ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FAニュース」最新記事一覧

FAニュース:
薄物や大型部品の成形に対応する新型ダイカストシステム
東芝機械は、自動車などの薄物/大型部品の成形に対応する、新型ダイカストシステムを開発した。新機構を追加して成形部品の高品質化を図った他、電動型締機能とオプションを併用することで生産性を向上できる。(2016/12/9)

FAニュース:
切削速度と加工精度を高めたマニシングセンタ、MTConnectにも対応
キタムラ機械は、横型マシニングセンタ「Mycenter-HX iG」シリーズを発売した。従来シリーズの通信機能、操作性能を維持しつつ、独自のテーブル機構「Integral Rotary Table」により1000分の1度という高精度で角度の割り出しができる。(2016/12/9)

FAニュース:
最大リーチ2800mm、防爆構造を採用した塗装ロボット
ファナックは、防爆構造を採用した塗装ロボット「P-250iB/15」を発売した。ロボットのベースから上腕の分線盤までを中空構造とし、防爆安全性を高めている。(2016/12/8)

FAニュース:
小型で堅牢な高速イーサネットコネクタ、ヒロセ電機とハーティングが共同開発
ハーティングは、ヒロセ電機と共同で開発した小型イーサネットコネクタ「ix Industrial」を発表した。併せて同社開発によるイーサネットコネクタ「T1」「M8」も発表した。いずれも小型、堅牢な設計で、高速イーサネットを提供する。(2016/12/6)

FAニュース:
負荷容量を高めた産業機械向けボールねじサポート用軸受、高速化にも対応
不二越は、産業機械向けボールねじサポート用軸受「TAF-X」シリーズを発表した。既存シリーズより長寿命化、アキシアル限界荷重の拡大が図られ、高速化にも対応する。(2016/12/5)

FAニュース:
制御と計測の技術が共演、SCFと計測展が一体化して開催
日本電機工業会、日本電気制御機器工業会、日本電気計測工業会が主催する、産業用オートメーションと計測技術の展示会「システムコントロールフェア(SCF)2017/計測展2017 TOKYO」の開催概要が発表。前回は同時期同会場開催だったSCFと計測展が今回から一体化し1つの展示会として開催する。(2016/12/2)

FAニュース:
工場用IoTニーズに応え、EtherCATスレーブユニットなど5機種を拡充
コンテックは、M2M/IoTソリューション「CONPROSYS」の新製品として、産業用ネットワークEtherCATスレーブユニットと拡張用I/Oモジュール5種を発売した。(2016/12/1)

FAニュース:
3次元ビジョンメーカー2社を買収し、部門を強化
米国コグネックスは、3次元ビジョンメーカーのドイツEnShapeおよびスペインAQSenseの2社を買収した。両社のエンジニアリングチームを取り込むことで、3次元ビジョン部門の強化を図る。(2016/11/30)

FAニュース:
16種類の工業規格に対応するコンタミネーション解析システムを発売
オリンパスは、工業部品の洗浄油や洗浄液内の異物を検出するコンタミネーション解析システム「CIX100」を発売した。簡単な操作で、工業規格に沿った顕微鏡検査や結果のレポート出力が行える。(2016/11/30)

FAニュース:
DUVレーザー採用の微細レーザー加工機を発売、最小加工径10μmを実現
三菱重工工作機械は、短パルスのDUVレーザーを採用した微細レーザー加工機の新モデル「ABLASER−DUV」を開発した。最小加工径が10μmとより小さくなり、精密加工の微細化に対応する。(2016/11/25)

FAニュース:
揺れと発熱を抑える新保持器採用の高速アンギュラ玉軸受
日本精工は、工作機械主軸用軸受ロバストシリーズ向けの超高速アンギュラ玉軸受を開発した。新たに外輪案内保持器「SURSAVE」を開発し、高速回転時のNRROを半減し、発熱量を2割削減した。(2016/11/25)

FAニュース:
米国カリフォルニア州にアーキテクチャ開発室を開設、制御ビジネス拡大へ
横河電機は、IIoT(Industrial IoT)のアーキテクチャを専門に開発する組織として、アメリカカリフォルニア州に「アーキテクチャ開発室カリフォルニア」を開設した。2017年4月に自社オフィスを構える予定だ。(2016/11/23)

FAニュース:
熟練者のニーズを取り入れたCNC円筒研削盤、3モデル5製品を追加
ジェイテクトは、CNC円筒研削盤「GE3i」シリーズを発売した。仕様の異なる3種のモデル、計5製品をそろえる。研削経験の浅い作業者でも高い精度で加工できる工夫などを施した。(2016/11/17)

FAニュース:
「CC-Link IEフィールドネットワークBasic」対応のFA製品194機種を用意
三菱電機は、産業用オープンフィールドネットワーク「CC-Link IEフィールドネットワークBasic」に対応するFA製品計194機種を順次発売する。(2016/11/16)

FAニュース:
IoT対応の新型制御装置を搭載したワイヤ放電加工機を発売
三菱電機は、IoT対応の新型制御装置を搭載したワイヤ放電加工機「MV D-CUBES」シリーズ4機種を発売した。加工機ごとの稼働状態や加工情報を見える化し、段取りから加工までの生産性を向上させた。(2016/11/16)

FAニュース:
生産設備でエッジコンピューティング、リアルタイム解析対応の後付けモジュール
ジェイテクトは、生産設備データを収集や蓄積、解析を実現するエッジ型解析モジュール「TOYOPUC-AAA」を開発した。エッジコンピューティングによるリアルタイム解析に対応し、特別なソフトがなくても生産設備の情報を見える化できる。(2016/11/15)

FAニュース:
金属3Dプリンタ機能を備える複合加工機開発、積層と切削を1台で
オークマは、高精細な金属積層造形を可能にした、レーザー複合加工機「MU-6300V LASER EX」「MULTUS U3000 LASER EX」を開発した。ミーリングや旋削、研削加工、焼入れ、金属積層造形などの工程に1台で対応する。(2016/11/14)

FAニュース:
ディープラーニング技術で文字認識性能を高めた画像処理ソフト
リンクスは、画像処理ソフト「HALCON(ハルコン)」の新バージョン「HALCON13」を発売した。ディープラーニング技術を採用して文字認識性能を高めた他、形状ベースマッチングの処理速度が向上した。(2016/11/11)

FAニュース:
従来比2倍の長距離検出を可能にした生産ライン向け近接センサー
ケーメックスは、スイスのCONTRINEXが製造する近接センサー「700」シリーズを発売した。継ぎ目のないステンレスの一体構造を採用し、衝撃に強く、検査対象物との衝突などによる故障も軽減できる。(2016/11/10)

FAニュース:
OPC-UAサーバ機能を内蔵したM2Mコントローラー、MT-LINKiにも対応
コンテックは、OPC-UAサーバ機能を内蔵したM2Mコントローラー「CPS-MC341-ADSC1-931」を発表した。ファナックの工作機械稼働管理ソフトウェア「MT-LINKi」に対応している。(2016/11/9)

FAニュース:
石油パイプラインなどの検査用ソフトウェアをバージョンアップ
クレアフォームは、石油輸送などに用いられるパイプラインの3Dスキャナーによるスキャン結果から、腐食、くぼみ、削れといった欠陥の自動検査、検出、特性評価などを現場で行えるパイプライン検査用ソフトウェア「Pipecheck」の最新バージョンをリリースする。(2016/11/9)

FAニュース:
組み込み機器上で動作可能な高速学習アルゴリズム
三菱電機は、車載機器や産業用ロボットなどの組み込み機器上で動作可能な「ディープラーニングの高速学習アルゴリズム」を開発した。事前学習時間とメモリ量の短縮・削減により、組み込み機器上での学習が可能になった。(2016/11/4)

FAニュース:
機械学習で設備異常や予兆を監視する新ソリューションを開発
横河ソリューションサービスは、エッジコンピューティングによる「設備異常予兆監視ソリューション」を開発した。機械学習により設備異常や予兆を監視することで、設備の安定稼働と保全コストの削減が可能になる。(2016/11/3)

FAニュース:
生産性と加工位置精度をより高めた、基板穴あけ用レーザー加工機
三菱電機は、新しい基板穴あけ用レーザー加工機「GTW5」シリーズを発売した。同社独自の「Synchrom(シンクローム)テクノロジー」と、新しいガルバノスキャナーにより、従来機よりも生産性と加工位置精度を高めたものになっている。(2016/11/2)

FAニュース:
IoT対応産業用コントローラーにC言語対応モデルなど3種を追加
日立産機システムら3社は、IoT対応の産業用コントローラー「HF-W/IoT」シリーズに3つのモデルを追加する。ファンレス化や小型化に加え、耐環境性を向上させたことで、産業機械・設備へ容易に組み込むことができる。(2016/11/1)

FAニュース:
長寿命化し耐荷重性を向上させた高負荷駆動用ボールねじ
日本精工は、従来品より寿命を延ばし、耐荷重性を高めたNSK高負荷駆動用ボールねじ「S-HTF」シリーズを発表した。性能を高めることで、電動射出成形機やサーボプレス機などのハイサイクル化や推力アップのニーズに対応した。(2016/10/27)

FAニュース:
世界各国の電波認証を取得した無線LANユニットを発売
コンテックは、世界各国の電波認証を取得した無線LANユニット「FLEXLAN FX3000」シリーズを発売した。同シリーズを採用することで、これまで輸出先によって検討していた無線LANユニットの選定が不要になる。(2016/10/26)

FAニュース:
インダストリー4.0の中心でモノづくりを叫べ――ハノーバーメッセ
ドイツの展示会運営会社ドイツメッセとそのパートナーである日本能率協会は世界最大の産業技術の見本市「HANNOVER MESSE 2017」についての記者会見を開催した。(2016/10/26)

FAニュース:
最短10秒のデータ更新が可能なISA100 Wireless準拠のフィールド無線用振動計
横河電機は、フィールド無線規格のISA100 Wirelessに準拠したフィールド無線用振動計を発売した。プラントで使用する設備の振動を測定し、ISA100 Wirelessの無線通信で測定データを発信する。(2016/10/25)

FAニュース:
演算処理速度が向上した高精度CNCチャッカー機を発売へ
シチズンマシナリーは、高精度CNCチャッカー機「Miyano GN3200」シリーズをモデルチェンジし、2017年4月から販売を開始する。主軸の回転角度制御ができるC軸を標準搭載している。(2016/10/24)

FAニュース:
「第3回 現場川柳」募集開始、前回大賞は「ライバルは、昔同期で、今はロボ」
オプテックスFAが実施する“現場”にまつわる「現場川柳」の第3回開催が決定し、このほど募集を開始した。前回の大賞作品は「ライバルは、昔同期で、今はロボ」。(2016/10/21)

FAニュース:
最小検出段差0.08mmの2出力型高精度レーザーセンサーを発売
オプテックス・エフエーは、距離設定型2出力タイプの高精度CMOSレーザーセンサー「BGS-HDL」シリーズを発表した。最小検出段差0.08mmで、物体の有無検出に加え、高さによる良否判別、物体位置の距離判別と、2段階出力などの用途にも向く。(2016/10/21)

FAニュース:
クラウドを使ってインバータの管理や保守作業を効率化
安川電機は自社製インバータ向けのクラウドサービス「YASKAWA Drive Cloud」を提供開始した。該当製品のパラメータやトラブルシュート情報にアクセスできるほか、パラメータの調整結果やメンテナンス情報などをバックアップする用途を見込む。(2016/10/20)

FAニュース:
2室構造で耐環境性を向上させた温度伝送器の中位機種を発売
横河電機は、2室構造を採用した温度伝送器「YTA610」を発表した。上位機種と同じく、端子台と電子回路を隔壁で仕切る2室構造にすることで、耐環境性を向上させた。(2016/10/19)

FAニュース:
IoTデバイスに最適なプラズマダイシング、パナソニックが実証センターを開設
パナソニック ファクトリーソリューションズ(PFSC)は、次世代のダイシング技術「プラズマダイシング」の普及を促進するため、同社本社敷地内(大阪府門真市)に「プラズマダイシング実証センター」を開設した。需要拡大が見込まれるIoT(モノのインターネット)向けデバイスの製造に最適だという。(2016/10/19)

FAニュース:
エントリーモデルのマシンオートメーションコントローラーを発売
オムロンは、「Sysmacオートメーションプラットフォーム」のラインアップを拡充し、エントリーモデルのマシンオートメーションコントローラー「NX1P」を発売した。EtherCATポートを内蔵し、最大8軸のサーボシステムを制御できる。(2016/10/18)

FAニュース:
プッシュインPlus端子台を採用したFA機器製品の第2弾を発売
オムロンは、共通の設計コンセプトで仕様を統一したFA機器の第2弾として、7カテゴリー1万5583形式を発売した。独自の配線方式「プッシュインPlus端子台」を採用した押しボタンスイッチなどをリリースした。(2016/10/17)

FAニュース:
振動を約50%低減し寿命10倍以上に改善の小型スピンドル用玉軸受
NTNは、小型スピンドルに用いる軸受「ULTAGEシリーズ 工作機械主軸用小径高速アンギュラ玉軸受」を開発した。グリスの保持性を改善して高寿命化したほか、軸受軌道面の精度を高めて振動を低減した。(2016/10/14)

FAニュース:
プラントの機能安全管理を支援する、安全計装システムの機能を強化
横河電機は、安全計装システム「ProSafe-RS」の機能を強化した「ProSafe-RS R4.02.00」を発表した。機能安全管理(FSM)を支援するため、ProSafe-RSのエンジニアリング環境「ADスイート」の機能を拡張したものだ。(2016/10/12)

FAニュース:
銅と窒化アルミニウムセラミックスを接合する新技術を開発
三菱マテリアルは、銀(Ag)を接合材として使用せずに、銅(Cu)と窒化アルミニウム(AlN)セラミックスを接合する新技術を開発した。同時に、AlNセラミックス基板の両面にCuを接合した「AgフリーDBC基板」の試作対応を開始した。(2016/10/11)

FAニュース:
従来比1.3倍の高速回転に対応した深溝玉軸受を開発
ジェイテクトは、樹脂保持器の形状を工夫することで、従来比1.3倍の高速回転対応を可能にした深溝玉軸受を開発した。軸受の保持器を従来の片持ちタイプから両持ちタイプに変更し、遠心力による変形を抑えた。(2016/10/10)

FAニュース:
アンマネージドスイッチギガビット対応の産業用スイッチングハブ
デジタルは、過酷な環境でも使用できる産業用スイッチングハブ「SPIDERIII」を発表した。スイッチング機能やTP/TXインタフェース機能を備え、各種海外安全規格にも対応。信頼性の高いネットワーク構築を可能にする。(2016/10/6)

FAニュース:
ロボット用システムソフトウェアをPLCopenが認証
KUKAは、ロボット用のシステムソフトウェア「KUKA.PLC mxAutomation」の最新バージョン(2.1)がPLCopenの認証を受けたことを発表した。(2016/10/5)

FAニュース:
利便性と駆動性を備えた一般産業用高機能インバータを発売
日立産機システムは、現行の産業用インバータ「SJ700」シリーズの後継機として、一般産業用高機能インバータ「SJシリーズ TypeP1」計41機種を開発した。機能安全規格IEC61508/EN61800 5-2 SIL3 STOに標準で対応している。(2016/10/4)

FAニュース:
厚み29mmの組み込み用コンピュータを発売、各種海外安全規格に対応
コンテックは、放熱スリット/CPUファンをなくした組み込み用コンピュータ「ボックスコンピュータ BX-956S」を発売した。VCCI/FCC/CE/ULの安全規格に対応し、プラットフォームにインテル Atomプロセッサ E3845を採用した。(2016/10/3)

FAニュース:
最大40台のユニットを実装できる片面形モータコントロールセンタ
三菱電機は、モーターの開閉制御などを集中管理するモーターコントロールセンター向けに、片面形の「三菱低圧モータコントロールセンタD」を発売した。電源送りユニットやモータスタータユニットを小型化し、最大40台のユニットを実装できる。(2016/9/30)

FAニュース:
最大18パレットに対応する、多段パレットストッカシステム
ヤマザキマザックは、最大18個のパレットストッカに対応する、多段パレットストッカシステム「MPP 500」を発表した。従来のシステムに比べ、フロアスペースを約50%削減できる。(2016/9/28)

FAニュース:
2つのワークを同時加工できる2スピンドル2タレット搭載のCNC旋盤
ヤマザキマザックは、2スピンドル2タレットを搭載した、主軸移動型CNC旋盤「MULTIPLEX W-200」シリーズを発表した。同時に、Y軸付きの「MULTIPLEX W-200Y」もラインアップした。(2016/9/27)

FAニュース:
可搬質量8kgの高速スカラロボットを発売、高速連続稼働に対応
デンソーウェーブは、可搬質量8kgの高速スカラロボット「HSR」シリーズを2016年10月に発売する。アーム先端の軽量化と放熱性の向上により、連続稼働による高速動作を可能にした。(2016/9/26)

FAニュース:
CPU性能が4倍高速化したPCボードタイプコントローラーを発売
安川電機は、PCボードタイプコントローラー「MP3100」を発表した。従来のMP2000シリーズとの互換性を保ちながら、CPUの高速化やレジスタ、アプリケーション容量の拡大など、性能と使いやすさが向上している。(2016/9/23)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。