ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「先進企業が目指すグローバル成長期のPLM」最新記事一覧

MONOist「製造マネジメントフォーラム」の連載「先進企業が目指すグローバル成長期のPLM」の記事一覧です。
下記連載も併せてご覧ください。
 
・連載「グローバルPLM〜世界同時開発を可能にする製品開発マネジメント
・連載「いま知っておくべき中国の製造業事情
・連載「変わりゆく中国の日系製造業
 

先進企業が目指すグローバル成長期のPLM(5):
生産性を1000倍にするのは現実的な課題である
日本にPLMを紹介する先駆けとなった書籍「CRM、SCMに続く新経営手法 PLM入門」(2003年刊)を執筆したアビーム コンサルティングの執筆チームが、その後のPLMを取り巻く環境変化と今後のあるべき姿について、最新事例に基づいた解説を行う。(2008/1/18)

先進企業が目指すグローバル成長期のPLM(4):
規模の経済から“速度”の経済へ、PLM新世代
日本にPLMを紹介する先駆けとなった書籍「CRM、SCMに続く新経営手法 PLM入門」(2003年刊)を執筆したアビーム コンサルティングの執筆チームが、その後のPLMを取り巻く環境変化と今後のあるべき姿について、最新事例に基づいた解説を行う。(2007/12/10)

先進企業が目指すグローバル成長期のPLM(3):
BMWのようなプロダクトDNAを獲得するために
日本にPLMを紹介する先駆けとなった書籍「CRM、SCMに続く新経営手法 PLM入門」(2003年刊)を執筆したアビーム コンサルティングの執筆チームが、その後のPLMを取り巻く環境変化と今後のあるべき姿について、最新事例に基づいた解説を行う。(2007/11/6)

先進企業が目指すグローバル成長期のPLM(2):
シャープ“亀山モデル”のアキレス腱とは?
日本にPLMを紹介する先駆けとなった書籍「CRM、SCMに続く新経営手法 PLM入門」(2003年刊)を執筆したアビーム コンサルティングの執筆チームが、その後のPLMを取り巻く環境変化と今後のあるべき姿について、最新事例に基づいた解説を行う。(2007/9/27)

先進企業が目指すグローバル成長期のPLM(1):
PLMはTime to MarketからTime to Profit
日本にPLMを紹介する先駆けとなった書籍「CRM、SCMに続く新経営手法 PLM入門」(2003年刊)を執筆したアビーム コンサルティングの執筆チームが、その後のPLMを取り巻く環境変化と今後のあるべき姿について、最新事例に基づいた解説を行う。(2007/9/12)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。