ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「セキュリティクラスターまとめのまとめ」最新記事一覧

セキュリティクラスターまとめのまとめ 連載インデックス

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年11月版:
「Anonymousがあの組織に攻撃宣言」「俺たちが善玉ハッカーだ」――11月のセキュリティクラスターを振り返る
2015年11月はAnonymousによるISへの「攻撃宣言」が大きな話題となりました。そして、「ハッカー」の呼称に関する議論がまたしても……。(2015/12/14)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年10月版:
「4万人のボランティアが守る東京オリンピック」?――セキュリティクラスターの反応は
2015年10月は特に大きなセキュリティインシデントは発生しませんでした。しかし「図書館」に「東京オリンピック4万人ボランティア発言」と話題は尽きることなく……(2015/11/12)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年9月版:
サイバー攻撃から日本を守るのは、プロフェッショナルなトップガン
2015年9月には、テレビ番組にあのプロフェッショナルが登場し、セキュリティクラスター内外の反響を呼びました。(2015/10/14)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年8月版:
成長し続けるセキュリティ人材と悲嘆に暮れる情報流出被害者たち
2015年8月は世界各地でセキュリティイベントがめじろ押しでした。しかしイベント参加者たちの熱狂の裏では、「不倫サイト」ユーザーたちの悲痛の叫びが……。(2015/9/11)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年7月版:
技術ある17歳が牙をむく――私たちに何ができたのか
2015年7月には、FlashやAndroidなどの脆弱性が相次いで公開され、世界的な騒ぎになりました。さらに国内では不正アクセスで17歳の逮捕者も……。(2015/8/7)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年6月版:
日本年金機構が標的型攻撃を受ける――これは対岸の火事ではない?
また大きな事件が起きてしまいました。しかしこれは日本年金機構の問題だけではなさそうです。そして無線LAN乗っ取りで逮捕者が。これも大きな事件のきっかけにすぎませんでした……。(2015/7/10)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年5月版:
脆弱性に名前のあるなし関係なし、連休でも淡々と検証するセキュリティクラスター
2015年5月は、三つの「名前付き」脆弱性が登場しました。が、その三つの名前を全部知っている方はどれくらいいますでしょうか? CTFの結果や新しいWeb技術の動向と併せてどうぞ。(2015/6/9)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年4月版:
名前はなくても危険、IISの脆弱性が注目を集める
2015年4月もまたパスワードの話……と思いきや、想定外の角度からパスワードに関するキャンペーンが開催され、セキュリティクラスターならずとも騒然としました。(2015/5/12)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年3月版:
日本のWebサイトがテロリストの攻撃対象になった――わけでもなさそう
相次ぐWebサイト書き換え。とうとう日本のWebサイトがテロリストのターゲットになってしまった……と思いきや、共通点を探っていくとそんなわけでもなさそうです。(2015/4/10)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年2月版:
SSL通信の根本を揺るがす「SuperFish」問題をどう見るべきか
PCにプリインストールされたソフトが通信に割り込み、その内容を全て見ていたかもしれない――2015年2月、レノボの「SuperFish」問題は大きな爪痕を残しました。(2015/3/10)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年1月版:
「GHOST」の正体見たり枯れ尾花? 名前には踊らされなかったセキュリティクラスター
2015年1月「GHOST」が登場します。名前の付いた脆弱性で、任意のコードが実行できるとあって大変なことになる……しかし、セキュリティクラスターは淡々と対応していたようです。(2015/2/10)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年12月版:
CODE BLUEにSECCONに、リアルが忙しかった12月
セキュリティクラスターが一堂に会したセキュリティイベントが多く開催された12月。一方、世界に目を向けると日本企業が深刻なサイバー脅威に見舞われていました。(2015/1/9)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年11月版:
まるでCTFみたい? 鮮やかに暴かれた「自称小学4年生」のサイト
小学4年生が作ったと自称するサイトをどのように見破るか、実はそこにはセキュリティ的なテクニックが多く使われていました。定期変更、プロキシと話題に事欠かなかった2014年11月をまとめましょう。(2014/12/9)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年10月版:
ちっともかわいくなかった、セキュリティ界の「POODLE」
2014年10月は、SSLv3の脆弱性、通称「POODLE」の対応に追われました。各種バグを見つけて報奨金を得るバグ・ハンターにも注目が集まります。(2014/11/10)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年9月版:
ShellShockに管理者はショック! パスワード定期変更の議論どころではない?
2014年9月はまた、大きな大きな脆弱性に振り回されました。その裏では、セキュリティクラスターのみんなが大好きなあの議論も……(2014/10/10)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年8月版:
「www.atmarkit.co.jp.3s3s.org」は安全? 危険?
2014年8月は「楽しいイベント」「プロキシサービス」そしてやっぱり「パスワード」で盛り上がりました。(2014/9/10)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年7月版:
ベネッセの情報漏えいがあぶり出してしまった、USBメモリ管理の穴
2014年7月はベネッセコーポレーションで発生した、大量の個人情報漏えい問題がタイムラインを騒がせました。(2014/8/11)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年6月版:
LINEの盗聴疑惑にセキュリティクラスターはどう反応したか
XSSに盗聴疑惑にチート摘発――ネットでは今月も、印象に残るさまざまな騒動が起きました。(2014/7/10)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年5月版:
急転直下の結末を迎えた遠隔操作ウイルス事件
4月末に見つかった脆弱性の余波で、多忙な連休を送った人が多かったセキュリティクラスター。5月後半になると、遠隔操作ウイルス事件が意外な結末を見せ、タイムラインをにぎわせました。(2014/6/10)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年4月版:
HeartbleedにStrutsにIE……脆弱性に振り回された1カ月
2014年4月はびっくりするような大きな事件が立て続けに発生。そしてゼロデイ脆弱性の発表方法にも注目が集まりました。(2014/5/12)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年3月版:
遠隔操作ウイルス事件でフォレンジックを考えた
2014年3月、注目が集まったのは遠隔操作ウイルス事件。この事件から「フォレンジック」の信頼性が議論されました。(2014/4/9)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年2月版:
終わらないパスワード議論と、広告に求められる誠実さと
2014年2月は6桁のパスワードや人を騙す広告など、利用者側ではどうしようもないことに怒りが集中しました。(2014/3/11)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2014年1月版:
安全なオンラインアップデートってどうすべきだろう?
2014年がスタートしても、アップデートの手法や新しい攻撃手法の研究など、セキュリティクラスターは議論すべきことばかりで忙しいようです。(2014/2/10)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。