ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「漢字」最新記事一覧

ルールを決めてゲームを遊ぶ子は勉強も効率的? 今どきの小学生の実態調査
ゲームを通じて「いろんな知識が身についた」「漢字を覚えた」との回答も多数。(2017/7/15)

さすがは「うんこ漢字ドリル」、うんこの詰め込みっぷりが一味違うぜ! タイアップイベントがナンジャタウンで開催
「聖なるうんこ」で「うんこ城」の「うんこドラゴン」を倒すアトラクションなど登場。うんこばっかりだな!(2017/7/7)

コマ撮りアニメで漢字の背景が見える? ユニークな漢字コンテンツ「kanjigram」
プロアニメーターによる、漢字の成り立ちと文化の物語。(2017/7/4)

普段使わない表現ばっかじゃねえか! 「うんこ漢字ドリル」から考案した架空の教材「中二病漢字ドリル」がゾクゾクする
中二病と勉強の両立。(2017/6/29)

「難読漢字」はどうやって生まれたか? 漢字の「音読み」が複数ある理由
なぜわれわれは漢字テストで苦労するのか。(2017/6/24)

漢字の「一」「二」「三」の次がいきなり「四」になるのはなぜなのか?
なんで横棒4本じゃないの?(2017/6/14)

例文全てに「うんこ」を使用する『うんこ漢字ドリル』に待望(?)の大人版誕生 女性セブンの付録で
好評につき予想外のコラボレーション。(2017/6/13)

水曜インタビュー劇場(ぶりぶり公演):
2カ月で180万部! 『うんこ漢字ドリル』がバカ売れしている理由
文響社の『うんこ漢字ドリル』が売れている。すべての例文に「うんこ」が登場していて、小学生はゲラゲラ笑いながら学習しているという。同社は参考書をつくったことがないのに、なぜこのようなドリルをつくることができたのか。担当編集者に話を聞いた。(2017/5/31)

社内で“うんこ”飛び交う……100万部超え「うんこ漢字ドリル」ができるまで
話題の「うんこ漢字ドリル」が100万部越え。制作の背景を聞いた。(2017/5/25)

キラキラネーム命名にも:
欧米人の名前を“漢字化”できるWebアプリ「KANJI NAME」
LIBREは、欧米人の名前を漢字を用いた当て字に変換できるWebサービス「KANJI NAME」の公開を開始した。(2017/5/24)

ねっと部:
「うんこ漢字ドリル」登場 全例文に「うんこ」入り
「新春のあいさつにうんこを持って行きました」(「春」の例文)(2017/3/22)

窘める、揺蕩う……読めそうで読めない「た」で始まる漢字動詞クイズ30 作者にクイズ作りの秘訣聞いた
クイズは秀逸、文字は達筆。(2017/1/21)

TechFactory通信 編集後記:
製造業のIoT化がより進んだ2016年――“今年の漢字”製造業版は「?」
本家“今年の漢字”は「金」でした。(2016/12/24)

今年の漢字は……読めない!! 達筆過ぎる「金」の字に戸惑うネット民続出
もはや風物詩。(2016/12/12)

2016年「今年の漢字」は「金」 リオ五輪やトランプ、PPAPを受け 選ばれるのは歴代3回目
2位は「選」、3位は「変」。(2016/12/12)

現代の漢字を甲骨文字などに変換・表示 「白川フォント」の検索システムで古代感を味わおう
教材制作のほか、デザインや創作にも。(2016/12/10)

新人記者が行く(特別篇):
今年の漢字はどうなる? 新人記者が大予想
不倫問題や薬物問題から「PPAP」の大流行まで、さまざまな事が起きた2016年。ITmedia ビジネスオンライン編集部の新人記者が、1年を振り返りながら、「今年の漢字」を予想する。(2016/12/9)

日本気象協会が選ぶ「2016年お天気10大ニュース・ランキング」決定 1位は「地震・大雨・火山噴火 熊本を中心に相次ぐ災害」
気象予報士100人・一般500人が選ぶ「今年の天気を表す漢字」も。(2016/12/8)

人工知能で「手書きの漢字」認識 部首を学んで賢く 富士通が開発
中国語の手書き文字列を高精度で認識するAI技術を富士通が開発。日本語にも応用でき、手書き帳票の電子化などで活用を見込む。(2016/11/9)

漢検、本気の公式アニメ再び……! 田中孝弘監督による和風スチームパンクなアクションアニメ「知力丸」が公開
漢字の力をチャージ!(2016/11/1)

無印良品の人気商品、カラーは「けしずみ」色!? いったいどんな色なのか
漢字表記では「消炭」。(2016/10/24)

なぜ京阪電車なんだ……? 複雑な漢字もしっかり表現、母親が作った「電車の看板」の刺しゅうが完成度高い
製作期間は3カ月らしい。(2016/10/3)

「本当に蚕か?」 漢字ドリルに描かれたイラストが別の生物ではないかとTwitterでツッコミ 版元の見解は
アゲハの幼虫と間違えた説。(2016/9/15)

なんだその状況! 「虫だと思ったら漢字が落ちていた」という状況が謎すぎる
1匹いたら、100匹いるとかいうけど……。まさか「査」も……!(2016/7/15)

「北極でデュエマ」 吉崎観音さんが息子さんのために作った漢字ドリルが一部に特化していて捗りそう
漢字が好きになりそうな例題が満載。(2016/7/2)

ムリヤリ感たっぷりの、北海道の難読地名 アイヌ語由来の地名に、この漢字をあてるのか!
「おこっぺ」には「興部」の漢字をあてました。(2016/4/12)

東京メトロが2016年度の月替わりポスターを発表 今年も楽しい通勤通学ライフが送れそうです
今年は「漢字」です。(2016/3/30)

受験票に答え載ってた――山口大入試で出題ミス、全員を正解扱いに
「ケイタイ」を漢字になおすという問題でしたが……。(2016/2/27)

漢字の成り立ち表す古代文字フォント「春秋-tsu」無料公開 商用利用も可
漢字の成り立ちを表す古代文字のフォント「春秋-tsu」が無料公開された。(2016/2/23)

5分のヒマつぶし:出てきそうで出てこない! 虫食い漢字クイズ
(2016/2/16)

渡邊? それとも渡邉? 「ワタナベ」さんの微妙な漢字の違いを見分ける謎ゲーム「渡る世間はナベばかり」登場
なんてまぎらわしいんだ。(2016/1/27)

性的表現含む漢字問題集、駿台文庫が新規の出荷停止と自主回収を決定
「彼女のなだらかなキュウリョウをうっとりと眺めた」「彼女の体のユルやかなラインが僕をほっとさせる」といった例文を掲載していた。(2016/1/13)

今年の漢字は「安」に決定 安心してください、安って書いてますよ
貫主の字が達筆すぎて一瞬分かりませんでした。(2015/12/15)

人名・地名などの異字体問題の解消に向けて:
6万種の漢字異体字を扱えるフォントを公開
文字情報技術促進協議会が「IPAmjPUPフォントVersion 001.01」を公開。IPAが整備した約6万種の漢字の異体字を外字を使わずに扱える。(2015/11/17)

時計の針が進むと漢字がどんどん崩れていく……1時間に1回しか正しい形にならない「漢字時計」がすごい
30分経つとまったく読めない。(2015/11/13)

車両デザイン マツダ RX-VISION インタビュー:
マツダ「RX-VISION」の車両名称が漢字一文字にならなかった理由
マツダが「東京モーターショー2015」で世界初公開した、本格スポーツカーのデザインコンセプト「RX-VISION」。同社執行役員 デザイン本部長の前田育男氏に、RX-VISIONでどのようなデザインを目指したのか聞いた。(2015/11/12)

文章中の漢字が小学何年生で習うものなのかを調べられる「こども漢字チェッカー」が画期的
セリフなどのリアリティが増しますね。創作にも使えそう! (2015/11/2)

三省堂「漢辞海」の辞書アプリが登場 iOS 9最新機能にも対応
三省堂の漢和辞典「全訳 漢辞海 第三版」を収録した辞書アプリが発売。タップや手書き文字認識で、知りたい漢字を探せる。(2015/10/27)

タップするだけで知りたい漢字が見つかる! アプリになった三省堂の漢和辞典「全訳 漢辞海」で勉強が捗りそう
漢和辞典を引く楽しさが無限に広がります。(2015/10/26)

漢検公式アニメの後編が公開! 恋物語が四字熟語や漢字の成り立ちを絡めて展開
声優の洲崎綾さん、松岡禎丞さんが前編に続き続投。(2015/10/13)

これ読める? 大阪人だけが読める激ムズ漢字が話題に
漢検一級持ってる人でも読めないのでは……。(2015/7/21)

“いれたてのおちゃ”で分かることって?:
PR:精度改善のキモはログ解析 その重要度とは?――続・「Simeji」の日本語入力システム入門
PCやスマホで当たり前のように行っている文字入力。それを支えるのが日本語入力システムだ。より自然なかな漢字変換を実現するため、辞書の強化や自然言語処理技術を用いた改善が日々行われている。その重要性を説明してもらった。(2015/6/22)

VBA/マクロ便利Tips:
Excelの年、月、日、漢字の曜日名、月名を抽出・取得するYear、Month、Day、WeekdayName、MonthName関数の使い方
業務効率化に役立つVBA/マクロのさまざまなTipsをコード例を交えて紹介していきます。今回は、Year、Month、Day、Weekday、WeekdayName、MonthNameという年、月、日、曜日に関する6つの関数の使い方について。(2015/5/25)

クラウド辞書とキラキラネームの関係とは?:
PR:スマホやPCはどのように“言葉”を扱っているのか?――「Simeji」の日本語入力システム入門
スマホやPCを使う上で欠かせない日本語入力。今ではできて当たり前のことだが、精度の高いかな漢字変換を実現するまでには長い時間がかかっている。その開発の歴史を、2人の専門家に振り返ってもらった。(2015/4/23)

App Town ユーティリティ:
「mazec for iOS」に難読漢字の「読み引き機能」が追加&iOS 8.3の動作不具合も解消
MetaMoJiの日本語入力ソフト「mazec for iOS」が、新たに「読み引き機能」を搭載。iOS 8.3で起きた動作不具合も解消している。(2015/4/21)

“みこ”ちゃん、“かんなぎ”ちゃんが増える!? 法務省が「巫」を人名漢字に追加
「地味だね☆」ってレベルじゃないぞ!(2015/1/7)

2014年の漢字、2位以下には「熱」「嘘」「災」など
1位は「税」でした。(2014/12/12)

おまえら和尚さんで遊びすぎだろ! 2014年の「今年の漢字」クソコラ祭りが早くも開催中
それ漢字じゃないよ……というレベルですらなかった。(2014/12/12)

2014年の漢字は「税」
増税のインパクトはやはり大きかったようです。(2014/12/12)

横浜市が配布中のおしゃれフォント「ヨコハマフォント」 横浜市内18区の漢字しか使えない徹底ぶりが話題に
だってヨコハマフォントだからね!(2014/11/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。