。

 同社では、リアルタイムな経営情報の把握と予算編成・予実管理業務の効率化を目的に「Oracle Planning and Budgeting Cloud Service」を導入。予算・見込データをクラウド上で一元管理することによる業務の効率化や、担当部門を超えたグループ各社との情報連携の向上、多角的な軸による予実分析のレベル向上などを目指すとしている。

 なお導入プロジェクトでは、経営管理システムのコンサルティング事業を手掛けるジールがテンプレートを提供し、業務サポートと全体のプロジェクト管理を支援するという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -