ニュース
» 2018年07月19日 07時53分 公開

EU、Googleに過去最高43億ユーロ(5703億円)の制裁金 Androidでの独禁法違反で

EUが2015年から進めていた調査の結果、GoogleはAndroidで独禁法に違反しているとして43億ユーロの制裁金を科すと発表した。企業への制裁金としては過去最高額。Googleは上訴する構えだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会は7月18日(現地時間)、米Alphabet傘下のGoogleが欧州独占禁止法に違反したとして43億4000万ユーロ(約5703億円)の制裁金支払いを命じた。欧州委員会が企業に科した制裁金としては、2017年のGoogleに対する24億2000万ユーロを大きく上回る過去最高金額となった。

 欧州委員会の競争政策担当コミッショナー、マルグレッタ・ヴェスタヤー氏は、GoogleがAndroidを悪用して自社の検索エンジンの優位性を強めたと説明。「このような慣行によって、競合企業は技術革新や競争機会を失うだけでなく、健全な競争によって得られるはずのEU加盟国の消費者恩恵が失われる」と語った。

 eu 1 制裁について説明する競争政策担当コミッショナー、マルグレッタ・ヴェスタヤー氏

 欧州委員会は2015年、Androidに関する独禁法違反容疑での正式調査を開始。AndroidはオープンソースのOSであるにもかかわらず、多くのスマートフォンおよびタブレットのメーカーがAndroidとGoogle製の多数のアプリとサービスをプリインストールしていることが独禁法に違反している疑いがあるとしていた。

 eu 2

 EUはGoogleに対し、反競争的な慣行を90日以内に停止するよう命令した。実行しない場合、Alphabetの1日当たりの売上高の最大5%に当たる罰金を科すとしている。

 Googleはこれに対し、Androidは多くの選択肢を提供していると主張し、「本日のEUの決定はAndroidを支援するビジネスモデルを拒否するものだ。われわれは上訴する予定だ」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -