ニュース
» 2018年01月26日 14時00分 公開

上野にいながら南三陸での買い物を体験――5GとVRを活用したリアルタイムコミュニケーション KDDIらが実証実験

KDDIと東日本旅客鉄道(JR東日本)が、次世代移動通信システム「5G」と「VR」を活用し、宮城県にある「南三陸さんさん商店街」での買い物を疑似体験できるイベントを開催。VRゴーグルで高解像度の360度カメラ映像を見ながら、現地にいるかのような買い物体験ができる。

[金澤雅子,ITmedia]

 KDDIと東日本旅客鉄道(JR東日本)は、2018年1月25日から27日まで、JR上野駅で次世代移動通信システム「5G」と「VR」を活用して、遠隔地での買い物を疑似体験できるイベント「南三陸さんさん商店街へ瞬間移動。au 5Gで現地体感イベント」を開催する。

Photo

 上野駅と宮城県の「南三陸さんさん商店街」を28GHz帯の5G通信でつなぎ、上野駅の特設会場に用意した専用のVRゴーグルに、現地ガイドが持つ4K解像度の360度カメラからリアルタイム映像を送信する。

 VRゴーグルを装着すると、現地にいるかのような感覚で、店舗スタッフと会話をしながら商品を見せてもらうといったウィンドウショッピングを体験できる。現地ガイドのカメラ操作を通じて、店内を見回すことも可能だ。

Photo

 イベントを通じてKDDIは、5Gを活用して高精細な映像を送信することで、ネットワーク上の伝送時間や、高速・大容量通信の検証を行う。

 このイベントは、期間中、上野駅の中央改札外グランドコンコースで実施される地産品の紹介・販売プロジェクト「宮城産直市」の特設会場で行われ、誰でも体験できる。2018年1月26日、27日の実施時間は午後1〜4時の予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -