ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電子ブックレット(組み込み開発)」最新記事一覧

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:MAX10 FPGAの開発環境を構築する
FPGAはプログラミング可能なデバイスですが、PCやサーバで実行するプログラミングとは違うところも多々見受けられます。掲載記事をPDF化した「エンジニア電子ブックレット」、今回は連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」より第2回「MAX 10 FPGA」のテスト環境を構築する」をお届けします。(2016/5/2)

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:MAX10開発ボードを眺め、FPGAに注目すべき理由を読み解く
いろいろなところでFPGAの導入を聞く機会が増えましたが、なぜ、いまFPGAが注目されるのでしょうか。連載「MAX 10 FPGAで学ぶFPGA開発入門」より第1回「なぜFPGAが注目されるのか、開発ボードに触れて確認する」を電子ブックレットにてお届けします。(2016/4/15)

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:Q&Aで読むモデリングの極意
今回は紹介してきたモデリングの極意や連載で紹介できなかったコツも含めて、Q&A形式でモデリングの極意を紹介します。連載各回の最後に書いてきた「モデラーへの長い道」と題した教訓も再掲します。(2016/3/22)

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:「持続可能なモデリング」を実現するために求められる知識
モデリングは一回の成功では成功と言えず、持続してこそ成功と言えます。「モデリングが成功した」状態を持続させるための方法を考察します。(2016/3/14)

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:失敗から学ぶモデリングのコツ
モデリングで失敗してもそこから学びがあれば、次の成功につながります。連載「プロジェクトを成功させるモデリングの極意」の第5回、「モデリングで失敗しないために――失敗から学ぶモデリングの実践的なコツ」を電子ブックレットでお送りします。(2016/3/3)

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:失敗例から探る、モデリング失敗の原因
モデリングはなぜ失敗するのでしょうか。連載「プロジェクトを成功させるモデリングの極意」の第4回、「UMLやSysMLなどのモデリングは“いつ”“何を”“どうするのか”」を電子ブックレットでお送りします。(2016/2/29)

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:モデリングは「いつ」「なにを」どうするべきなのか、開発現場の実施例
ソフトウェア開発の現場において、モデリングはどのように行われているのでしょうか。連載「プロジェクトを成功させるモデリングの極意」の第3回、「UMLやSysMLなどのモデリングは“いつ”“何を”“どうするのか”」を電子ブックレットでお送りします。(2016/2/25)

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:UMLやSysMLを活用できないエンジニアに向けたモデリング実践的活用術(後編)
モデリングはソフトウェア設計を行う際に不可欠な技術ですが、漠然と取り組んでは求める効果を得られません。連載「プロジェクトを成功させるモデリングの極意」の第2回、「UMLやSysMLを活用できないエンジニアのための実践的活用術(後編)」を電子ブックレットでお送りします。(2016/2/22)

電子ブックレット(組み込み開発):
電子ブックレット:UMLやSysMLを活用できないエンジニアに向けたモデリング実践的活用術(前編)
モデリングはソフトウェア設計を行う際に不可欠な技術ですが、漠然と取り組んでは求める効果を得られません。連載「プロジェクトを成功させるモデリングの極意」の第1回、「UMLやSysMLを活用できないエンジニアのための実践的活用術(前編)」を電子ブックレットでお送りします。(2016/2/19)

電子ブックレット(組み込み開発):
定義から学ぶ「組み込み機器開発入門」
連載「組み込み機器開発入門」では、これから組み込み機器開発に携わる技術者・エンジニアを目指す方を対象に、組み込み機器開発の入門編として知っておくべき内容を広く紹介します。(2016/2/2)

電子ブックレット(組み込み開発):
「mbed」で始めるARMマイコン開発入門、環境構築からデバイス使いこなしまで
クラウド開発環境「mbed」を用い、NXP「LPC1114FN28」を対象としたマイコン開発のイロハを学びます。(2015/11/18)

電子ブックレット(組み込み開発):
「Arduino」の初期設定から電子工作例10選まで、全217ページで一挙公開
人気記事をオフラインでも読めるPDFに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は電子工作からちょっとした試作まで幅広く使える「Arduino」をテーマとした連載「アイデア・ハック!! Arduinoで遊ぼう」を217ページの大ボリュームで公開します。(2015/7/10)

電子ブックレット(組み込み開発):
家電だって制御できる!プログラミングだけじゃない「Scratch 2.0」の魅力に迫る人気連載、132ページで無料公開
人気記事をオフラインでも読めるPDFに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回はWebブラウザでプログラム開発から実行まで行える「Scratch 2.0」を使って、センサーや外部デバイスの制御に挑戦する連載「Scratch 2.0 で体験! お手軽フィジカルコンピューティング」を全132ページで公開します。(2015/6/10)

電子ブックレット(組み込み開発):
政府「ロボット新戦略」とは何か(後編)
日本政府が有識者会議「ロボット革命実現会議」の議論結果として、2015年1月に発表した「ロボット新戦略」を前後編で読み解く。後編となる本稿では、「ロボットオリンピック」など、2020年の実現を掲げた目標について解説する。(2015/4/23)

電子ブックレット(組み込み開発):
政府「ロボット新戦略」とは何か(前編)
日本政府が有識者会議「ロボット革命実現会議」の議論結果として、2015年1月に発表した「ロボット新戦略」を前後編で読み解く。本稿では前編として、提言された「ロボット革命」と「3つの世界一」について、解説する。(2015/4/22)

電子ブックレット(組み込み開発):
Pepperで「ラジオ体操」を実演する
人気記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は連載「Pepperで始めるロボットプログラミング」の第2回をお届けします。(2015/4/7)

電子ブックレット(組み込み開発):
Pepperを動かす「ロボアプリ」の作り方
人気記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は連載「Pepperで始めるロボットプログラミング」の第1回をお届けします。(2015/4/1)

電子ブックレット(組み込み開発):
ロボットが人型である必要性とは――人間にとって最適なロボットデザインを考える
情報処理推進機構(IPA)は2013年11月13日、産学連携を推進するアキバテクノクラブとともに、「未踏交流会」の拡大版「ロボット特集 〜ロボットデザイン〜」を開催。本稿では、T-D-F代表の園山隆輔氏の講演「ヒト型×ロボット×デザイン」の内容を紹介する。(2014/5/30)

電子ブックレット(組み込み開発):
これはまさに夢の企画――巨大ロボが殴り合う「リアルロボットバトル」に密着してきた
【祝、第2回開催決定!!】日本テレビ系列で2013年12月13日に放送された『ロボット日本一決定戦!リアルロボットバトル』の収録現場に密着。勝つか負けるかの真剣勝負に挑む、個性あふれる等身大リアルロボットたちの熱き戦いを“舞台裏”からリポートする。(2014/5/29)

電子ブックレット(組み込み開発):
iPhoneとつながるスポーツウオッチ、カシオ「STB-1000」はこうして生まれた
iPhoneの通知を受け取ったり、フィットネス系アプリと連携したりできる、Bluetooth Low Energy対応スポーツウオッチ「STB-1000」。スマートフォンとの連携という点で、Bluetooth LE対応G-SHOCKとそっくりな兄弟のようにも思えるが、実はさまざまな違いがある。STB-1000とはどのような製品なのか、カシオ計算機に話を聞いた。(2014/4/24)

電子ブックレット(組み込み開発):
希望の輝きを放つ自転車、「FUKUSHIMA Wheel」が描く未来
福島県会津若松市に拠点を置くベンチャー企業、Eyes, JAPANは、自転車をビジネスモデルの中心に据えた一風変わったシステム「FUKUSHIMA Wheel」を開発し、世界進出を図ろうとしている。自転車をひとたび走らせれば、放射線量をはじめとするさまざまな環境データを収集し、LEDを搭載した後輪部分にはさまざまな広告やメッセージが表示される。本稿では、FUKUSHIMA Wheelの開発に込められた思いと、ビジネスの可能性について紹介する。(2013/12/18)

電子ブックレット(組み込み開発):
ドングルPCが実現するスマート社会【後編】
スティックタイプの小型コンピュータ(ドングルPC)を挿すだけで、家のテレビが“スマートテレビ化”される。近年では、国内携帯電話キャリアが提供するドングルPCによって、スマートフォン向けの動画配信サービスを家庭のテレビでも楽しめるようになった。当初、ドングルPCは、STB(Set Top Box)の領域で注目されてきたが、実はその可能性は“無限”にある。本稿では、効果的な使い道や課題などに触れながら、ドングルPCの可能性について掘り下げていく。(2013/11/5)

電子ブックレット(組み込み開発):
ドングルPCが実現するスマート社会【前編】
スティックタイプの小型コンピュータ(ドングルPC)を挿すだけで、家のテレビが“スマートテレビ化”される。近年では、国内携帯電話キャリアが提供するドングルPCによって、スマートフォン向けの動画配信サービスを家庭のテレビでも楽しめるようになった。当初、ドングルPCは、STB(Set Top Box)の領域で注目されてきたが、実はその可能性は“無限”にある。本稿では、効果的な使い道や課題などに触れながら、ドングルPCの可能性について掘り下げていく。(2013/10/31)

電子ブックレット(組み込み開発):
どうなる? どうする? 組み込み機器向けWindows XP
2014年4月9日(日本時間)で「Windows XP」のサポートが終了。組み込み機器向けに提供されている「Windows XP Embedded」についても2016年1月に期限を迎えてしまう……。そろそろOSの移行を前向きに検討するときなのではないだろうか。本特集では、Windows XP Embeddedから「Windows Embedded Standard 7」への乗り換えを前提に、その移行ポイントを解説する。(2013/8/22)

電子ブックレット(組み込み開発):
2015年、お弁当箱もネットにつながる!?――Webとリアルの融合が生んだ「オベントーバコラー」
身の回りのあらゆるモノがネットワークを介して接続され、相互連携する世界、“モノのインターネット(IoT:Internet of Things)”。小さなセンサーデバイスはもちろんのこと、自動車や白物家電、そして、“お弁当箱”までもがネットの世界と融合していく……!?(2013/7/31)

電子ブックレット(組み込み開発):
いまさら聞けない SDメモリーカード入門
あなたはどれくらい「SDメモリーカード」のことを知っているだろうか? SD規格やSDホストコントローラの仕組みについて、人に正しく説明することができるだろうか? 携帯電話やスマートフォン、デジタルカメラに代表される身近な機器に必ずといってよいほど使われているSDメモリーカードの基礎を解説する。(2013/7/30)

電子ブックレット(組み込み開発):
子どもたちがいつでも・気軽に触れられるコンピュータを――「Raspberry Pi」に詰まった創業者の思い
発売1年で100万台以上が売れた小型コンピュータ「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」の開発者であり、コンピュータの開発スキルの発展を促進するために設立された財団「Raspberry Pi Foundation」の創設者でもあるエベン・アプトン(Eben Upton)氏がイベント出席のため先ごろ来日。Raspberry Piに対する思いや今後の展開、自身の経験などについてお話を伺った。(2013/7/12)

電子ブックレット(組み込み開発):
「そのソフトウェア資産、ずっと使い続けられますか?」――現場で役立つリファクタリング
長期間、改修を繰り返しながら、今なお現役で使い続けられているシステムはないだろうか。気が付けば設計担当者が去り、開発担当者が去り、ただ肥大化・複雑化・属人化したシステムだけが残され、運用担当者が何とかそれを維持し続けている。そんなシステムに対し、ある日、大幅な仕様変更・機能追加の命が下ったら……。(2013/6/19)

電子ブックレット(組み込み開発):
Windows 8! 実は使える“8つ”の機能
「Windows 8」には、従来バージョンから刷新・新規追加されたさまざまな機能が存在する。その中には、“組み込み機器でも!”“組み込み機器だからこそ!!”活用できる機能がある。本特集ではWindows 8にちなんで、組み込み機器で使える“8つ”の機能を紹介する。(2013/5/24)

電子ブックレット(組み込み開発):
世界シェアNo.1に聞く、ロボット市場の展望
再検証「ロボット大国・日本」【特別編】。日本は産業用ロボットの出荷台数・稼働台数で世界一を誇る。一番多く作って、一番多く使っているのだ。自動車の大量生産を追い風に、1970年代後半、国内で初めてオール電気式の産業用ロボットを発売し、今なおロボット開発に情熱を注ぎ続ける安川電機に、産業用ロボット市場の動向や今後の方向性について伺った。(2013/5/21)

電子ブックレット(組み込み開発):
「いつかガンダムを作るんだ!」――西淀川の町工場でオヤジたちの思いが1つに
「西淀川ものづくりまつり2012」で一般公開された搭乗型巨大二足歩行ロボット「はじめロボット43号機」。その全ての部品が大阪市西淀川の町工場で作られている。今回は、大阪の町工場から生まれた4mロボットの開発秘話と、町工場のオヤジたちのでっかい夢を電子ブックレットでお届けする。(2013/1/31)

電子ブックレット(組み込み開発):
組み込みギョーカイの常識・非常識(Part2:連載第6〜10回)
本連載コラムは、組み込みソフトウェア開発を知り尽くしたベテラン・エンジニアから、若手の組み込みエンジニアへ贈る応援メッセージである。連載第6〜10回までを「Part2」としてまとめてお届けする。(2012/12/26)

電子ブックレット(組み込み開発):
組み込みギョーカイの常識・非常識(Part1:連載第1〜5回)
本連載コラムは、組み込みソフトウェア開発を知り尽くしたベテラン・エンジニアから、若手の組み込みエンジニアへ贈る応援メッセージである。連載第1〜5回までを「Part1」としてまとめてお届けする。(2012/12/20)

電子ブックレット(組み込み開発):
次世代ロボット概論
あらゆる技術の集大成といわれるロボットだが、実はその定義はいまだ錯綜している――。本連載では、産業技術総合研究所 大場光太郎氏の講演内容を基に、「ロボットの正しい定義」「ロボットに必要な要素技術」「ロボット社会に向けた課題」の3つのテーマをお届けする。(2012/11/1)

電子ブックレット(組み込み開発):
いまさら聞けない 機能安全入門
あなたは、人に「機能安全」を正しく説明できるだろうか? 機能安全基本規格「IEC 61508」を基に機能安全の基礎とその概要について解説する。(2012/10/30)

電子ブックレット(組み込み開発):
いまさら聞けない FPGA入門
あなたは、人に「FPGA」を正しく説明できるだろうか? いまや常識となりつつあるFPGAについて、あらためてその概念から仕組み、最新動向までを解説する。(2012/9/3)

電子ブックレット(組み込み開発):
原発ロボットを開発する千葉工大・小柳副所長
今なお予断を許さない東京電力・福島第一原子力発電所の事故。この過酷な現場に投入されたのが、千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター(fuRo)が開発したレスキューロボット「原発対応版Quince(クインス)」だ。本稿では、開発責任者でfuRo副所長を務める小柳栄次氏に、これまでの開発について、そして今後のレスキューロボットについて話を聞いた。(2012/8/29)

電子ブックレット(組み込み開発):
いまさら聞けない 形式手法入門
ソフトウェアの品質向上手段として注目されている形式手法。今回は、厳密な仕様定義を目的とした「形式仕様記述」を中心に、分かりやすく解説する。(2012/8/28)

電子ブックレット(組み込み開発):
本当にITで農業を救えるのか!? コストイノベーションと地域視点で新たな営農スタイルを目指す「T-SAL」
現役就農者の高齢化や後継者不足に伴う農家人口の減少、耕作放棄地の増加など、日本の農業が抱える課題に対し、IT/ICTで持続可能な農業を実現しようとする取り組みが各所で進みつつある。その1つが、東北のIT企業/農業法人や教育機関などが中心となり活動している「東北スマートアグリカルチャー研究会(T-SAL)」だ。大企業では実現できない地域連合ならではの取り組みとは?(2012/7/27)

電子ブックレット(組み込み開発):
Kinect センサーで夢と魅力にあふれるアプリを“創造”しよう!
「Kinect for Windows センサー」によるアプリケーション開発のための“超”入門。本格的な開発を始める前に絶対に知っておきたい、Kinect for Windows センサーの特長やXbox 360版との違い、開発時の注意点、応用例などをまとめて紹介する。(2012/7/2)

電子ブックレット(組み込み開発):
マルチコア環境におけるタスクの最適なコア配置を考える
連載「組み込みマルチコア進化論」の特別編として、マルチコア環境における“タスクの最適なコア配置”と動作ログから最適なコア配置を解析する手法について紹介します。(2012/5/29)

電子ブックレット(組み込み開発):
GPSデータで海溝型巨大地震に伴う大津波の予測を支援、国土地理院
国土地理院は、日本全国1240箇所にある「電子基準点」で観測されたGPSデータのリアルタイム解析を行い、海溝型巨大地震発生時に生じる地殻変動量を即時に求めるシステムの試験運用を開始した。(2012/5/7)

電子ブックレット(組み込み開発):
月面レースに挑む研究者、東北大・吉田教授
【次世代エンベデッド EXPO 2012】開催直前記念・特別ブックレット――。「宇宙開発」というと、国や大企業だけのものと思っていないだろうか。答えは「ノー」だ。数トンにもなる大型衛星ならともかく、最近の「超小型衛星」と呼ばれる新しいタイプの衛星は、大学やベンチャーによるものが多く、既に何機もが宇宙に飛び立っている。その最前線で活躍中の東北大学・吉田和哉教授に、宇宙ロボットの最新状況を聞いた。(2012/2/2)

電子ブックレット(組み込み開発):
組み込みシステムに迫りくる脅威
IPAの調査報告書から特に日常生活で利用頻度の高い「情報家電」「携帯電話」「カーナビ」の3つの分野に焦点を絞って、組み込みシステムにおける情報セキュリティについて解説していきたいと思います。(2011/11/17)

電子ブックレット(組み込み開発):
Androidがもたらす組み込み開発の新たな可能性
携帯電話向けプラットフォーム「Android」。実は、ケータイ分野以外の組み込みデバイス開発でも注目を集めている!!(2011/11/7)

電子ブックレット(組み込み開発):
組み込みLinux開発入門
組み込みソフトウェアの開発は、PC用とは異なる要素や手順が必要となる。組み込み開発の全体像をおさらいし、実際にターゲットボードを用いた組み込みLinux開発の流れを詳しく解説する。(2011/10/7)

電子ブックレット(組み込み開発):
完全マスター! 電子回路ドリル(Part2:第13〜第25回)
これから電子回路について学びたい人、知識の再確認を行いたい人のために、人気連載「完全マスター! 電子回路ドリル(Part2:第13〜第25回)」をPDFにまとめてお届けします。(2011/7/19)

電子ブックレット(組み込み開発):
完全マスター! 電子回路ドリル(Part1:第1〜第12回)
これから電子回路について学びたい人、知識の再確認を行いたい人のために、人気連載「完全マスター! 電子回路ドリル(Part1:第1〜第12回)」をPDFにまとめてお届けします。(2011/6/3)

電子ブックレット(組み込み開発):
Apple A4プロセッサを分解、「革命」ではなく「進化」の産物
Apple A4は単なる汎用プロセッサではない。SoC内部にプロセッサコアを集積した形態を採っている。議論が進むにつれ、SoCに実装されたプロセッサコアの正体と処理性能以外の疑問がわき上がってきた。P.A. Semi社とIntrinsity社という、Apple社がここ2年間で実施した2つの大規模な企業買収によって、この2社の設計が統合されたのではないかということだ。(2011/2/15)

電子ブックレット(組み込み開発):
汎用マイコン市場にもARMコア、産業機器や家電に広がる
アームのプロセッサコアは、携帯電話機やスマートフォンのSoC(System on Chip)に広く採用されてきた。携帯電話機やスマートフォンに向けて、アームはすでに100を超える半導体メーカーにライセンスを提供しており、圧倒的なシェアを有している。同社はデジタル家電や白物家電、医療機器、産業機器などに向けた汎用マイコン市場でも、勢力拡大に向けた取り組みを進めている。(2011/2/15)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。