ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ネットワーク管理の基本Tips」最新記事一覧

関連キーワード

ネットワーク管理の基本Tips:
無線LANのパスフレーズを暗号化するには? wpa_passphraseコマンド
LinuxではIEEE 802.1X/WPAの接続処理を「wpa_supplicant」パッケージに依存しており、接続時のパスフレーズはこのパッケージに含まれる「wpa_passphrase」コマンドで暗号化されます。(2016/1/26)

ネットワーク管理の基本Tips:
無線LANにWPAで接続するには? wpa_supplicantコマンド
Linuxでは無線LANに接続する際のWPA認証に「wpa_supplicant」パッケージを利用するのが一般的です。アクセスポイントへの接続には、このパッケージに含まれる「wpa_supplicant」コマンドを利用します。(2016/1/25)

ネットワーク管理の基本Tips:
このポートで実行中のプロセスはどれ? lsofコマンドの使い方
プロセスが開いているファイルを表示するコマンド「lsof」は、プロセスやソケットなどのあらゆる情報をファイルの形で管理するUNIX/Linuxの特性を生かしたもの。プロセスが使用するポートの調査に役立ちます。(2015/10/5)

ネットワーク管理の基本Tips:
ルーティングテーブルの設定をテストするには? routeコマンド
ルーティングテーブルの設定を一時的に変更し、内容を確認する際にはrouteコマンドを使います。(2015/8/25)

ネットワーク管理の基本Tips:
DHCPサーバーと連携してIPアドレスを設定するには? dhclientコマンド
dhclientコマンドは、端末のネットワークを設定する際にDHCPサーバーとやりとりをする役割を担います。(2015/8/19)

ネットワーク管理の基本Tips:
NICの無効化/有効化、再起動を行うには? ifdown/ifupコマンド
Linux環境でネットワークデバイスの無効/有効を切り替える場合は、ifdown/ifupコマンドを使います。(2015/8/17)

ネットワーク管理の基本Tips:
SSHサーバーの公開鍵管理を効率化するには? ssh-keyscanコマンド
複数のSSH(Secure Shell)サーバーが稼働している環境では、公開鍵を効率よく管理するための工夫が必要になります。SSHサーバーのホスト名やIPアドレスが変更されたとき、known_hostsファイルを一度の作業で生成/更新するには、「ssh-keyscan」コマンドが便利です。(2015/7/28)

ネットワーク管理の基本Tips:
サーバーの時刻合わせコマンド、ntpdateはどのサーバーを参照すべき?
コンピューターの内蔵時計は概して精度が低く、時間のズレが生じやすいため、Linuxを含む多くのOSではNTP(Network Time Protocol)を使いNTPサーバーに日付と時刻を問い合わせ、正確な日付と時刻をローカルホストに設定します。「ntpdate」はNTPサーバーへの問い合わせを手動で行うためのコマンドです。(2015/7/8)

ネットワーク管理の基本Tips:
連番ファイルをダウンロードして他のコマンドに渡すには? curlコマンドの使い方
ファイルダウンロードのコマンドは、Linuxでは「wget」が定番といえる存在ですが、「curl」も多く利用されています。curlコマンドはダウンロードだけでなくアップロード機能も備える他、ユーザー認証が必要なサイトにも対応しています。wgetと併せて活用することで、より柔軟なファイルのやりとりが可能になります。(2015/7/1)

ネットワーク管理の基本Tips:
無線LAN接続の設定を操作するには? iwconfigコマンドの使い方
無線LANインターフェースがカーネルまたはモジュールでサポートされていれば、アクセスポイントとIPアドレスを設定する程度で接続できます。「iwconfig」は、アクセスポイントへの接続に必要なESSIDおよび暗号化キーを登録するときに利用するコマンドです。(2015/6/17)

ネットワーク管理の基本Tips:
端末からアクセスポイントの情報を調べるには? iwlistコマンド
クライアント機としてのLinuxマシンには、無線LANネットワークインターフェースが必携となっています。その接続の基礎ともいえる無線LANアクセスポイントの検出/スキャンには、「Wireless tools for Linux」(wireless-tools)に収録されているコマンド「iwlist」を利用できます。(2015/6/16)

ネットワーク管理の基本Tips:
HTTP/HTTPSでまとめてデータを取得するwgetコマンドとは?
「複数のファイルをまとめてダウンロードしたい」「稼働中のWebサイトをまるごとバックアップしたい」といったときに便利なコマンドが「wget」です。特定の拡張子を持つファイル、指定したディレクトリにあるファイル、URLリストに記載されたファイルなど、いろいろな条件を決めた上でファイルを効率的にダウンロードできます。(2015/6/9)

ネットワーク管理の基本Tips:
サーバーリソースのリアルタイム監視ができる便利ツール、dstatコマンドとは?
世の中にはサーバーリソースのモニタリングソフトウエアのような、GUIによる便利な環境もありますが、コマンドラインでさっと確認したり、あるいは自前でサーバーリソース情報チェックツールを作るなら「dstat」コマンドの使い方を覚えておくと便利です。(2015/6/5)

ネットワーク管理の基本Tips:
SSHを介してファイル転送を行うには? sftpコマンド
ホスト間で対話形式のファイル転送を行うとき、古くから「FTP」(File Transfer Protocol)が利用されてきましたが、通信内容が暗号化されないという問題があります。「SFTP」(SSH File Transfer Protocol)はSSHの仕組みを使用して安全なファイル転送を可能にする上、内部コマンドもFTPと高い互換性を持つため、扱いやすいことが特徴です。(2015/5/13)

ネットワーク管理の基本Tips:
バッチなどでファイルのやり取りを安全に実行するには? scpコマンド
かつて、リモートホストとのファイル転送に利用されていた「rcp」コマンドは、通信内容が暗号化されずそのまま(平文)で送信されるため、安全上の問題がありました。しかし現在では、SSH(Secure Shell)を使う「SCP(Secure Copy)」により、ユーザー認証からデータ転送まで高度なセキュリティを実現できます。(2015/5/20)

ネットワーク管理の基本Tips:
SSHサーバーにログインするには? sshコマンド
サーバー管理者にとって、離れた場所からサーバーを遠隔操作することはルーチン業務の一つです。そのとき必須のツール/コマンドが「ssh」です。(2015/3/25)

ネットワーク管理の基本Tips:
SSHでリモートホストに接続する前にやっておくと便利なことは? ssh-keygenコマンド
安全にリモートでサーバーに接続して操作を行うために必須なのが「SSH」です。SSHで通信を行うための下準備に必要な「共通鍵暗号」を用意する際に使うコマンドが「ssh-keygen」です。(2015/3/23)

ネットワーク管理の基本Tips:
あのホストまでの経路や通信ボトルネックを調べるには? tracerouteコマンド
目的のホストまでIPパケットがどのような経路で転送されていくかを確認したい場合や、通信経路に問題がないかどうかを調べたい場合は、「traceroute」コマンドが役立ちます。tracerouteはTCP/IPネットワークのトラブルシューティングにおける基本ツールの一つです。(2015/3/18)

ネットワーク管理の基本Tips:
IPアドレスを指定してMACアドレスを調べるには? arpingコマンド
IPアドレスからMACアドレスを確認したい場合は、「arping」コマンドを利用できます。IPアドレスとMACアドレスのひも付けがどのようであるかも確認できます。(2015/3/11)

ネットワーク管理の基本Tips:
NetworkManagerをコマンドラインから操作するには? nmcliコマンド
従来Linuxでは、ネットワークの状態確認やデバイスの設定など機能ごとにコマンドを使い分けていましたが、Red Hat Enterprise LinuxおよびCentOSには、統合ツールとして「NetworkManager」およびCLI版の「nmcli」が用意されています。(2015/2/10)

ネットワーク管理の基本Tips:
「192.168.0.100/24」のネットワークアドレスを即答するには? ipcalcコマンド
TCP/IPネットワークの設定を手動で行うとき、IPアドレスだけでなくサブネットマスクについても正しい情報を指定する必要があります。「192.168.0.100/24」のようにマスク長が計算しにくい値のときは、ipcalcコマンドを使うと簡単に計算できます。(2015/2/5)

ネットワーク管理の基本Tips:
サーバーとの通信状況を確認するには? ネットワークの速度を測るには? pingコマンド
他のホストがネットワークに接続できているか、あるいは自ホストのネットワークデバイスに問題があるか確認するには、パケットを送信し反応を見ることが最初に行うべき作業です。その際利用するコマンドが「ping」で、TCP/IPネットワークを管理する上で必須の存在です。(2015/1/28)

ネットワーク管理の基本Tips:
ネットワークデバイスを設定/状態確認するには? ifconfigコマンド
Linuxでは、通信に利用するインターフェースは「デバイス」としてシステムに認識されています。設定されているIPアドレスを調べたいとき、IPアドレスを手動設定したいときには、「ifconfig」コマンドを利用すると効率的に作業できます。(2015/1/20)

ネットワーク管理の基本Tips:
MACアドレスを調査するには? arpコマンド
IPアドレスとMACアドレスをひも付けるARPテーブルを操作するにはarpコマンドを用います。物理的なネットワーク機器を特定する際などに利用するコマンドです。(2014/12/24)

ネットワーク管理の基本Tips:
IPアドレスやホスト名を調べるには? hostコマンド
IPアドレスは? ホスト名は? 名前解決の情報がどのようになっているかを確認する際に使うコマンドhostの基本をおさらいしましょう。(2014/12/17)

ネットワーク管理の基本Tips:
netstatコマンドとは?
netstatコマンドはRHEL 7などで非推奨となり、代替コマンドが用意されています。ただし、ssコマンドはまだ不十分な点が多いとの報告もあるため、個別にnetstatコマンドを導入して利用する方が利便性が高い場合も少なくないようです。(2014/12/10)

ネットワーク管理の基本Tips:
DNSサーバーが正常に動作しているかどうか確認するには? digコマンド
本連載ではネットワーク管理の基本コマンドを解説していきます。普段使うもの以外のオプションの確認やおさらいをしていきましょう。(2014/10/15)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。