ニュース
» 2017年06月08日 09時40分 UPDATE

気象予測を基にAIとIoTでエアコンを自動制御――UR賃貸住宅で実証実験へ

UR都市機構と、環境エネルギー総合研究所、日本気象協会、IIJ、中部電力は、AIとIoTを活用した快適な低炭素化住宅の実現を目指す共同研究で合意。気象データなどを基にエアコンを快適に省エネ運転する実証実験を行う。

[金澤雅子,ITmedia]

 都市再生機構(UR)は6月7日、環境エネルギー総合研究所(EER)、日本気象協会(JWA)、インターネットイニシアティブ(IIJ)、中部電力の4社とともに、気温予測などに基づいてエアコンを自動制御する共同研究に取り組むと発表した。

 EER、JWA、IIJ、中部電力の4社は、AIやIoTといった先端技術で生活を豊かにする「コネクテッドホーム(スマートホーム)」などの実現を目指し、コネクテッド・ホームeナビ研究コンソーシアムを結成している。

 今回の共同研究では、気象データと、エアコンに設置したIoTタップから、消費電力量や室内環境などのデータを収集し、それを基に、エアコンの効率運転が行えないかを検証する。

 第一段階として、首都圏と中部圏のUR賃貸住宅のうち計100戸程度を対象に、2017年10月頃から1年間をめどに実証実験を予定している。

Photo 実証実験「気象予測等を活用したエアコン稼働による省エネルギー化および快適性向上に関する研究」のイメージ

 URはモニターとなる住宅の要件整理、EERはAIを活用した収集データの分析・評価とエアコンの運用手法の提供、JWAは気象データの提供、IIJはモバイルとIoTサービスを活用した共同研究プラットフォームの構築、中部電力は事業全体の統括と省エネ技術の提供を担当する。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -