ニュース
» 2018年02月23日 11時05分 公開

Google、RCSによるビジネス向けリッチSMSサービス開始

Googleが推進するRCS(Rich Communication Service)によるメッセージを、米国とメキシコの複数の企業が採用した。Sabwayなどがメニュー画像で出前を頼めるメッセージなどの配信を開始した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは2月22日(現地時間)、同社のRCS(Rich Communication Service)の取り組みの一環として、米国とメキシコの複数の企業がRCS採用のリッチSMSサービスを開始したと発表した。

 米国ではソフトバンク傘下の通信キャリア米Srpintとの提携により、サンドイッチチェーンのSubwayや宿泊予約サイトのBooking.comなどが、Android端末の「メッセージ」アプリで顧客にマルチメディアメッセージを送信できるようになった。

 rcs 1 SubwayやBooking.com、DHL(メキシコ)のリッチなメッセージ

 RCSのメッセージでは画像付きでインタラクティブなメッセージを送信でき、受信した顧客はメッセージ内で製品を選んで購入したり宿を予約したりできる。

 RCSは、SMSやMMSなどの現在のメッセージングサービスに代わる次世代コミュニケーションサービス。携帯電話事業者の業界団体GSM Association(GSMA)が2007年から取り組んでいる。GoogleはRCSの普及に努めており、Android端末にプリインストールされているメッセージングアプリ「Googleメッセージ」はRCSをサポートする。同社は、2017年中に欧米、中南米でRCSをサポートする通信キャリアが増えたとしている。また、同年新たに米BLUや米EssentialがGoogleメッセージのプリインストールを始めたという。

 rcs 2 世界のパートナー分布図

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -