ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「Lost Eden 〜神々の消えた国〜」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Lost Eden 〜神々の消えた国〜」に関する情報が集まったページです。

「Lost Eden」サービス終了へ
(2009/7/24)

オンラインゲーム最新イベント情報:
どうかまた来年も……
今日は七夕ですから、お願いしておきましょう。(2009/7/7)

「Lost Eden」で“Chronicle2:生か死か”アップデート決定
(2009/5/14)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ひな壇には個性的な衣装で
今年はプレイヤーからアイデア募集。(2009/2/27)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ちょっといい話
お題は3つ。ちょっと聞かせてください。(2009/2/26)

「Lost Eden」アップデート「Chronicle2:生か死か」を実装
(2009/2/26)

オンラインゲーム最新イベント情報:
13日の金曜日といえば?
ホッケーマスクをかぶったあの人が、バレンタインなんて蹴散らしてくれます。(2009/2/12)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ユーザー参加型!? 未発売カードの品評会
未発売の新カード60枚を先行体験できるチャンス。(2009/1/16)

生産システムを実装――「Lost Eden 〜神々のきえた国〜」
(2008/12/12)

生産システムなど新要素を公開――「Lost Eden 〜神々のきえた国〜」
(2008/12/5)

ログインしているだけでプレゼント当選のチャンス――「Lost Eden」
(2008/11/13)

オンラインゲーム最新イベント情報:
アイテムを復旧します
応募者の中から抽選で30人分にプレゼント。(2008/11/7)

オンラインゲーム最新イベント情報:
7日間耐久戦
ぼくらに運営チームから挑戦状が届いた。(2008/10/31)

「Lost Eden 〜神々のきえた国〜」、10月23日より正式サービス開始
(2008/10/22)

「Lost Eden 〜神々のきえた国〜」オープンβテスター募集開始
(2008/10/3)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ユーザー参加型のデザインフェス
デザインもランキングもユーザー主導です。(2008/9/17)

クローズドβテスター枠を拡大――「Lost Eden 〜神々のきえた国〜」
(2008/8/29)

特典付きURLから「Lost Eden 〜神々のきえた国〜」クローズドβテストを遊べ
(2008/8/27)

ダレット枠参加者募集――「Lost Eden 〜神々のきえた国〜」クローズドβテスト
(2008/8/27)

「Lost Eden 〜神々のきえた国〜」8月27日クローズβテスト募集開始
(2008/8/26)

多人数戦闘に特化したバトルシステムを公開――「Lost Eden 〜神々のきえた国〜」
ゲームズアリーナは、ZEMI Interactive開発のMMORPG「Lost Eden 〜神々のきえた国〜」のバトルシステムを公開した。(2008/8/7)

「Lost Eden 〜神々のきえた国〜」ティーザーサイトがオープン
(2008/7/17)

重厚なストーリーを基軸とした本格西洋風MMORPG「Lost Eden 〜神々の消えた国〜」発表
ゲームズアリーナは、Windows用MMORPG「Lost Eden 〜神々の消えた国〜」を、今秋にもサービスを開始すると発表した。1000を超えるクエストや、大規模戦闘が待っている。(2008/7/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。