ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目」最新記事一覧

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(54:特別編):
速報! Windows Server 2016の正式リリースは2016年9月末に
マイクロソフトが公式ブログで、Windows Server 2016とSystem Center 2016の正式リリース時期を明らかにしました。これらの製品は2016年9月末に正式リリースとなり、現在提供中のTechnical Preview 5(TP5)が最後のプレビューリリースになります。(2016/7/14)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(53):
Hyper-Vホストクラスタの新機能──仮想マシンのノードフェアネス
Windows Server 2016のフェイルオーバークラスタリングには、さまざまな新機能が搭載される予定です。今回と次回は、「Windows Server 2016 TP5」から利用可能になった、Hyper-V関連の2つの新機能を検証します。(2016/7/8)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(52):
Dockerとの相互運用性が向上したWindowsコンテナ[後編]
前回に続き、Windows Server 2016 TP5における、Dockerとの相互運用性が強化された「Windowsコンテナ」について説明します。(2016/6/17)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(51):
Dockerとの相互運用性が向上したWindowsコンテナ[前編]
Windows Server 2016 TP5のTP4からの変更点の多くは、Windows Server 2016で初めて搭載されることになる新機能に集中している印象です。それは、「Windowsコンテナ」に関してです。(2016/6/16)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(50):
いつでも、どこからでも使える、Windows Server 2016向けリモート管理ツール「サーバー管理ツール」
「サーバー管理ツール」は、Windows Server 2016のリモート管理に対応した、Microsoft Azureのサービスです。最新のWindows Server 2016 TP5は、Nano Serverを含め、このツールでいつでも、どこからでも、どこにサーバがあってもリモート管理できます。(2016/6/3)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(49):
Windows Server 2016 TP5の「サーバーの役割と機能」、TP4からの変更点まとめ
マイクロソフトは2016年4月末に「Windows Server 2016 Technical Preview 5(TP5)」をリリースしました。今回は、Windows Server 2016 TP5の「サーバーの役割と機能」について、2015年11月リリースのWindows Server 2016 TP4と比較します。(2016/5/25)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(48):
Windows Server 2016 Technical Preview 5の評価方法と注意点
「Windows Server 2016 Technical Preview 5(TP5)」と「System Center 2016 Technical Preview 5(TP5)」がリリースされました。今回は、Windows Server 2016 TP5の評価に役立つ情報をお伝えします。(2016/5/11)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(47):
Hyper-V上のLinux仮想マシンで新たにサポートされる機能
Windows Server 2016のHyper-Vで動作するLinuxのサポート状況について、これまで明らかにされていたものよりも、具体的かつ詳細な情報が公開されました。(2016/4/21)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(46):
実録:Windows ServerコンテナでSQL Serverを動かしてみた
Windows Server 2016の新機能であるコンテナ管理技術「Containers」および「Windowsコンテナ」は、まだまだ不明な部分が多いです。ですが、Windows ServerコンテナでSQL Serverを動かせるという情報を得たので実際に確認したことをご紹介します。(2016/4/14)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(45):
Windows Server 2016で大きく変わるライセンスモデル
Windows Serverの主要な機能を利用するには、サーバライセンスに加えて、クライアントアクセスライセンス(CAL)が必要です。このサーバライセンスに関して、Windows Server 2016では大きな変更があります。(2016/3/25)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(44):
Windows 10の「ワークプレース参加」はどうなる?[後編]
Windows 10におけるデバイス認証の仕組みや導入方法は、Windows 8.1の「ワークプレース参加」から大きく変更されています。前回に続き、今回もWindows 10におけるワークプレース参加について説明します。(2016/3/10)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(43):
Windows 10の「ワークプレース参加」はどうなる?[前編]
Windows 10のデバイス認証は、Windows 8.1に新機能として追加された「ワークプレース参加(Workplace Join)」機能を発展させたものであり、Windows 10の新機能「Microsoft Passport for Work」の要素技術でもあります。しかし、Windows 10におけるデバイス認証の仕組みや導入方法は、Windows 8.1のワークプレース参加から大きく変更されています。(2016/2/24)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(42):
意外と賢くなったWindows Server 2016のWindows Defender
Windows Server 2016には、マルウェア対策として「Windows Defender」が既定でインストールされます。特に設定しなくても、サーバで有効な役割に応じてうまく動作するようになっていて、意外と賢いのです。(2016/2/9)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(41):
パブリッククラウドでDaaSを可能にするWindows Server 2016の新機能
Windows Server 2016の「リモートデスクトップサービス」には、いくつか新機能が搭載されます。今回は、Windows Server 2016 Technical Preview(TP)3およびTP4から利用可能になった「セッションベースのデスクトップ展開」の新機能を説明します。(2016/1/28)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(40):
実運用への道に近づいた、新しい「Nano Server」[後編]
Windows Server 2016 Technical Preview 4(TP4)では、Nano Serverのデプロイ方法とサポートする機能が大幅に改善、強化されました。前回に引き続き、Nano Serverの主要な新機能をスクリーンショットで紹介します。(2016/1/14)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(39):
実運用への道に近づいた、新しい「Nano Server」[前編]
Windows Server 2016 Technical Preview 4(TP4)では、Nano Serverのデプロイ方法とサポートする機能が大幅に改善、強化されました。本連載第36回でも簡単に触れましたが、主要な新機能を2回に分けて、スクリーンショットで紹介します。(2016/1/6)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(38):
明らかになった「Hyper-Vコンテナー」の正体(2)――コンテナーホストのセットアップ方法
前回はWindows Serverコンテナーと比較しながら、Hyper-Vコンテナーの仕組みや管理方法について説明しました。今回は、Windows Server 2016 Technical Preview 4(TP4)をHyper-Vコンテナー対応のコンテナーホストとしてセットアップする方法について説明します。(2015/12/15)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(37):
明らかになった「Hyper-Vコンテナー」の正体(1)――その仕組みと管理方法
マイクロソフトは2015年11月20日(日本時間)、「Windows Server 2016 Technical Preview 4(TP4)」を公開しました。2015年8月のTP3ではコンテナー技術が初めて搭載され、「Windows Serverコンテナー」を評価できるようになりました。TP4ではいよいよ「Hyper-Vコンテナー」のお披露目です。(2015/12/11)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(36):
ついに日本語版が登場、Windows Server 2016テクニカルプレビューこれまでのまとめ
マイクロソフトは2015年11月20日(日本時間)、次期Windows Serverと次期System Centerの新しいプレビュー「Windows Server 2016 Technical Preview 4」および「System Center 2016 Technical Preview 4」を公開しました。Windows Server 2016 TP4をざっと評価してみただけですが、新しくなった点をピックアップして紹介します。(2015/12/8)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(35):
仮想マシンのための「仮想TPM」――仮想化ベースのセキュリティ(その2)
「仮想化ベースのセキュリティ(VBS)」は、Windows Server 2016およびWindows 10 Enterpriseに搭載されるセキュリティのための分離環境です。今回は、仮想化ベースのセキュリティが提供する「仮想TPM(Virtual TPM)」について説明します。(2015/12/1)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(34):
物理マシンとユーザーのための「デバイスガード」と「資格情報ガード」――仮想化ベースのセキュリティ(その1)
「仮想化ベースのセキュリティ(VBS)」は、Windows Server 2016およびWindows 10 Enterpriseに搭載されるセキュリティのための分離環境です。今回は、仮想化ベースのセキュリティが提供する「デバイスガード」と「資格情報ガード」について説明します。(2015/11/25)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(33):
“Hyper-Vの中のHyper-V”で仮想マシンを動かす
Hyper-V仮想マシンは物理コンピューターと同じように動作しますが、できないこともあります。その一つが、Hyper-Vの中で別のハイパーバイザーを実行することです。Windows Server 2016では、ついに“Hyper-Vの中でHyper-Vを実行できる”ようになる予定です。(2015/11/16)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(32):
ADドメインはもう不要? ワークグループでクラスター作成が可能に――フェイルオーバークラスターの新機能(その3)
Windows Server 2012 R2以前のフェイルオーバークラスタリング機能は、“同一のActive Directoryドメインに参加するノード間でのみ”クラスターを作成できました。Windows Server 2016では、ワークグループ構成のクラスターを作成できるようになります。(2015/11/5)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(31):
可用性をさらに高めるクォーラム監視オプション「クラウド監視」――フェイルオーバークラスターの新機能(その2)
Windows Server 2016のフェイルオーバークラスタリング機能では「クラウド監視」という新しいクォーラム構成オプションが追加されます。このクォーラム構成は、共有ストレージを使用していないクラスターや、地理的に離れたサイトにまたがるマルチサイトクラスターに適しています。(2015/10/28)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(30):
短時間のノード障害に耐える仮想マシン――フェイルオーバークラスターの新機能(その1)
Windows Server 2016 Technical Preview 3(TP3)では、「フェイルオーバークラスタリング」に「Virtual Machine Resiliency(仮想マシンの回復性)の向上」という新機能が追加されました。この機能により、クラスターで発生する瞬間的な障害は許容され、仮想マシンのダウンタイムがさらに縮小されることが期待できます。(2015/10/15)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(29):
WindowsコンテナーをDockerから操作するには?――あなたの知らないコンテナーの世界(その4)
前回までは、Windows Server 2016 Technical Preview 3(TP3)の「Windows Serverコンテナー」を、PowerShellコマンドレットによるネイティブな方法で操作してきました。今回は、Windows Server 2016 TP3における「Docker」のサポートを説明します。(2015/10/7)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(28):
IISコンテナーの作成で理解するコンテナーのネットワーク機能――あなたの知らないコンテナーの世界(その3)
今回は、「Windows Serverコンテナー」で「Webサーバー(IIS)の役割」を有効化する操作を行いながら、コンテナーのネットワーク機能について説明します。前回と前々回をまだご覧になっていない方は、今回の記事を読む前にご覧ください。(2015/9/25)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(27):
所要時間は1分未満! 今すぐできるWindows Serverコンテナーの作り方――あなたの知らないコンテナーの世界(その2)
前回は、Windows Server 2016 TP3の新機能「Containers」を有効化して、サーバーをコンテナーホストとしてセットアップするところまでを説明しました。今回は、Containersのネイティブな管理方法で「Windows Serverコンテナー」を作成し、登場したばかりで謎の多い新しいテクノロジついて想像を巡らせます。(2015/9/17)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(26):
Windows ServerのDockerサポートとは?――あなたの知らないコンテナーの世界(その1)
2015年8月20日(日本時間)、Windows Server 2016の最新プレビュー版「Windows Server 2016 Technical Preview 3(TP3)」が公開されました。TP3では、コンテナーテクノロジおよび「Docker」のサポートが初めて提供されています。今回からは、Windows Serverのコンテナーテクノロジを解説していきます。(2015/9/11)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(25):
注目のDockerサポートは? Nano Serverは?――Windows Server 2016 Technical Preview 3登場! 新機能ピックアップ
2015年8月20日(日本時間)、Windows Server 2016の最新プレビューリリース「Windows Server 2016 Technical Preview 3」が公開されました。本連載でこれまでに取り上げた内容からの変更点や、新たに追加された機能をまとめて紹介します。新機能については次回以降で詳しく解説します。(2015/9/3)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(24):
「Webアプリケーションプロキシ」はマルチデバイス環境におけるリモートアクセスの“要”
Windows Server 2012 R2で初めて登場したサーバーの役割「Webアプリケーションプロキシ」。第二世代となるWindows Server 2016では、さらなる改善と強化が行われる予定です。(2015/8/25)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(23):
クラウド時代のセキュリティ担保にはActive Directoryフェデレーションサービスが必須となる?
Windows Server 2003 R2で初めて登場した「Active Directoryフェデレーションサービス(AD FS)」。Windows Server 2012 R2以降は、スマートフォンやタブレット、クラウドアプリのビジネス利用を促進する重要な役割を担うようになりました。(2015/8/19)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(22):
4ステップで理解する「ストレージレプリカ」のセットアップと構成方法
前回は、Windows Server 2016の新機能「ストレージレプリカ」の概要を説明しました。今回は、2台のサーバー間で実際にストレージレプリカを構成し、データ保護機能を試してみます。(2015/8/4)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(21):
低コストでデータの災害復旧対策を実現する新たなSDS「ストレージレプリカ」とは
Windows Server 2016には、新しいサーバーの機能として「ストレージレプリカ」が提供されます。ストレージレプリカでは、どのようにデータを保護するのか、早速試してみました。(2015/7/27)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(20):
記憶域スペースの新機能「記憶域スペースダイレクト」を理解する(後編)
前回はWindows Server 2012 R2以前の「記憶域スペース」の機能をおさらいしました。今回は、いよいよ本題となるWindows Server 2016の「記憶域スペースダイレクト」の話に入ります。(2015/7/15)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(19):
記憶域スペースの新機能「記憶域スペースダイレクト」を理解する(前編)
Windows Server 2016では、Windows Serverの記憶域スペース(Storage Spaces)の機能に「記憶域スペースダイレクト(Storage Spaces Direct)」という新機能が追加されます。この機能を使用すると、ごく普通のローカルディスクがクラスター向けの信頼性の高いストレージに変わります。(2015/7/7)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(18):
Hyper-Vホストから仮想マシンゲストの操作を可能にするPowerShell Directとは
Windows Server 2016 Hyper-Vでは、「PowerShell Direct」というホストとゲスト間の新しい対話機能が利用可能になる予定です。PowerShell Directとはどんな機能なのか、Windows Server Technical Preview 2で試してみました。(2015/6/24)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(17):
Windows Server 2016世代のクラウド基盤の守護者、Host Guardian Serviceとは
Windows Server Technical Preview 2には、新しい役割として「Host Guardian Service」が追加されました。この役割は何者なのか、簡単に評価できるのか、実際に試してみました。(2015/6/15)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(16):
注目のNano Server、その謎に迫る――コンテナー技術との関係はいかに?
次期Windows Serverとなる「Windows Server 2016」には、「Nano Server」という新しいインストールオプションが用意されます。5月上旬に公開されたTechnical Preview 2では、Nano Serverの初めてのプレビューが提供されました。今回は、Nano Serverの謎にぐっと迫ります。(2015/5/29)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(15):
Windows Server 2016では何が変わる? これまでの記事まとめ&フォローアップ
本連載では次期サーバーOS「Windows Server 2016」のマルウエア対策、Hyper-V、RDS、MultiPoint Servicesを紹介してきました。今回は、これまでの振り返りと、2015年5月に公開された「Technical Preview 2」での変更点をフォローアップします。(2015/5/21)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(14):
Windows Server 2016の新プレビュー版に「Nano Server」が搭載、その導入と管理方法
マイクロソフトは5月4日(米国時間)、次期Windows Serverの2回目のプレビュー版となる「Windows Server Technical Preview 2」をリリースしました。今回からは、このTechnical Preview 2をベースに連載を進めます。(2015/5/8)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(13):
MultiPoint Servicesをセッションベースから仮想デスクトップベースにチェンジする
前回は、MultiPoint Servicesの主要な機能を一通り紹介しました。今回は、まだ説明していない大きな機能「仮想デスクトップ(Virtual Desktops)」を紹介します。(2015/4/23)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(12):
教育現場やPCのトレーニングで役立つRDS/MultiPoint Servicesの新機能
前回は、「MultiPoint Services」のステーションとそのデスクトップ環境を説明しました。今回は、講師がユーザーのデスクトップに対してできる、さまざまなリモート機能を詳しく紹介します。(2015/4/15)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(11):
リモートデスクトップサービス(RDS)の強化点――MultiPoint Services(その2)
前回は、Windows Server Technical Previewに追加された新しい役割「MultiPoint Services」と、教育機関向けの製品「Windows MultiPoint Server」の違いを説明しました。今回から数回に分けて、MultiPoint Servicesでできることを紹介します。(2015/3/31)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(10):
リモートデスクトップサービス(RDS)の強化点――MultiPoint Services(その1)
次期Windows Serverには、新しい役割として「MultiPoint Services」が追加される予定です。この役割は、これまで教育機関向けに提供されてきた製品をWindows Serverに統合するものです。(2015/3/18)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(9):
リモートデスクトップサービス(RDS)の強化点――RemoteFX vGPU
前回まで、Windows Server Technical Previewの「Hyper-V」の新機能を説明してきました。間もなく新しいプレビューが公開される予定なので、Hyper-Vはひとまず終わりにして、今回からは「リモートデスクトップサービス」の新機能を見ていきます。(2015/3/4)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(8):
ちょっと紛らわしい「ローリングアップグレード」と「ローリングアップデート」を間違えないで
今回は、次期Windows Serverの「フェイルオーバークラスタリング」の新機能「ローリングアップグレード」を説明します。似たような名前の「ローリングアップデート」もありますが、こちらは現行バージョンでも利用可能で、新機能ではありません。(2015/2/24)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(7):
新しいHyper-VでサポートされるゲストOSを予想する
今回は、次期バージョンの「Hyper-V」でサポートされるWindowsおよびLinuxのゲストOSを予想してみます。また、Linuxゲストに対して追加される新機能も紹介します。(2015/2/17)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(6):
新しいHyper-Vは「メモリ割り当て」も柔軟になる!
Windows Server Technical Previewの「Hyper-V」には、さまざまな新機能と強化点がすでに実装されており、実機で評価できます。今回は、Hyper-Vの「メモリ割り当て」の新機能に注目し、現行バージョンとの違いを明らかにします。(2015/2/9)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(5):
新しいHyper-Vは「チェックポイント」が変わる!
Windows Server Technical Previewの「Hyper-V」には、さまざまな新機能と強化点がすでに実装されており、実機で評価できます。今回は、Hyper-Vの「チェックポイント」機能に注目し、現行バージョンと比較しながら、新バージョンの新機能や変更点を探ります。(2015/1/29)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。